結婚式のお日柄 友引とは

結婚式の日取りを決めるにあたって大切になることは、時間、曜日、時期。それと「お日柄」も実は大切な一つの要素です。今回は、お日柄(六輝とも言われます)の中から「友引」についてはご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

六輝(六曜)とは?

六輝(六曜)は、暦の中でもかなり有名な暦注の一つで、大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅の6種類があります。昔から結婚式この六輝(六曜)が重要視されていて、その中でも友引は縁起が良いとされており人気が高いです。もともと六輝(六曜)は足利時代に中国から伝わってきたものとされており、その当時はいまの曜日のようなものだったと言われています。江戸時代の後期あたりから縁起の良しあしを表すものになり、さらに結婚式などのお祝い事を行う場合は大安吉日が喜ばれるようになった、と言われています。

カレンダー

友引とは?

「友を引く」という意味で、大安の次に縁起の良い日であり、正午を除き、午前中、夕方、夜に挙式を行うのがよいとされています。結婚式を行うお日柄としては大安に続いて人気が高い日柄です。ちなみに、葬式を行う場合は友も冥土に引き寄せられるとも言われているため、火葬場は休業とするのが基本で、一般的に弔事は避けられる傾向にあります。

ブーケ

友引を選ぶ場合に注意したいこと

比較的縁起がいいとされる日である上に、一般的に結婚式を挙げる土日祝日が友引となる日が意外と多くないこともあるため、友引は人気の高い日取りとなります。そのため、ほかの六輝に比べて割引が少なかったり、申し込める人数が制限されていたり(40名以上の方のみ、など)、会場によってはたくさんの結婚式を1日に行うこともあるので、ゲストが多く混雑しやすいといったこともあるので、その点は事前に知っておくと安心です。

バンケット

おわりに

いかがでしたか?結婚式のお日柄を一番気にするのは意外とお互いの両親や親族かもしれません。日柄も含めて日程については、会場に申し込む前に両親と相談してある程度決めておくことが大切です。ぜひとも、二人にとってもゲストにとってもいい日程で行えるよう、ふたりでもよく話し合って決めてくださいね。