結婚式に関するお日柄のこと【赤口とは】

結婚式の日取りを決める時に意識しておきたいのが、時期、曜日、時間。それに加えてお日柄もしっかり考えておきたい要素の一つです。今回は、六輝(六曜)のなかから「赤口」についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

六輝(六曜)とは?

六輝(六曜)は、暦の中でも有名な暦注の一つで、大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅の6種類があります。結婚式では昔からこの六輝(六曜)が重視されていて、その中でも赤口は午前11時ごろから午後1時ごろまで吉とされていて、それ以外は凶とされています。もともと六輝(六曜)は足利時代に中国から伝わってきたものとされていて、その当時はいまの曜日のようなものでした。さらに、江戸時代の後期から縁起を表すものになり、現代では結婚式などのお祝い事を行うには大安吉日が喜ばれるようになった、と言われています。

カレンダー

赤口とは?

陰陽道の「赤舌日」という凶日に由来していて、六輝の中では唯一名称が変わっていないです。「しゃっこう」「しゃっく」「じゃっく」「じゃっこう」「せきぐち」などと読まれます。万事に用いない悪日、ただし法事、正午だけは良い、とされているので、午前11時から午後1時までの挙式がよいとされています。他の六輝と比較すると、大安、友引と比べると人気の高いお日柄ではないため、比較的予約が空いている場合が多いです。

カップル

赤口を選ぶ場合のメリット

大安や友引といった人気の高いお日柄と比べるとどちらかと言えば人気ではないお日柄となるため、見学に行ったけどすでに予約が埋まってしまっていて・・・ということは起こりにくいです。さらに、赤口限定特典といったような特典はあまり見られませんが、大安や友引の場合はつけてもらえない特典や割引をつけてもらえたり、少人数の結婚式でも予約を受け付けてもらえることもあります。春や秋の人気のシーズンでも意外に空いていることもあるので、会場に問い合わせてみるといいでしょう。

wedding

おわりに

いかがでしたか?結婚式のお日柄を一番気にするのは意外とお互いの両親や親族かもしれません。 日柄も含めて日程については、会場に申し込む前に両親と相談してある程度決めておくことが大切です。ぜひとも、二人にとってもゲストにとってもいい日程で行えるよう、ふたりでもよく話し合って決めてくださいね。