「暮らし」と「人」に目を向けて。「私たちだけの結婚式」に必要な「どう暮らすか」という考え方

自分たちはもちろん、参加する人すべての思い出に残るような「私たちだけの結婚式」を挙げたいと考えるカップルも多いのではないでしょうか。でも、日本の式場の多くは、持ち込みなどなにかと制限が多いため、創造性に溢れ、自由に、型にはまらない結婚式を実現するのは難しい傾向にあります。 今回は、自由度の高い結婚式をいくつも実現させている「CLASKA(クラスカ)」にお話を伺いました。これからのウエディングの考え方が少し変わるような、数多くのヒントをいただきましたよ。 (取材:gensen wedding 編集部/文:クリス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラスカ

出典:gensen wedding | CLASKA(クラスカ)


1.あなたの「どう暮らすか」に寄り添う。CLASKA(クラスカ)が大切にしていること

2003年、「ニュー目黒」というビジネスホテルに、当時は珍しかった“リノベーション”で新たな命を吹き込み、誕生したCLASKA(クラスカ)。もともとのホテル事業はもちろん、レストラン・ギャラリー&ショップなどのさまざまな事業を展開している複合施設です。施設の名前も「どう暮らすか」からきており、“今”の日本における暮らしの美意識とカルチャーを、ものづくり・サービス・イベントなどの活動を通じて発信することを大切にしています。
そんなクラスカが提案する結婚式は、特別な1日でありながらも、お二人のこれまでとこれからにつながる、「暮らし」を豊かにするもの。「結婚式を通してどう暮らすか」までを見据え、カップルとスタッフが一丸となって、結婚式を作っていくそうです。

クラスカ

出典:gensen wedding | CLASKA(クラスカ)


2.結婚式は、暮らしの1ページ。結婚式を通して暮らしを考えるとは?

「結婚式を通してどう暮らすか」
結婚式は非日常そのものというイメージが強いため、いざ考えてみると難しいテーマではないでしょうか。でも、結婚式は二人の人生のゴールではなく、1つのスタートなので、切り離すことのできない「暮らしの1ページ」なのです。
「自分たちらしい結婚式を」と考えれば、とことん時間も思考も費やしたいものですが、忙しい時間の合間をぬってドレスや料理、会場を決められた日程内に決めなければなりません。だから、「楽しみだけど準備が大変」というような声も出ているのではないでしょうか。このように、結婚式を成功させるための準備も暮らしの一部なのです。
また冒頭でも触れましたが、まだまだ何かと制限の多い日本の式場・会場では、「本当はこんなこともしたいのに」という「自分たちらしさ」が実現できないこともあります。だから、これまでの暮らしの中で二人が大切にしてきたものが十分反映されないまま式当日を迎え「まあ、こんなものだよね」で終わるなんてこともないとは言い切れないのです。
創造性溢れる「自分たちらしい結婚式」を実現するためには、それだけ自由な会場が必要なのです。

クラスカ

出典:gensen wedding | CLASKA(クラスカ)


今回取材で伺ったクラスカは1日1組限定のため、ウエディングに使える時間が選べたり、装飾も自由に設定できたりと、お二人らしさを表現できるだけの高い自由度があります。また会場以外に、ショップやレストラン、ホテルなどの施設もあるので、暮らしに役立つ引き出物が選べたり、二人の特別な記念日を祝ったりするカップルもいるそう。ホテルのインテリアが気に入ったカップルは新居にクラスカオリジナルブランドの家具を取り入れるなんて人も。
さらに、クラスカではカメラマン・司会者・音響担当者など、結婚式当日に関わるスタッフ全員との顔合わせ・打ち合わせの時間が設けられています。当日までに信頼感をしっかり築き上げるので、新郎新婦の表情も柔らかく、参加者全員が家族のような自然体な式になるそう。しかも、直接の打ち合わせだから式後にプライベートでカメラマンやフローリストとつながりを持つ人も多いのだとか。お宮参りの写真をとってもらったり、母の日の花束を頼んだり…。
結婚式のスタッフと密接な関係性が築くことは、その後の二人の暮らしを豊かにしてくれる人との出会いにもなるのです。信頼できる人と作る結婚式には、暮らしを彩るヒントがつまっていると言えるのではないでしょうか。

クラスカ

出典:gensen wedding | CLASKA(クラスカ)


3.まとめ|結婚式をこれからの二人が大切にしたいことについて再確認する機会に

結婚式は、準備は大変だしお金もかかるものです。だから「別に結婚式はあげなくてもいい」と考えるカップルも少なくはありません。でも、二人の記念となるウエディングも暮らしの1ページなのです。結婚式を暮らしの1ページとして捉えることは、その後の暮らしの豊かさを得ることにもつながります。信頼できる人と作った結婚式はきっと、お二人らしさを散りばめられるだけでなく、お二人がこれから大切にしていきたいことを再確認するいい機会になるはずですよ。
クラスカ

出典:gensen wedding | CLASKA(クラスカ)


会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

  • TOP
  • 未分類
  • 「暮らし」と「人」に目を向けて。「私たちだけの結婚式」に必要な「どう暮らすか」という考え方