ふたりのこれまでとこれからを結婚式で表現する。CLASKA(クラスカ)のウエディングの魅力

「自分たちらしい結婚式」を挙げたい。どんな結婚式をするとしても、どこかに「自分たちらしさ」を表現したいカップルも多いのではないでしょうか。今は結婚式場も多様化し、人気のチャペルはもちろん、ゲストハウスやレストランウエディングなどでの挙式やパーティーもできるようになりました。どこの会場も豪華だったりオシャレだったりしますが、自分たちらしい演出をするとなると、思った以上に会場都合の制約があるものです。 もしこの制約を受けずに、思う存分理想を追い求めることができたら、真の「ふたりだけの結婚式」が実現できると思いませんか?この「ふたりだけの結婚式」づくりを、自由に使える会場と柔軟性抜群の対応力でサポートしてくれるCLASKA(クラスカ)という会場があります。今回はCLASKA(クラスカ)の魅力についてとことん伺ってきました。 (取材:gensen wedding 編集部/文:クリス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラスカ1

出典:gensen wedding | CLASKA(クラスカ)


1.さまざまなシーンで「どう暮らすか」を提案してくれる暮らしの強い味方

CLASKA(クラスカ)のルーツは、1969年建築のホテル「ニュー目黒」。古くなったホテルに、当時は珍しかったリノベーションで新たな命を吹き込み、2003年に誕生しました。もともとのホテル事業をはじめ、カフェ・レストラン、雑貨販売などの幅広い事業を手がけている複合施設です。「どう暮らすか」という視点から、今の日本における「暮らし」の美意識とカルチャーを発信することに力をいれ、私たちの暮らしへの新たな気づきを与えてくれる以下のようなサービス、イベントを実施しています。

○ホテル

「Modern」「Tatami」「Contemporary」「D.I.Y」という異なる4つのテーマの全20室のお部屋での宿泊を楽しめます。空間デザイナーが手がけたコンセプチュアルで快適な客室は、海外からの宿泊客にも人気です。

○レストラン

ブレックファストからディナーまで、時間帯に合わせたお料理が楽しめる、クラスカ1Fの「CLASKA Restaurant “kiokuh”」。ミシュランのお店で経験を積んだシェフ 湯澤 秀充氏が作るフレンチベースの逸品の数々を味わう格別な時間が過ごせます。

○ショップ

2Fにある、「CLASKA Gallery & Shop “DO”(クラスカ ギャラリー&ショップ ドー)」。伝統工芸品やデザイナーによる新しいプロダクトなど、暮らしに映え、暮らしをより上質にするアイテムが揃います。

○インテリア・デザイン

リノベーションの客室、空間づくりを活かした、クラスカオリジナルの家具レーベルもあります。家具の購入に加え、オーダーメイド、自宅のリノベーションもお願いできるそう。

○ウエディング

開放感溢れるルーフトップテラスや自由な装飾が魅力のクラスカのウエディング。プランナーをはじめ、各分野の専門家たちと徹底的に作り込む結婚式は、創造性豊か。前例のない
ことにも挑戦し、あらゆるウエディングを創り上げています。

○ギャラリー・スタジオ

自由度の高い空間は、展示販売会・ファッションショー・セミナー・ワークショップ・プレス発表会・音楽ライブなど様々なイベントで利用されています。またウエディングのパーティー会場としても。装飾はほぼない自由度の高さがありながら、そのままでも十分オシャレな空間なので、自分たちらしい結婚式を表現しやすいとのこと。

このように、ホテルからはじまったプロジェクトが、人の暮らしにつながるさまざまなコンテンツを発信する拠点となっているのです。また「暮らし」のどこかに取り入れたくなるオシャレさも魅力。施設やサービス全体にデザイン性の高さやクリエイティビティを感じます。

クラスカ2

出典:gensen wedding | CLASKA(クラスカ)


2.「暮らし」×「ウエディング」?暮らしの1ページとしての結婚式

さまざまな暮らしのコンテンツを発信するクラスカの中でも、ウエディングはとても人気です。そんなクラスカが提案するウエディングは、結婚式を暮らしの延長線、1ページとして捉えています。

「ウエディングが暮らしとつながるって?」と疑問に感じる方もいらっしゃるでしょう。でも、クラスカでは、それぞれのカップルの生活やこれまでのことを丁寧に紐解き、結婚式で表現します。例えば、実家での花嫁支度や、ふたりの好きな野球にちなんだ始球式挙式など、他の挙式ではなかなかお目にかかれないような事例も実現しています。

これまでの暮らしに1ページ追加するような結婚式だからこそ、これからの暮らしにもつながりを見せていきます。実際に、ショップで引き出物を選んだり、新居に家具やインテリアを購入したりするカップルも多いそう。記念日には、レストランでアニバーサリーコースを堪能して、ホテルに宿泊する方も。さらに、結婚式で関わったカメラマンにお宮参りの写真をお願いする人や、フローリストに母の日の花束を作ってもらう人もいるそうです。また反対に、もともとクラスカの世界観が好きだったひとが「ぜひクラスカで結婚式を」と希望されることが多いのも、クラスカの特徴だと言えます。

このように、クラスカの結婚式で出会った人やコトとのつながりは、結婚式前後のよりよい暮らしにもつながっているのです。

クラスカ3

出典:gensen wedding | CLASKA(クラスカ)


3.寄り添い方がはんぱない!「イレギュラーはない」と断言する発信力

暮らしの1ページのようなクラスカの結婚式。その人気の理由は「徹底的に1つ1つの結婚式と向き合う姿勢があるから」です。

まず、打ち合わせの充実度が違います。結婚式の司会者やカメラマン、音響担当など当日関わるスタッフとの事前打ち合わせはないところが多いのですが、クラスカでは、当日関わるスタッフとの直接の打ち合わせ時間を必ず設けるようにしているので、当日のチーム感が違うのだとか。だから、当日緊張している新郎新婦が、スタッフの顔を見てホッとするなんていうシーンも見られるそう。事前に打ち合わせがあることで、新郎新婦とスタッフの信頼関係がきちんと構築されるので、参加者全員が自然と笑顔になるようなあたたかな式が作れるのです。
クラスカ4

出典:gensen wedding | CLASKA(クラスカ)

また、クラスカの結婚式は1日1組。同日に複数の結婚式が執り行われることもある人気の日程や式場の場合、リハーサルの時間がまともに取れない…なんてこともあるのですが、クラスカでは緊張しがちな挙式の流れも30分たっぷり時間をかけて確認できるので、リラックスして本番にのぞめるのです。つまり1日1組という仕組みは、前後の結婚式の影響を受けずに、自分たちのためだけに会場を利用できるということ。さらに会場の雰囲気も、その日のカップルのためだけに作り込めるので、装飾の自由度も高く、自分たちらしさをとことん演出できます。持ち込みアイテムにかんしても比較的柔軟に対応してもらえ、花やドレスも幅広い選択肢から選べるので、理想の結婚式を追求できるのです。
クラスカ5

出典:gensen wedding | CLASKA(クラスカ)

それもこれも、スタッフ全員の力量と意識の高さが生み出しているといっても過言ではありません。「イレギュラーはない」と断言し、ふたりの考える結婚式に真摯に向き合い、前例のないことでも意見をだしあい形にしていく姿勢や実力をスタッフ一人一人がもっているそう。また、スタッフ同士がどんな仕事を得意としているのかを知り尽くしているので、連携や信頼関係も抜群。だからこそ、他の式場では難しい事例も成功させてきたのでしょう。なにより、空間の装飾や写真などの仕上がりは文句なしのクオリティ。数々の難しい事例を成功させてきた人たちだからこそ、信頼しておまかせできるのです。

「ふたりにしかできない結婚式」を実現するため、スタッフが新郎新婦にとことん寄り添い、導いてくれるーーそれこそが、クラスカの結婚式が人気を集めている理由なのかもしれません。

クラスカ6

出典:gensen wedding | CLASKA(クラスカ)


4.まとめ|暮らしとつながるCLASKA(クラスカ)だからできる、柔軟性抜群の結婚式

クラスカのウエディングは、結婚式がゴールではありません。だから、決して流れ作業的な結婚式にはならず、それぞれのカップルの暮らしをもとにした自由で創造性に溢れる結婚式を実現できるのです。

「こんなことお願いしてもいいのかな」と遠慮せず要望を伝える時間も設けているうえ、理想の実現のため意見が飛び交う結婚式の準備を、スタッフ自身も楽しんでいるそう。だから、具体的に自分たちが理想とする結婚式のイメージやコンセプトがうまく伝えられなくても大丈夫です。丁寧に一組一組の願いや物語をヒアリングし、プロフェッショナルたちと足並みを揃えてつくる結婚式は、間違いなくいい1日になります。

ただ奇抜なだけの「型にはまらない式」ではなく、「人」ありきのあたたかな「自分たちだけの結婚式」を形にできるのがクラスカです。ドレスやお花の選択肢の広さや装飾・演出の自由度の高さなど、柔軟性抜群の結婚式を挙げたい方は、CLASKA(クラスカ)に相談してみてはいかがでしょうか。

◆gensen weddingでは「自分たちらしい結婚式」の相談会を開催しています◆

クラスカ7

出典:gensen wedding | CLASKA(クラスカ)


会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

関連する記事

  • TOP
  • アイテム・装飾
  • ふたりのこれまでとこれからを結婚式で表現する。CLASKA(クラスカ)のウエディングの魅力