いったい何からやればいい? 憧れのオリジナルウェディングを成功させる秘訣

一生に一度のウェディング、せっかくだから自分たちらしくこだわりたい! でも、何からどう始めればいいのか分からない……。誰にもまねできない雰囲気づくりや演出にこだわれることが「オリジナルウェディング」の魅力ですが、自由度が高いがゆえ、進め方に悩む人は少なくありません。東京・中目黒のオーダーメイドウェディングサロン「She said yes!」は、そんな迷えるふたりをゼロからプロデュースし、いくつものオリジナルウェディングを成功へと導いています。どうしたら納得のいくオリジナルウェディングを挙げられるのか。その秘訣を伺いました。(取材:gensen wedding 編集部/文:Mia)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP

出典:gensen wedding | She said YES!(シーセイドイエス) by transit crew

1. 情報収集を思い切ってやめてみる

決まり切った型にとらわれず、自分たちらしさを追求できる「オリジナルウェディング」。その自由度の高さから、今、大人気のスタイルとなっていますが、一方で「肝心の自分たちらしさが分からない……」という声も耳にします。

友人の結婚式やSNSで、おしゃれな装飾や演出を目にし「あれもやりたい!」「これも素敵かも」と気持ちは盛り上がるものの、いざ始めようとすると何から始めていいのか分からない。というか、私たちらしさって何だろう……?

もし、こんな迷える子羊さんになってしまったら、まずは形ばかりの情報収集をやめてみましょう。コンセプトが分からないままひたすら情報だけを集めても、かえって混乱するだけです。情報収集に奔走して時間を無駄にするのはおすすめできません。

1

出典:gensen wedding | She said YES!(シーセイドイエス) by transit crew


2. 好きなものって何だっけ?

オリジナルウェディングにおいて本当に大切なのは、「自分たちらしさ」を抽出すること。そのためには、「コンセプト固め」のステップを踏むことが何よりも重要です。といっても、そんなに難しいことではありません。

彼と一緒に「好きなものって何だっけ?」と自分自身に問いかけてみてください。好きな色、映画、食べ物、いいなと思う画像(写真やポスターなど)……。オリジナルウェディングのことはいったん忘れて、とにかく自分たちの好きなものを徹底的にリストアップするのです。ふたりの生い立ちや、出会ってからの出来事、忘れられない思い出なんかも洗い出すといいでしょう。ふたりで話し合い、実際に書き出してみると、お互いが大事にしているものが見えてくるはずです。

こうしたステップを踏んでおくか否かで、その後の準備、式当日の満足度が大きく変わります。最初に自分たちらしさにしっかりと向き合っておけば、あれもこれもと目移りすることなく、統一感があって、かつふたりらしさ溢れる素敵なウェディングに仕上げることができるでしょう。

2

出典:gensen wedding | She said YES!(シーセイドイエス) by transit crew


3. 「ゼロからつくる」は難しくない!

オリジナルウェディングに、決められたルールや堅苦しいしきたりはありません。いわば「ゼロからつくる」作業です。こう聞くと、なんだか難しそうだと尻込みしてしまう人もいるかもしれませんね。でも、そんな不安はいっそのこと捨ててしまいましょう!

オリジナルウェディングのプロ「She said YES!(シーセイドイエス) by transit crew」では、初回打合わせにおけるヒアリングの時間を大切にしています。「She said YES!(シーセイドイエス) by transit crew」の想いやプランを押し付けるのではなく、まずはおふたりの好きなものを徹底的にヒアリングし、それからテーマ・コンセプトを抽出していく……。アンケートを書いてもらって、簡単にプランの一覧や概要を説明し会場案内へ、という一般的な流れではなく、おふたりとの対話や、その過程で得られるインスピレーションを何よりも重要視しているそうです。「なにもイメージが湧かない」という場合でも、ざっくりと好きなものを伝えるだけでコンセプトを具体的に提案してくれます。逆に具体的なイメージを持っている人に対しては、そのこだわりをしっかりと形にしていきます。

3

出典:gensen wedding | She said YES!(シーセイドイエス) by transit crew


4. 世界に1つだけ! ふたりのための完全オリジナルプラン

She said YES!(シーセイドイエス) by transit crew」最大の特徴は、プランナーがふたりことを考えに考えてテーマやコンセプトを提案してくれるところにあります。プランの構成は基本的にプランナーに完全委任されており、あれはだめ、これはやってはいけないというような制限はないそうです。

ふたりの好きなものから始まって、話し方や性格、家族構成、出会い、思い出など、ヒアリングした膨大な情報から、共通点や印象深いところを抽出していき、そこからキーワード、キャッチフレーズを作っていく。あるいは、動物とか物とか、何か違うものにイメージ変換していくなど、とにかくふたりのことを考えに考え抜いてプランを提案してくれます。それも、ある程度固定化されたプランを複数案、ではなく、「完全にこれだ!」というものを1案。ヒアリングにしっかりと時間をかけているからこそ成せる業、といってもいいかもしれません。

4

出典:gensen wedding | She said YES!(シーセイドイエス) by transit crew


5. まとめ|最初の一歩は「らしさ」を深堀することから

憧れのオリジナルウェディング、最初の一歩は「自分たちらしさ」を深堀することから。友人の結婚式やSNSで見る素敵な装飾・演出も、もちろん参考にはなりますが、その前に自分たちならではのコンセプトをしっかりと持つことが大切です。「私たちって、何が好きなんだっけ?」「心に残っている出来事は?」そうやって、これまでの自分たちを振り替えり、「らしさ」を見つける時間もまた、幸せなひととき。困った時にはプロの力も借りながら、自分たちにしかできないオリジナルウェディングづくりに挑戦してみましょう。

まとめ

出典:gensen wedding | She said YES!(シーセイドイエス) by transit crew

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)