いそがしすぎる結婚式はNO! イマドキの結婚式は【リラックス】がキーワード

アットホームな雰囲気のなかで、リラックスできる結婚式を望むカップルが増えています。しかし結婚式といえば、限られた時間で多くの演出をこなすイメージがまだまだ強いもの。そうではなくて、時間がゆっくり流れるような結婚式。そんな1日を実現するためにはどうすれば?何かしたいけれど、どうやってカタチにしたらいいのかわからないという新郎新婦も多いのでは? そこで今回は、「リラックスウエディング」をコンセプトに掲げる横浜の結婚式場『THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』で、主役もゲストも自然体でいられるリラックスウエディングに必要なことを伺いました。 (取材:gensen wedding 編集部/文:kyoro)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

_OND2292

出典:gensen wedding | THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート)

 

1. 結婚式の満足度を左右するのは進行と空間の「ゆとり」

結婚式は、理想の挙式や披露宴のことばかり考えていると、ゲストの過ごし方にまで気が回らなくなってしまうことがあります。そのため移動時間や進行がタイトになりすぎて、式が終わった後にゲストがどっと疲れてしまう1日になってしまうかもしれません。

また、挙式が始まるまでの時間や、挙式と披露宴の間の待ち時間を過ごすためのウエイティングスペースが狭いのも、リラックスとは程遠いもの。顔見知りではないゲスト同士が狭い空間に一緒にいることで、精神的な窮屈さや緊張感を感じた…という声を聞くこともあります。

つまり、ゲストがくつろげて、心から楽しめる結婚式にするためには、結婚式の進行の「ゆとり」と、空間の「ゆとり」、両方のゆとりが必要なのです。

_OND1430+2

出典:gensen wedding | THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート)

 

2. バタバタのウエディングは卒業!ゲストが欲しいのは「リラックス」

披露宴では、余興をするのが定番だと思っている方も多いでしょう。でも余興は、依頼されたゲストが会場の雰囲気にのまれて緊張してしまったり、自分の出番がくるまで落ち着かなかったりと、ゲストに大きな負担をかけてしまいがち。そのため最近では「友人に負担をかけたくない」という理由から、ゲストへの依頼を遠慮する新郎新婦も増えてきています。

しかし、ゲストに余興をしてもらわないからには、新郎新婦側が何か楽しい演出を用意しなければ間が持たない…と思いながらも、いったいどうカタチにしていいのかわからないというカップルも多いはず。そこで考えたいのが、「何をするか」ではなく、ゲストの「過ごし方」。ゲストがリラックスして過ごせる結婚式のために必要なことは何か?そのことに着目してイメージしてみるのです。
_OND1430+2

出典:gensen wedding | THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート)

 

3. ゲストと新郎新婦が心から寛げる「リラックスウエディング」

今回お話を伺った『THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』のコンセプトは「リラックスウエディング」。カリフォルニアの開放感あふれる雰囲気をイメージした、リゾート感あふれるチャペルやパーティー会場が用意されています。そんな空間だからこそ、ゲストと新郎新婦が肩の力を抜いて、近い距離で一緒に楽しめるような「リラックスウエディング」を、これまでたくさん作り上げてきました。

演出1つにしても、これまでのウエディングの常識にとらわれることなく、新郎新婦の思いをカタチにしながらも、自然体でいつもどおりの笑顔で楽しめることを重視。そのため、どんどん新しいリラックスウエディングのアイデアが生まれていて、最近ではとくに、次のような演出が話題を集めています。

_OND1159+2

出典:gensen wedding | THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート)

 

4. 結婚式でこんな演出も!?ゲストの“楽しい”をカタチに

まずは、挙式や披露宴以外の時間をゲストに楽しんでもらう演出から。
THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』の開放感あふれるパーティー会場には、それぞれ専用のラウンジがあり、ゆったりとした空間で披露宴までの時間をゲストに過ごしてもらうことができます。

例えば、世界各国の瓶ビールがそろう「Beer Bar(ビアバー)」。海外ウエディングを検討している方や旅行が好きなカップルは、ふたりの思い出の国にちなんだクラフトビールをふるまってみてはいかがでしょうか。新郎新婦も一緒になって、オシャレな瓶ビールを片手にゲストと語り合う、なんていうウエルカムパーティーも素敵ですよね。

Beer Barのドリンクメニューはビールだけではなく、お子さまゲストが多いならラムネなど、ゲストの顔ぶれに合わせてソフトドリンクに変更してもOK。ゲストが好きなドリンクを選んで乾杯し合える、そんな気軽な感じは海外のウエディングシーンのようでオシャレですよ。

また映画やテーマパークが好きなカップルに人気なのが、“ウェルカムポップコーン”。ウェルカムドリンクと一緒に、塩味やキャラメル味などゲストに好きな味を袋につめてもらったり、新郎新婦から直接ゲストに渡してあげたり。女性ゲストはもちろん、男性ゲストやお子さまゲストも楽しめる、結婚式では珍しい演出の1つです。

披露宴が始まってからの演出としては、「サンドセレモニー」に注目を。ゲストには受付の際に好きな色の砂を選んでもらい、テーブルラウンド時に新郎新婦がボトルを持ってまわります。そのボトルにゲストがめいめい砂を入れて、砂時計が完成!それは、“ゲストとともに、これからのふたりの時間を刻む”という意味もこめられた、世界にたったひとつだけの砂時計なのです。

砂時計は、ふたりにとって大切な宝物になるのはもちろんですが、砂を入れてもらう時にゲスト一人ひとりとコミュニケーションが取れるので、ゲストとの時間を大切にしたいカップルにもおすすめです。ちなみに『THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』のパーティー会場はどれも、カリフォルニアのリゾートを思わせる開放感あふれる空間。だからこういう“リラックス”をコンセプトとした演出や、過ごし方がとてもよく似合うのです。

 

20160324_CBR_0969+

出典:gensen wedding | THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート)

 

5. まとめ|ゲストがリラックスして楽しめる“スペース”が大事

「リラックスウエディング」をカタチにするために、ゲストが肩肘張らずに楽しめる「過ごし方」を考える上で重要になってくるのが、空間の「ゆとり」。『THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』のパーティー会場には、ゲストがゆったりくつろげる専用ラウンジが完備されています。会場は3つあって、リゾート感にあふれ、海を一望できる眺めの良い「ウィズザベイ」。大きな窓から陽光が降り注ぎ、会場内のグリーンが風にそよぐ空間でナチュラルなウエディングが叶う「オーキッド」。そして、アイランドキッチンでシェフやパティシエのパフォーマンスが楽しめる、テラス付きの「マンダリン」。いずれも空間の「ゆとり」が、リラックス度を上げています。また、横浜駅直結というロケーションの良さもゲストにストレスを感じさせないポイント。みんなが自然体で過ごせる会場で、ゲストの“楽しい”が、ふたりの“嬉しい”に変わる。そんな笑顔いっぱいの「リラックスウエディング」を、『THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』で叶えませんか?

 

ウィズザベイ2017_location_人

出典:gensen wedding | THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート)

 

【Wedding Select Fes】 自由に「見て」「着て」「聞ける」結婚式体験イベント

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

【Wedding Select Fes】 自由に「見て」「着て」「聞ける」結婚式体験イベント

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

  • TOP
  • 結婚式場
  • いそがしすぎる結婚式はNO! イマドキの結婚式は【リラックス】がキーワード