ビデオスタジオ結婚式で演出に個性を出そう!

結婚式では映像を使う演出が多く、その完成度は式全体のクオリティにつながっていきます。誰でも簡単に映像を編集できるビデオスタジオで面白い映像を作ってみましょう。ここではビデオスタジオ結婚式の方法を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式ではどんなときに映像を流す?

近年の結婚式では映像が大活躍します。まず、新郎新婦が披露宴会場に入ってくるときのオープニング映像、二人の生い立ちを綴った映像、余興を映像で流すこともあれば、ビデオレター、そして結婚式のエンディングに流す映像まで、結婚式では最初から最後まで何らかの映像が登場して会場を盛り上げるのです。

涙の新婦

ビデオスタジオがおすすめの理由

予算削減をしたいならプロに映像制作を頼むよりも、新郎新婦自身の手で映像を作成することをおすすめします。数ある映像編集ソフトの中でも特に使い勝手がいいのはビデオスタジオです。初心者でも簡単に扱える操作性はもちろん、価格も他のソフトに比べて手頃なので慣れていない人ほど安心して使えるでしょう。

悩む

写真を編集してスライドショーを

ビデオスタジオの機能を利用して思い出の写真のスライドショーを作ることができます。普通に写真を流すだけではなく、写真をトリミングしたり、拡大、縮小したりしてより二人にフォーカスした画像を作り出しましょう。また、スライドショーのタイミングなどもビデオスタジオで設定可能です。

笑顔

動画に工夫を加えて感動的に

式中に流れる映像もビデオスタジオで編集できます。スローモーションや静止などの機能に加えて、テロップ表示できることがビデオスタジオの特徴です。感動的な台詞をテロップ表示したり、ナレーション代わりにテロップをつけたりしましょう。また、エンドロールもビデオスタジオで簡単に作成できます。

ハッピー

映像の印象は新郎新婦の印象に直結

結婚式の映像にこだわる理由は、映像から受ける印象がそのまま新郎新婦の印象につながるからです。二人がどんな出会いをしてどんな時間を共にしてどんな気持ちで結婚したのか、全てが映像から伝わってきます。逆を言えば、映像を使った演出は手を抜くことができない大切な作業になるのです。

ハッピー

おわりに

人生の喜怒哀楽を振り返り、新郎新婦の未来に思いを馳せる結婚式では映像が大活躍します。自分たちで映像を作成するとコストが削減できるのはもちろんですが、思いをダイレクトに込めることができるのが大きなポイントです。ビデオスタジオなどの映像編集ソフトはオリジナル映像を自作するハードルを下げてくれるのです。