大人の邸宅ウエディングが叶える、大切な人の心にも残る特別な結婚式

華やかな結婚式もいいけれど、大切な人たちとおいしい料理と会話を楽しむ大人な結婚式にしたいなあとお考えの方もいらっしゃると思います。
大人な結婚式といっても、どんな視点で式場を選べばいいのか、どんな工夫が必要なのか、悩みは尽きません。
今回は、まるでホームパーティーを楽しむかのようなウエディングが叶う「ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館」に取材をし、「大切な人との時間を楽しむ結婚式」の極意について伺ってきました。
(取材:gensen wedding 編集部/文:クリス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館の外観

出典:gensen wedding | ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

 

1.ゲストとの時間を楽しみたいなら、一軒貸し切りスタイルの結婚式がおすすめ

さまざまな結婚式場がある中で、人気の式場ともなると、1日に複数の結婚式をすることもあります。
こうなるとゲスト同士がバッティングしたり、時間やスケジュールに余裕がなくなったりして、ゲストにも慌ただしい1日を過ごしてもらうことになってしまいます。

その点、一軒貸し切りスタイルの結婚式場なら、大切な人たちとの特別な一日を「自分たちだけ」のために使うことが可能です。
自宅や別荘にお招きするホームパーティーのような感覚で、結婚式が挙げられます。

今回取材をしたヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館も、恵比寿の小高い丘の上に佇む一軒貸し切りスタイルの結婚式場です。
自分たちの結婚式の時間中は、会場を自由に使うことができるので、大切な人たちにゆったりとした空間と時間を用意することが可能です。

また、現代の結婚式は多様化していて自由度が高いけれど、ファーストバイトやふたりの生い立ちを紹介するムービー、友人による余興など、いつの時代も変わらないものも。
でも正直、これまでの結婚式列席経験から、このようなプログラムよりも、「もっと、新郎新婦とじっくり話す時間を設けたいな」と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館ではゲストとの時間をたっぷりつくるため、演出には力を入れず、パーティー会場の各テーブルに新郎新婦席を設け、ゲスト一人一人とゆっくり座って会話を楽しむカップルが多いそう。
だから、明るくにぎやかにというよりも、おだやかにあたたかな大人の時間を堪能する結婚式を挙げたいという人にはおすすめの式場です。

派手な演出はなくとも、その日結婚式に来てくれたことへの感謝の想いや、これまでの思い出を語り合える時間がたくさんあれば、その時間こそが最高の演出になりえるのではないでしょうか。

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

出典:gensen wedding | ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

 

2.絆をもっと強くする、家族水入らずの空間と時間

普段なかなか会えない地元の両親や親せき、友人を呼べるのも結婚式のいいところ。
久しぶりの再会をじっくり楽しみつつ、これまでの感謝の気持ちを伝えたいとお考えの方も多いのでは?

結婚式で感謝の気持ちを伝えるシーンとしてよく見かけるのは、披露宴最後の感謝の手紙。
結婚式の最後を飾る演出になるため、少し着飾った言葉が並んだり、家族以外の人の前で手紙を読むことにほんの少し恥ずかしさを覚えたりする方もいらっしゃると思います。

だったら家族水入らずの時間で、感謝の想いを言葉や行動であらわしてみてはいかがでしょう。

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館には、新郎新婦の控室の真横に、それぞれの家族専用の控室を用意されています。
気軽に行き来できるその距離は、結婚式が始まるまでの間に「家族だけの時間」をつくってくれます。

挙式で行われることが多いベールダウン。あえて新婦の控室に家族だけを揃えて、この儀式をする花嫁もいらっしゃるそうです。

また、お母さまが新婦の身支度の仕上げをすることも。
実際に、お母さまから昔プレゼントされたネックレスを、新婦が「お母さん、最後にこれをつけて」と手渡したところ、お母さまは大号泣。手を震わせながら、そのネックレスを新婦の首につけ、門出を祝福されたそうです。

家族だけに見守られる空間での結婚式の儀式は、大切な人たちとの強くあたたかな絆を実感させてくれるのではないでしょうか。
きっとそのひと時が、家族の新たな思い出として刻まれると思いますよ。

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

出典:gensen wedding | ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

 

3.分かりやすい場所にある結婚式場は、地方からのゲストへの安心感となる

地元で結婚式を挙げられれば一番いいけれども、職場や相手方の居住地などの関係上、地元から離れた場所で結婚式を挙げる方も多いと思います。
このような場合に付きまとう不安が、「ちゃんと場所が分かるかどうか」ではないでしょうか。

この不安を和らげるためには、飛行機・新幹線などから在来線への乗り換えの少なさや、駅からのアクセスの良さを考えてあげることが大切です。
式場へのアクセスのわかりやすさや案内のしやすさは、大切な人たちへのおもてなしの第一歩とも言えます。

今回取材をしたヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館は、新幹線・羽田空港からもアクセスのよい品川駅から山手線に乗り換えるだけでOKな場所にあります。
最寄り駅の恵比寿駅からも徒歩3分なので、大切なゲストに移動の負担をあまりかけずに済みます。

しかも地元の魅力を伝える演出にも積極的に協力してくれる会場です。
地元食材を使った料理はもちろん、安全性や衛生面での精査をクリアすれば、地酒や食材の持ち込みは基本的にOK。

実家が米農家だった方の結婚式では「このお米は塩むすびが一番おいしい!」というご両親のアドバイスを受け、フルコースの締めに塩むすびが出されたことも。
相手方の地元が漬物で有名な場所だったこともあり、塩むすびと漬物という結婚式ではなかなかお目にかかれない料理を提供したそうです。

他にも、日本酒好きの新婦のお父様が自ら酒蔵におもむき、おすすめの地酒を持参。
日本酒コーナーを作り、相手方のご家族をはじめ多くのゲストに飲んでもらいながら、嬉しそうに語る姿が見られたそう。

料理を通した地元の良さを伝えるさりげない演出は、きっと両家のゲスト同士の会話にも花を咲かせてくれるのではないでしょうか。

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

出典:gensen wedding | ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

 

4.まとめ|プログラムよりも、ゲストとの心の距離感を大切にする結婚式を

結婚式というと、あれもこれも準備しないと…と、つい考えてしまうもの。
でももし、この記事を読んだあなたが結婚式を「大切な人たちと楽しい時間をじっくり過ごす」「感謝の気持ちを共有する」場として考えているのなら、華やかな演出はあまり必要ないかもしれません。

大切な人たちだけを自宅に招くような、そんなあたたかで大人な空間を結婚式で実現したい人はぜひ、パーティーのプログラムを深く考えるよりも、シンプルに大切な人との交流の時間をどう過ごすかについて考えてみませんか?
演出に凝らなくても、大切な人の心にも残る結婚式は挙げられると思いますよ。

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

出典:gensen wedding | ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

 

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-19:00 / 土日祝 10:00-19:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

  • TOP
  • 結婚式場
  • 大人の邸宅ウエディングが叶える、大切な人の心にも残る特別な結婚式