自作映像で結婚式の感動を盛り上げるためのポイント

結婚式といえば、式中の感動を盛り上げるための映像が不可欠です。しかし、プロに頼むとかなりの費用がかかる映像制作を最近では自作でこなす人も増えています。ここでは自作の結婚式用映像についてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映像を自作するメリットはどこにあるか

結婚式の映像を自作するメリットはプロの任せるよりもコストが浮くことですが、それ以外にも個性的な映像を制作できるというポイントがあります。結婚式の映像といえばパターンが決まってきているため、プロが手掛けると似たりよったりになりがちです。
新郎新婦が自作することでオリジナルの演出が生まれるのです。

ビデオカメラ

オープニングとエンディングが最重要

結婚式に流す映像でもっとも大切なのはプロフィールとエンディングの映像です。プロフィールでは二人の生い立ちを紹介して、二人の過去を振り返り、相手のお知り合いや時代の異なる知り合いには新たな一面の発見、共有することで想い出を振り返ります。
エンディングでは家族や友人たちへの感謝を表現します。自作の映像であってもこの二点はこだわった内容にしたいところです。

カット

余興のVTRを作ってみよう

出席者を楽しませるための余興VTRも会場を大いに盛り上げます。友人たちと新郎新婦が歌やダンス、コスプレなどで陽気に登場すれば、出席者も笑顔になります。
これらのVTRでは出席者の認知度も考えて流行の乗ることも大切です。テレビドラマやヒット映画のワンシーンを再現すると出席者の共感を得やすくなります。

カラフルドレス

映像制作に詳しい友達にも相談する

普段はそれほど機械に詳しくない人がいきなり映像を制作しようとしても難しいものです。新郎新婦がいずれも映像制作の技術がない場合には、詳しい知人に相談を持ちかけてディレクターに入ってもらうほうが賢明です。
このとき、友人同士であっても謝礼は用意しておいたほうが誠意を示すことになります。

カメラマン

出席者の目線を考え節度はわきまえるように

自作の映像制作でありがちなミスが悪ノリです。仲間内で映像を手掛けているうち、家族や年長者に見られることも忘れて場に相応しくない映像が出来上がってしまうことがあります。そうならないよう、撮影に入る前から細胞を打ち合わせておき、老若男女誰もが理解できる内容にすることを心がけます。

青空

おわりに

新郎新婦自身が自作した映像はプロの仕事に比べると拙い印象を残すこともあります。しかし、その代わりハンドメイド感にも似た作り手の人間性を映像の中にこめることができます。
新郎新婦の出席者に向けた気持ちを強く押し出したいのであれば、自作の映像を結婚式で流してみると大きな反響が得られるはずです。

関連する記事

  • TOP
  • アイテム
  • 自作映像で結婚式の感動を盛り上げるためのポイント