結婚式を決める時に六輝はどれくらい意識したらいい?

結婚式の日取りを決める時に意識しておきたいのが、時期、曜日、時間。それに加えてお日柄も大切な一つの要素です。今回は、六輝についてはご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

六輝とは?

六輝は、暦の中でも有名な暦注の一つで、大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅の6種類があります。六輝(六曜)は足利時代に中国から伝わってきたものとされていて、その当時はいまの曜日のようなものだったと言われています。江戸時代の後期から縁起を表すものになり、さらに結婚式などのお祝い事を行うには大安吉日が喜ばれるようになった、と言われています。

カレンダー

大安とは?

「大いに安し」という意味で、六輝(六曜)の中では一番縁起のいい日とされています。終日万事が吉とされているので、結婚式を検討するカップルの中では一番人気が高いと言われています。また、結婚式以外でも自動車の納車日や登録日、建物の引き渡し日は大安を選んで行う、という人も多くいます。

ブーケ

友引とは?

「友を引く」という意味で、大安の次に縁起の良い日であり、正午を除き、午前中、夕方、夜に挙式を行うのがよいとされています。結婚式を行うお日柄としては大安に続いて人気が高い日柄です。ちなみに、葬式を行う場合は友も冥土に引き寄せられるとも言われているため、火葬場は休業とするのが基本で、一般的に弔事は避けられる傾向にあります。

指輪交換

先勝とは?

「先んずれば勝つ」という意味で、「せんしょう」「せんかち」「さきがち」「さきかち」などと読まれます。午前中は吉、午後二時から六時までは凶とされているため、午前中の挙式を挙げるとよいとされています。

乾杯

先負とは?

「先んずれば即ち負ける」という意味で、「せんぶ」「せんぷ」「せんまけ」「さきまけ」などと読まれます。様々なことにおいて、平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けましょう、と言われています。結婚式を行う場合であれば、午前中を避け12時以降に挙式を挙げると縁起がいいということになります。

チェアー

赤口とは?

陰陽道の「赤舌日」という凶日に由来していて、六輝の中では唯一名称が変わっていないです。「しゃっこう」「しゃっく」「じゃっく」「じゃっこう」「せきぐち」などと読まれます。万事に用いない悪日、ただし法事、正午だけは良い、とされているので、午前11時から午後1時までの挙式がよいとされています。

テーブルコーディネート

仏滅とは?

「仏も滅する大凶日」という意味で、六輝(六曜)の中でももっとも凶の日とされています。仏滅に結婚式を挙げるカップルは少なく、結婚式場は閑散としていることが多いです。その分「仏滅に限定した割引特典」などを設ける会場も増えてきており、予算を抑えた結婚式を挙げることもできます。ただ、両親や親族世代のだと、「え、仏滅に結婚式!?」など、お日柄について強いこだわりを持っている方も多いので、事前に相談しておくといいでしょう。

六輝とは_7

おわりに

いかがでしたか?結婚式のお日柄を一番気にするのは意外とお互いの両親や親族かもしれません。 日柄も含めて日程については、会場に申し込む前に両親と相談してある程度決めておくことが大切です。ぜひとも、二人にとってもゲストにとってもいい日程で行えるよう、ふたりでもよく話し合って決めてくださいね。