ゲストにも新郎新婦にも負担が少ない!?会費制の結婚式が人気の秘密とは

結婚式というと、ゲストがご祝儀を包んで渡す風習を連想する方が多いでしょう。 しかし最近では会費制の結婚式が巷で人気を呼んでいるのを知っていますか?ご祝儀でゲストに気を使わせず、 堅苦しく無い雰囲気で結婚式を楽しんでもらうことができるのです。 そこで今回は会費制の結婚式とはどのようなものなのか、どんなメリットがあるかなどについてお話していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北国で会費制結婚式は一般的!

全国的にみると結婚式はご祝儀制で、二次会以降が会費制というのが一般的です。そのため結婚式から会費制だというのを経験した人は多くないでしょう。しかし北海道や青森など北の地域で行われる結婚式はほとんどが会費制です。地域によって違いはありますが、1万3千円~1万円8千円ほどが相場なので、ご祝儀制よりゲストの負担が少なく済むメリットがあります。

会費制

会費制の結婚式はご祝儀制とどう違う?

結婚式の内容に自体はご祝儀制とさほど違いはありません。しかし会費はゲストの料理代となることが多いので、ご祝儀制結婚式と比べると引き出物が少ないケースが多く、なかには無いケースもあります。またこれまで新郎新婦を育ててくれた親族に晴れ姿を見せるという意味合いが強いため、親族が上座になる場合も多いようです。

会費制

会費制の場合ご祝儀はあるの?

会費制の場合はゲストに負担をかけないようにという意味もあるので、基本的にご祝儀はいりません。しかし親戚や仲のよい友達には「もう少し上乗せしたい」と思う方もいるでしょう。その場合は式当日ではなく、別の日に何か物を贈るという手もあります。あまり高価なものだと相手に気を使わせてしまうので注意が必要です。

ご祝儀

会費の徴収はどのようにするの?

会費制の結婚式は、受付にて財布からそのまま出すことが一般的です。招待状を送る時点で会費袋を同封してゲストに渡すこともあり、ゲストはその袋に指定された会費を入れて、式当日受付に渡す場合もあります。気になる方はきれいな封筒にお金を入れ、受付のときに袋から出して支払うといいでしょう。

会費制

会費制結婚式は自分たちの予算に合った結婚式を作りやすい

会費制はゲストのお財布に負担が少ないだけではなく、実は新郎新婦にもメリットがあります。それはゲストがどれくらいお金を払うかが事前に計算できるので、自分たちの予算に合った式を挙げることができる点です。ます。

会費制

おわりに

会費制は、結婚式の手間や費用を抑えたいというカップルにとてもおすすめです。
ただし先ほどお話したようにゲストの出す会費はほとんどが料理分なので、さまざまな演出をしたいカップルは会費でまかなえず大きな出費になってしまう可能性もあるので注意が必要です。自分たちがどのような式にしたいか、じっくり考えたうえで素敵な式を挙げてくださいね。

関連する記事

  • TOP
  • スタイル
  • ゲストにも新郎新婦にも負担が少ない!?会費制の結婚式が人気の秘密とは

自分らしい結婚式を
提案してもらう(完全無料)

無料カウンセリング

gensen weddingは、自分らしい結婚式を実現できるブライダル相談カウンター。 会場見学をする前に、おふたりのこだわりや予算をプランにして、ふさわしい結婚式場をご紹介。見積りがわかり、強引な勧誘もなく、提示額も最低価格を保証しているので、安心して契約できます。 サロンで相談 LINEで相談

タグ一覧