今話題のアウトドア結婚式とは

従来の形式にとらわれずに自由度が高いことから注目を集めているアウトドア結婚式。 個性的な結婚式を挙げたい新郎新婦の関心度が高まっています。 ここでは、その新しいスタイルの魅力や準備、費用などについてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウトドア結婚式の魅力は?

魅力は何よりもまず、美しい大自然の中でリラックスして楽しみながら式を挙げられること。
これまでの結婚式とは全く違う個性的なスタイルが、ありきたりのウェディングでは満足できない新郎新婦にぴったりです。
式の流れも従来のものにとらわれる必要がなく、演出も場所に合わせて変化に富んだものが考えられます。
キャンプ場ならばキャンプファイヤーやバーベキューを楽しんだり、海辺の場合は皆でビーチバレーをしたりと、
出席者が一緒に参加でき、思い出に残る演出しやすいメリットもあります。

アウトドア

どこに依頼すればいいの?

新郎新婦が自由に考え、個性的なウェディングをつくることができるアウトド結婚式ですが、ふたりだけで全てを決めたり、手配したりすることは難しいので、
アウトドア結婚式の実績があるフリーランスのウェディングプランナーやプロデュース会社などに相談しながら進めていくとスムーズに準備ができるでしょう。
まだ馴染みの薄い形の結婚式なので、実績が多いところは少なく、信頼できるプランナーを見つけることがポイントです。
相談する際は、自分の希望する結婚式のイメージや会場、日程、招待客の数、予算などをあらかじめまとめておくとよいでしょう。

自然

どんな場所がいいの?

アウトドア結婚式の会場として考えられるのは、海辺や湖畔、キャンプ場、公園、河川敷などです。
農業関係者が畑で結婚式を挙げたという例もあります。
2人の記念の場所や思い出の場所など決まった場所を希望の場合は、結婚式が可能などうかを問い合わせて、あらかじめ許可を取っておく必要があります。
これらのような点は、プロデュース会社などに依頼すると、おすすめの場所の提案や場所の使用許可などの手続きなどを行ってくれるでしょう。

海

気になる費用は?

豪華というよりも、手作り感にあふれる素朴な結婚式というイメージの強いアウトドア結婚式。
自己負担が少ないのではと思われますが、実際にはそうでもないことが多いようです。第一に会費制で行うことが多いこと。
また、設備が整っていない場所を会場にすることが多いので、テントの設置が必要だったり、テーブルや椅子、照明などを運び込んだりしなければならないので、
そうしたもののレンタル費用、運搬費、設置に関わる人件費などが必要となります。
衣装は、ドレスやタキシードを使う場合はレンタル衣装が持ち出せない可能性があり、通常のレンタルに付属の靴屋やアクセサリーも別途用意する必要があるかもしれません。
プランニング代も別に設定されていることが多いです。

費用

衣装や着替えはどうするの?

ドレスを選ぶ場合は、裾がふんわりしたものではなく、場所に合わせて動きやすいものを選ぶのがおすすめです。屋外で裾が汚れやすいことへの対策も大切です。一方、形式にこだわらないアウトドア結婚式ならではの衣装もよいでしょう。例えば、海辺ならば水着、山ならば登山のウエアなどをベースに、結婚式の雰囲気を加えた衣装などはいかがでしょうか。着替え場所、控室などについては、キャンプ場の場合は屋内施設を利用することができるでしょう。しかし、室内施設がない場所では、テントなどを用意したり、近隣の施設を借りたりする必要があります。いずれにしても環境に合わせてさまざまな工夫が必要な場合が多いです。

会場

おわりに

アウトドア結婚式は、一般的な結婚式と比べて自分たちで準備することも多く、ケースに応じた工夫も必要です。
確かに準備が大変なことが多いですが、メリットもたくさんあるので、ふたりで考えて絆を深めながらしっかりと準備して臨めば、
きっと思い出に残る式が挙げられることでしょう。
自分たちだけで準備すると、ゲストへの細かな配慮など当日のフォローまで行き届かないことが多く、費用も予想以上にかかってしまったということも少なくないので、
どこにお願いするのかも含めてしっかりと事前に相談することが重要です。

タグ一覧