【恵比寿Duo DOMO】派手にしなくても印象に残る結婚式って?会場もスタッフも魅力的なゲストハウスの実力

恵比寿駅より徒歩約2分。映画やドラマのロケ地としても有名な並木道沿いに、緑豊かなガーデンと落ち着いたレンガ調の洋館が見えてきます。 「恵比寿Duo DOMO」は、チャペル棟とバンケット棟、そしてイングリッシュガーデンを完備したゲストハウス。 会場の素晴らしさはもちろんですが「スタッフさんがみんな魅力的」との評判も高いので、実際に取材してきました。 「恵比寿Duo DOMO」の知られざる魅力、一挙公開です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デュオドーモ

出典:gensen wedding | 恵比寿DuoDOMO


すべてのゲストに想いを届けよう!こだわりの空間設計と料理

まずは「スクリーン映像の演出がスゴイ」と噂のバンケット棟へ。メインバンケットに一歩足を踏み入れた瞬間、その圧倒的な開放感に驚きました!
天井高約5mの吹き抜け空間、最大収容人数230名(!)という圧巻のスケール。そして壁面にぐるっと360度、500インチの大型スクリーンが張りめぐらされています。

この360度フルスクリーンはインパクトがあるだけでなく、実はとても“ゲスト想い”にできているのです。
例えばプロフィールムービー。「新郎編」・「新婦編」・「ふたり編」の3部構成が一般的ですが、上映時間には限りがあるため、ゲストが楽しみにしている懐かしの写真がほんの一瞬しか映らなかった…ということも考えられます。
ところが「恵比寿Duo DOMO」は、披露宴の間ずっとフルスクリーンを使うことが可能。しかも360度全方位にスクリーンがあるため、映像を観るためにゲストが体の向きを変える必要がないという、すべてのゲストに親切な空間設計になっています。

デュオドーモ

出典:gensen wedding | 恵比寿DuoDOMO


ということは、食事や歓談タイムなどの「演出をしない時間」に、家族との思い出や学生時代の思い出などをたくさん上映することもできる…!?
「もちろんです。でも、それだけではありませんよ」と、ウエディングプランナーの中村さん。なんと、ケーキ入刀の一部始終をライブカメラが追っかけてスクリーン中継することもできるのだそう!スゴイですよね。
これなら、大勢のゲストに囲まれて新郎新婦が見えない…ということもなく、また、後方の親族席のみなさまにも楽しんでいただけそうです。

ビデオ

そんな“ゲスト想い”の大空間ならでは、テーブルのレイアウトにもひと工夫が。
というのも、アットホームな丸テーブルと、海外のウエディングっぽい流しテーブル、2種類のテーブルを組み合わせることができるのです。
例えば、両家の親族や家族をグルーピングして丸テーブルに、職場や友人関係には流しテーブルを用意して一堂に集まってもらいます。こうすることによって、友人ゲストは親族に気を使うことなく楽しめるし、親族側もリラックスして過ごすことができるはず。これは嬉しいおもてなしですね。

デュオドーモ

出典:gensen wedding | 恵比寿DuoDOMO


おもてなしといえば、気になるのがお料理。ここにも「すべてのゲストに喜んでいただく」ための配慮がありました。結婚式のお料理はフレンチが王道ですが、日本人になじみの深いイタリアンも最近は人気の様子。
「恵比寿Duo DOMO」では、イタリアンの食べやすさを活かしたフランス料理、つまりイタリアンフレンチを提供されています。産地直送にこだわってシェフが目利きした食材をふんだんに使い、伝統的なフランス宮廷料理のレシピに新しい感覚を取り入れたオリジナルキュイジーヌが楽しめるのです。

料理

出典:gensen wedding | 恵比寿DuoDOMO


また、お料理が一番美味しいタイミングでテーブルにサーブすることを徹底されています。そのため、パーティの進行具合によって柔軟に対応できるよう、サービススタッフとキッチンスタッフのチームワークがスゴい!
メインテーブルのすぐ後ろにオープンキッチンを設けて秒単位のサービスを実現しているそうです。

オープンキッチン

出典:gensen wedding | 恵比寿DuoDOMO


「雨に強い」全天候型ゲストハウス。嬉しい全館貸切♪

ところで、四季のある日本で結婚式をする以上、季節や天候の問題から目をそらすわけにはいきません。あいにくの雨天や、夏の暑さ、冬の寒さはゲストにとっても嬉しくないもの。
その点、「恵比寿Duo DOMO」は恵比寿駅から屋根付きのスカイウォークがあるので安心ですし、チャペル棟からバンケット棟への移動にも傘がいらない全天候型。
それどころか、雨の日には360度フルスクリーンに青空の映像を映し出すなど、マイナスをプラスに転じてしまうというから驚きです!

デュオドーモ

出典:gensen wedding | 恵比寿DuoDOMO


まさに「雨に強い」全天候型ゲストハウス。しかも360度フルスクリーンを使って、真夏の暑さを忘れさせてくれるような一面の雪景色を上映したり、凍りそうに寒い冬のウエディングでさえ常夏の楽園リゾートにすることも可能だそうです。
また、ウエルカムパーティを楽しむことが多いというイングリッシュガーデンも、冬は暖をとるためのストーブを出し、夏は日よけを設置して陽射しを遮るなど、きめ細やかな配慮をされていました。

デュオドーモ

出典:gensen wedding | 恵比寿DuoDOMO


このように、「恵比寿Duo DOMO」は全館貸切でゲストをもてなすことができるわけですが、ゲストの顔ぶれに合わせた対応も充実しています。
ママゲストを招待するなら、子どもが遊べるキッズスペースや授乳スペースを用意したり、年配ゲストや車椅子をご利用のゲストのために多目的化粧室を完備するなど、とことんユニバーサルデザインです。
ちなみに、化粧室にウエルカムグッズやメッセージカードを飾るなど、ふたりらしいおもてなしが叶うのも全館貸切ならではの魅力ですね。

子ども

“想い強い系”スタッフが創り上げる、印象に残る結婚式

最後に、「スタッフの熱量とチームワークのよさが半端ない」と先輩カップルが口をそろえる“想い強い系”スタッフをご紹介します!

まず、音響・照明・映像のスタッフ。アーティストのライブも手がけるプロのクリエイターで、結婚式当日だけに派遣されるのではなく自社スタッフとして常駐されています。
そのため内容によっては新郎新婦との打合せに参加することがあり、プロフィールVTRの出し方ひとつにしても「私たちには想像もできない提案をしてくれます」とウエディングプランナー葉山さんは言います。
何より直接顔を合わせて打合せしたクリエイターが、結婚式本番も担当してくれるのは心強いことですよね。

クリエイター

次に、キッチンスタッフ。新郎新婦との打合せの最中にお料理の相談が持ち上がると、すぐにシェフが飛んできて打合せに参加してくれるなど、こちらも熱量の高い方たちばかり。
メインバンケットにはオープンキッチンがあって披露宴の初盤にカーテンが開いて現れる演出になっているのですが、その際、キッチンスタッフ全員でパフォーマンスをして盛り上がることもあるのだそうです♪

また、「恵比寿Duo DOMO」にはドレスショップとエステサロンが併設されていて、ドレスフィッティングからブライダルエステまでがすべて1カ所で完結します。忙しい方には嬉しい会場ですよね。
しかも、ドレスフィッティングを担当したスタイリストが結婚式当日の着付けやお色直しをしてくれるため、花嫁さんにとって安心感が大きいと思います。

デュオドーモ

出典:gensen wedding | 恵比寿DuoDOMO


こうして見てみると「恵比寿Duo DOMO」のスタッフさんたちは、一つの大きな家族のようです。みんなで結婚式の準備をサポートしてくれて、当日も同じ顔ぶれがそばについて見守っていてくれる、そんなあたたかい印象を受けました。

そしていよいよ、ウエディングプランナーです。新郎新婦のパートナーであり最大の理解者だけに、どんな想いでお仕事をされているのか気になりますよね。取材で伺ったたくさんのお話の中から、いちばん印象的なエピソードを1つご紹介します。

「会場内でキャンプファイヤーがしたい」との相談を受けたあるプランナーさん。
その理由を聞いてみると、「自分自身を振り返ることができるのはキャンプファイヤーをしている時。結婚式だからこそ、みんなで一緒にキャンプファイヤーをして想いを共有したい」と打ち明けられて、新郎新婦のあったかい想いに共鳴!
あらゆるスタッフと相談した結果、各テーブルの中央に木とキャンドルを組み合わせてプチキャンプファイヤーを作り、さらに七輪をセッティングしてマシュマロが焼けるようにしたそうです。

デュオドーモ

出典:gensen wedding | 恵比寿DuoDOMO



デュオドーモ

出典:gensen wedding | 恵比寿DuoDOMO


まさに「印象に残る結婚式」をサポートしたプランナーさんですが、一体どうすればゲストに感動してもらえるか聞いてみると、こんな答えが返ってきました。
「おふたりと私たちプランナーが、どれほどゲストのことを考えながら打合せをして当日を迎えるかによって、その結婚式のカタチが全然ちがってきます」(中村さん)

中村さんいわく、派手な演出をしなくてもゲスト一人ひとりに「ありがとう」という想いが伝えられること。選ぶアイテム一つひとつに、お料理の内容のすべてに、ゲストの顔を思い浮かべながら新郎新婦が選んだという“アツい想い”が、ゲストのみなさまに届くこと。そのために打合せを重ねることが大切なのだそうです。
そのため、「恵比寿Duo DOMO」ではウエディングのマニュアルをあえて作らず、打合せのたびに、新郎新婦の想いに沿ったパーソナルな提案をされているそうです。

デュオドーモスタッフ

出典:gensen wedding | 恵比寿DuoDOMO


まとめ

いかがでしたか? 取材に行くまでは、エンターテイメント好きな新郎新婦に人気の会場かな、と思っていたのですが、実際はかなりちがう印象を受けました。
もちろん360度フルスクリーンのインパクトはスゴいのですが、それを活かすのも活かさないのも「人」。
プランナーをはじめとするすべてのスタッフが、新郎新婦の想いに寄り添って行動しているからこそ、例えばお食事メインのシンプルなウエディングでも深く印象に残るような、あったかい結婚式ができるのだろうなと実感しました☆

デュオドーモ

出典:gensen wedding | 恵比寿DuoDOMO


【恵比寿DuoDOMOに関連する記事】
関連記事:ケーキ入刀ってしなくちゃダメ?真似したくなるオリジナル演出アイデア5選

関連する記事

  • TOP
  • 結婚式場
  • 【恵比寿Duo DOMO】派手にしなくても印象に残る結婚式って?会場もスタッフも魅力的なゲストハウスの実力