結婚式におけるご祝儀のマナーとは?

ご祝儀とは、新郎新婦へお祝いの気持ちを込めて包むお金のことです。ご祝儀で気をつけなければならないのは、いくら包むかということだけではありません。ここでは、ご祝儀に関するマナーを解説していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご祝儀袋の選び方

ご祝儀袋は結び切り・鮑結びの水引きが付いたものを選びましょう。これは、「一度結んだらほどけない」等の意味があります。それから、ご祝儀袋の格と中に入れる金額は釣り合うようにするのがマナーです。入れる金額の100分の1ほどの値段のご祝儀袋を選ぶのが良いでしょう。3万円以下の金額を包むのに豪華なご祝儀袋を使ってしまわないようご注意ください。

祝儀袋

中に入れるお金に関するマナー

お祝いの席ですから、中に入れるお金は必ず新札を用意しましょう。銀行にお金を持って行けば、新札に交換してもらうことができます。新札が事前に用意できなかった場合は、お札のしわをアイロンで伸ばすか、会場の受付で新札に換えてもらいましょう。包む金額は、奇数にするのがマナーです。割り切れない数字を入れることで、「二人が分かれないように」という意味を込めるのです。千円札や五千円札を入れる場合も、必ず奇数枚になるようにしてください。

1万円札

表書きの書き方

毛筆や筆ペンを使用し、楷書体で書きます。薄墨の筆文字、ボールペン、万年筆といったものは使用してはいけません。名前は水引きの真下にフルネームで書きましょう。名目よりも小さめに書くのがポイントです。名目はご祝儀袋にあらかじめプリントされていることが多いですが、もし自分で書くのなら、「寿」「御祝」「御結婚御祝」といったものを書きましょう。

筆

中袋の注意点

中袋には、住所と金額を書きます。住所と金額を記入する欄が設けられているので、そこに記入するのが良いでしょう。できれば筆で書くのが好ましいのですが、ペンで書いてもかまいません。中袋に金額を記入するときは「金○萬円」と書き、数字は旧字体にするのがマナーとされています。

筆

ご祝儀の包み方

お祝いごとなので、「喜びは天を向く」「幸せを貰い受ける」という意味を込めて、上向きに折り返されている方を表に重ね、水引きを通しましょう。それから、ご祝儀袋を購入すると何も書かれていない短冊が付属していることがありますが、これを表書きの短冊の下に重ねることで「喜びが重なるように」という意味を込めることができます。

ご祝儀袋

おわりに

結婚式におけるご祝儀のマナーについてご説明しました。せっかくのお祝いの席ですから、きちんと正しい渡し方ができるよう気をつけたいものです。注意しなければならない点が多いので大変かもしれませんが、その分お祝いしたいという気持ちがより伝わることでしょう。

関連する記事

タグ一覧