結婚式の値引は可能?ポイントとコツ

大切な家族や親しい友人に囲まれて過ごす結婚式はかけがえのないひと時です。おいしい料理と華やかな装飾、そしてあっと驚くような演出など、やりたいことはたくさんあるでしょう。しかしすべてを実現しようとすると、その分費用もかかります。ここでは上手に結婚式を挙げるための節約のコツと値引きのポイントを紹介していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式費用の相場は?

昔と比べて結婚式にかける費用は少なくなっているものの、結婚式費用の相場は350万と高額です。これは70名の場合の相場となっています。

挙式

新郎新婦の自己負担金とは?

新郎新婦が結婚式費用の全額を負担する必要はありません。一般的にはご祝儀で半額以上はまかなうことが可能だと言われていて、列席するゲストの数によっても自己負担の費用は大きく変わります。よってどれだけの金額を自己負担できるか考えたうえで、結婚式の内容を精査することが重要となるのです。

書く

値引きの仕組みとは?

結婚式で値引きは、挙げる季節、契約から挙式までの期間、挙式の曜日や時間帯によって大きく変わってきます。うまく組み合わせると、大幅に安く挙げることもできます。

チャペル

値引きしてもらいやすい条件とは?

例えば、比較的人気の高くない夏や冬のシーズンや日曜日の午後の時間帯での挙式、半年以内の挙式などの場合は、値引きをつけてもらいやすくなります。

カレンダー

値引きの相談のタイミングとは?

値引きをしっかりとしてもらうためには、契約前のタイミングで会場のプランナーと相談することが重要なポイントとなります。会場との契約をした後に値引きをさらにしてもらうことはほぼ不可能なので、自分たちの予算にあった金額で結婚式を挙げられるように、しっかりと相談するといいでしょう。

手をつなぐ

おわりに

結婚式の費用を節約するためには、値引きしやすい項目を値引きしやすいタイミングで相談することが大切なポイントとなります。またこだわりたい項目や絶対にやりたい演出などを明確にするなどメリハリも大切です。お金を抑える項目とお金をかける項目を作ることで、賢く結婚式準備を行いましょう。

  • TOP
  • 費用
  • 結婚式の値引は可能?ポイントとコツ

タグ一覧