ゲストブックとはどんなもの?

結婚式に行くと受付で書くことになるのがゲストブックです。しかし、このゲストブックをなんとなく書いているだけで役割を理解していない人も多いのです。ここではゲストブックについて詳しく説明していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲストブックの特徴とはどんなもの?

結婚式に訪れたゲストが受付で書き込むブック形式のメッセージ帳のことです。ゲストブックと出席簿を混同している人は多いですが、ゲストブックは名前と住所以外にも自由に書き込めることが特徴です。新郎新婦へのお祝いの言葉はもちろん、イラストを書いたり写真を貼り付けたりしてもゲストの自由です。

ゲストブック

ゲストブックに必然性はあるか?

ゲストブックについての必然性を疑問に思う声も聞かれます。しかし、それはゲストブックを単なる出席簿と勘違いしているからです。ゲストブックがあることで、ゲストは口にはしにくい素直なお祝いを言葉にすることができます。何より、写真や映像には残らないゲストの言葉を新郎新婦がいつまでも保管しておけるメリットがあるのです。

ゲストブック

ゲストブックにも新郎新婦の工夫をこめよう

ゲストブックに工夫をこらすことで新郎新婦からゲストへのおもてなしの気持ちを表現できます。表紙に写真や飾りをつけたり、ページにもイラストを添えたりしてゲストの心を和ませると幸福な雰囲気が出ます。また、ゲストが手に取る筆記用具にも飾りをつけるなど、細部までのこだわりがゲストに感動を伝えます。

ゲストブック

カードタイプだとゲストにも便利

ゲストブックと同じ役割をカードで行う結婚式もあります。招待状にゲストカードを添えておき、受付で渡してもらうよう事前に伝えておくやり方です。この方法だとゲストは家で時間をかけてお祝いのメッセージを書けますし、受付の混雑も防げるのでゲストにも受付スタッフにもうれしい方法だといえます。

ゲストブック

ゲストブックは感謝とお祝いがつまっている

ゲストブックには新郎新婦からの感謝のメッセージを載せておくことも必須です。誰にとっても目立つ場所にメッセージを載せておくよう注意します。つまり、ゲストブックは新郎新婦からの感謝とゲストからのお祝いがつまった心温まる一冊として、結婚式の思い出を後々まで伝えていくのです。

ゲストブック

おわりに

一見、必然性がないように見えるゲストブックにもさまざまな意味がつまっています。結婚式が終わり時間が流れても、ゲストブックに書き込まれた言葉は消えることがなく、夫婦の心を満たしてくれます。結婚式で感じた新郎新婦、ゲストの思いを形にしてくれるのがゲストブックの大切な役割なのです。

関連する記事

タグ一覧