スローな時の流れを楽しんで。イマドキの結婚式のキーワードは“リラックス”

最近gensen weddingのカウンターにカップルから寄せられる要望として多いのが、「ゲストと一緒に自然体で結婚式を楽しみたい」というもの。
ゲスト側からも、新郎新婦とおしゃべりや写真撮影ができたことが一番の思い出という声があがります。
つまり、ふたりとゲストがいかに接点を持てるかどうかが、結婚式の満足度を上げるといえるのです!
今回は、アットホームな結婚式づくりが得意な「アラマンダガーデン」に取材し、ふたりとゲストの接点づくりについてうかがってきました。
(取材:gensen wedding 編集部/文:クリス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アラマンダガーデン

出典:gensen wedding | ALLAMANDA GARDEN(アラマンダガーデン)

 

1.みんなの笑顔が見える! アットホームな挙式に共通する“距離の近さ”

新郎新婦もゲストも自然体な結婚式に共通しているのは、挙式から参加者全員がとてもリラックスしてその時間を過ごしているということです。そして挙式のリラックスした雰囲気は、ふたりとゲストの距離の近さが生み出しています。

大聖堂などの広い挙式会場は幻想的な雰囲気が非常に魅力的ではありますが、広すぎるがゆえに緊張したりゲストの表情が見えにくかったりすることも。また近年の挙式では人前式が人気なので、よりゲストを近くに感じられる式場が注目を集めているのです。

今回取材した「アラマンダガーデン」には、ゲスト一人ひとりの表情が見渡せるくらい距離が近いチャペルが屋内外に2つあります。自然光が降り注ぎ緑も映えるナチュラルな空間が特徴的なチャペルでは、人前式を選ぶカップルが多いそう。

ゲストとの距離の近さに加え、ナチュラルな雰囲気が緊張感をやわらげてくれるので、ゲストにふたりの結婚を承認してもらったり、ゲストに向けて誓いの言葉を投げかけたりと、心と心を通わすような挙式ができるのです。

アットホームで自然体な挙式づくりには、ゲストの笑顔が見える距離の近さがあるといいでしょう。

アラマンダガーデン

出典:gensen wedding | ALLAMANDA GARDEN(アラマンダガーデン)

 

2.あえてつくりすぎない。ホームパーティーのような気軽さを披露宴に

近年の結婚式では、「お披露目」よりも「交流」を目的とした披露宴が好まれる傾向にあります。この傾向もまた、「ゲストと一緒に結婚式を楽しみたい」という新郎新婦の想いからくるものです。そのため、披露宴に余興や演出をあえて盛り込まないカップルが増えています。

アラマンダガーデン」でも、プログラムをあえてつくりこみすぎないアットホームな披露宴が人気です。その時間は結婚披露宴というよりは、まるで、ホームパーティーみたいなんだとか。

まず挙式後は、開放的なプールサイドテラスでウェルカムパーティーを。その場には新郎新婦も参加するので、自分たちで直接ゲストをおもてなしできるのです。ウェルカムドリンクやフィンガーフードを片手に、ゲストとおしゃべりをしたり写真を撮ったりして、なごやかな時間を過ごせます。

そしてこのなごやかな雰囲気のまま、みんなで披露宴会場へ。これなら変に緊張せず、リラックスして披露宴にのぞめそうですよね。

演出や余興を盛り込まなければ会話を途中で切り上げる必要もないので、じっくりと交流を楽しめます。また、披露宴会場とプールサイドテラスは自由に行き来ができるので、外に出て写真撮影を楽しむふたりとゲストの姿が見られるそうですよ。

余興や演出は、結婚式を盛り上げる1つの要素。しかし、結婚式でゲストとの交流を重視するのなら、あえてプログラムをつくりこみすぎないことも大切です。自宅へゲストを招くホームパーティーのような感覚で、披露宴の空間と時間を考えてみてはいかがでしょうか?

アラマンダガーデン

出典:gensen wedding | ALLAMANDA GARDEN(アラマンダガーデン)

 

3.結婚式のフリータイムを充実させる、おいしいおもてなし

ゲストとの距離が近くて、プログラムもつくりこみすぎない結婚式。とてもアットホームな雰囲気の結婚式になりそうだとは思うけれども「間」が持つか心配…、という方もいらっしゃるでしょう。

交流メインの結婚式で「間」を持たせるには、ふたりの想いが詰まった料理が欠かせません。おいしさだけでなく、ふたりがその料理にこめた想いをゲストに伝えることで、それが披露宴中の会話のネタになったり、1皿をじっくり味わったりしてもらうきっかけとなるのです。そのため近年の結婚式では、料理にこだわるカップルが増えているのです。

アラマンダガーデン」は、そんな料理にこだわりたいカップルの味方となるレストランウエディングの式場です。しかもフレンチが主流のウエディング業界のなかでは珍しく、イタリアンが味わえます。イタリア人シェフが作る日本人の舌に合わせた創作イタリアンは、これまでたくさんの結婚式に列席してきたゲストにも新鮮なおいしさを届けてくれるでしょう。

もちろん、地元食材を使いたいなど、料理のアレンジの相談も可能です。また、ベジタリアンやビーガンなど、食べるものに制限がある人へ向けた特別コースにも対応してくれます。

さらに、ワインにこだわりたい方はソムリエに相談できるのもレストランウエディングならでは。料理とのマリアージュを考えて、おすすめのワインを提案してもらえます。

おいしさとアレンジのどちらも追及できるとあって、いろんな結婚式場を見学してきた料理にこだわりたいカップルが、最終的に「アラマンダガーデン」を選んだという事例もあるそう。料理が式場選びの決め手となったという声が、非常に多い会場です。

結婚式に交流の時間をじっくりと設けたい方は、“ふたりの想いをのせたおいしい料理”という話のネタをしっかり用意することで、結婚式のフリータイムがより充実したものになるでしょう。

アラマンダガーデン

出典:gensen wedding | ALLAMANDA GARDEN(アラマンダガーデン)

 

4.まとめ|結婚式での接点づくりに必要なのは、普段通りのふたりの姿

ゲストはふたりの晴れ姿を見に、結婚式へ参加してくれます。それと同時に、ふたりの結婚式でしか味わえない思い出を楽しみにしているのです。そのため会話や写真撮影の時間をたっぷり設けることは、ゲストへのおもてなしにもつながります。

また結婚式は、ふたりもゲストも緊張しがちなイベントです。しかしウェルカムパーティーをしたり披露宴をホームパーティーのような雰囲気にしたりするだけで、その緊張はやわらげることができるでしょう。

結婚式だからと、変に気取らなくて大丈夫。普段通りのふたりと過ごせることをゲストも楽しみにしています。

結婚式でゲストとの接点をたくさんつくりたい方は、距離感や緊張しない雰囲気づくり、おいしい料理に着目して、式場を選んでみてはいかがでしょうか?

アラマンダガーデン

出典:gensen wedding | ALLAMANDA GARDEN(アラマンダガーデン)

 

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-19:00 / 土日祝 10:00-19:00
定休日: 月・火曜日(祝日を除く)

  • TOP
  • 結婚式場
  • スローな時の流れを楽しんで。イマドキの結婚式のキーワードは“リラックス”