結婚式にかかるお金はどのくらい?知っておきたいポイントもご紹介!

夢にまで見たプロポーズをすませたら、次に気になってくるのは結婚式にかかるお金のことではないでしょうか。ここでは、これから結婚式を挙げる予定の人は知っておきたいお金の話について、ご説明します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式にかかるお金はいくら?

結婚式にかかるお金は、全国平均ではおよそ359.7万円です。結婚式には、結婚の誓いを立てる「挙式」と、結婚の報告を行う「披露宴」があります。結婚式にかかるお金は、挙式か披露宴のどちらかのみを行うのか、それとも両方とも行うのかによって大きく変動します。挙式のみ行う場合は、20〜40万円程度の費用がかかるのが一般的です。

キス

親からの援助は両家分担が一般的

結婚式を挙げるにあたって、親から援助をしてもらう人は多いです。これについては、両家で分担してもらうのが一般的です。ただ、中には親からの援助は受けないという人もいるので、あらかじめ二人で話し合っておきましょう。

団らん

ゲストは多いほうがお得になることも

ゲストをたくさん呼べば呼ぶほど用意しなければならない料理や引き出物が多くなるので、費用が大きくなるイメージがあるかもしれません。しかし、実はそうとも限らないのです。何故なら衣装や挙式にかかる費用のように、ゲストの数が影響しない固定費もあるからです。ゲストが多ければ多いほど貰えるご祝儀も増えるので、かえって費用が安くすむ可能性があるのです。

シャンパン

料金を払うタイミングは?

結婚式の料金を支払うタイミングは、主に2回あります。最初の支払いは会場を決定したとき、つまり契約時です。そして2回目の支払いは式の内容や招待人数が決定した後です。これは大抵結婚式前ですが、式の当日や後日でもOKな場合があります。ご祝儀をあてにして結婚式をする場合は、後払いができる会場を探すのが良いでしょう。

ウエディングドレス

こだわりたいポイントを考えましょう

結婚式は一生に一度のことだからと、あれもこれもと奮発したくなってしまいます。しかし、あまりお金をかけ過ぎるとその後の生活が厳しくなります。どこにお金をかけるのか、ポイントを絞って決定しましょう。結婚式のコンセプトをしっかりと決めることで、こだわるべきところや抑えることができるところがわかり、具体的に費用もイメージできますので、式場見学前にしっかりと考えることが重要です。

カメラマン

おわりに

結婚式にかかるお金についてご説明しました。大体のイメージは掴んでいただけたでしょうか。式場見学を通して考えようと思っても、会場の雰囲気などは掴むことができますが、ふたりのコンセプトはなかなか決めにくいものです。結婚式のアドバイザーに相談しながら、具体的なプランを考えていってください。緻密にプランを練っていけば、一生の思い出に残る素敵な結婚式になることでしょう。

関連する記事

  • TOP
  • 費用
  • 結婚式にかかるお金はどのくらい?知っておきたいポイントもご紹介!

タグ一覧