自分らしい結婚式、「オリジナルウエディング」成功の秘訣はシェフにあった!

友人の結婚式に参列すると、自分の結婚式への願望がどんどんふくらんでいきませんか?最近では、型にはまらず、「自分らしさ」を取り入れるカップルが増えています。しかし、「自分たちにできるのかな?」とあきらめてしまったり、会場の都合で料理や装飾、演出などに多くの制約があったりするのが現状です。そこで今回は、新郎新婦のさまざまな思いを形にして、新しいウエディングシーンを生み出し続ける『THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』で、自分らしく「オリジナルウエディング」を成功させる秘訣を伺ってきました。 (取材:gensen wedding 編集部/文:kyoro)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

_OND2124

出典:gensen wedding | THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート)

 

1. オリジナルウエディングでふたりの個性をカタチに

新郎新婦が考えたコンセプトに基づき、結婚式当日の進行や演出、装飾、料理など、すべてをオーダーメイドでつくりあげる、独創的かつ表現豊かな結婚式が「オリジナルウエディング」。やりたいことが明確にあるカップルも、まだふんわりとしかイメージできていない新郎新婦も、自分たちの思い描いた「理想の結婚式」をゼロからすべてつくりあげていきます。いま人気のオリジナルウエディングは、結婚式という一生に一度の晴れ舞台で、ふたりの個性をカタチにできるのが最大の特徴です。


010

出典:gensen wedding |THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート)

 

2. オリジナルウエディングの完成度はスタッフ次第

結婚式を自分たちだけでセルフプロデュースするカップルもいますが、結婚式の規模が大きくなるほど打ち合わせや段取りに時間がかかります。だからこそふたりの思い描くオリジナルウエディングを実現するためには、結婚式のプロであるプランナーや各分野のスペシャリストの協力が必要になってくるのです。頭の中で想像していることを実際にカタチにするために、何からどう明確にしていけばいいのかを提案し、どこまでサポートしてもらえるのかがポイントになるのです。


003

出典:gensen wedding | THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート

 

3. 成功の秘訣はシェフ!自分たちらしい料理でゲストをおもてなし

オリジナルウエディングに必要な要素はたくさんありますが、なかでもゲストをもてなす料理には徹底的にこだわりたい!と思っているカップルは多いのではないでしょうか。オリジナルウエディングを作る上で、ふたりらしさが伝わる“世界に1つだけのメニュー”は、結婚式当日、たくさんのゲストを笑顔にしてくれるに違いありません。

ただし、どれだけ柔軟にオリジナルメニューに対応してもらえるかは会場によって大きく違います。結婚式のように、大勢のゲストに同じタイミングで料理を提供するというオペレーションのことを考えると、できる限りスタンダードなメニューでと考える会場が多いのは当然のことです。でもだからこそ、自分たちらしさを料理で伝えることができたなら、それはもう立派な“オリジナルウエディング”!、つまりオリジナルウエディングは、シェフにどこまで協力してもらえるかが大きなカギとなるのです。


料理①シェフ

出典:gensen wedding | THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート)

 

4. シェフ&スタッフが一丸となり、新郎新婦の思いをカタチに!

シェフがオリジナルウエディングに積極的な『THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』では、シェフ自ら打ち合わせに参加し、新郎新婦の出身地や思い出の場所を直接聞いて、オリジナルメニューを考えています。

また、よりオリジナリティ溢れる要望に対応するには、スタッフの協力も必要不可欠。そこで『THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』では、次のように1つのキーワードをもとにスタッフが一丸となって、お互いにヒントを出し合い、ふたりの希望に添ったオリジナルウエディングを提案していきます。

例えばキャンプ好きのふたりの場合は、メインに添える付け合わせの野菜を串に刺して出し、会場にはテントを張ってキャンプ場のような空間を演出。酪農をしているカップルには牛乳やヨーグルトを使ったウェルカムドリンクやカクテルを作り、メイン席の下には人工芝を敷くなど会場を牧場のようにアレンジ。
他にも、ピザのお店で出会った新郎新婦にはピザを焼いてコースに追加したり、ケニア料理を出したいというカップルがいれば都内のケニア料理店に足を運び、毎日のように味を研究したり。

このように料理長を中心に、職人気質と熱い思いを持ち合わせたキッチンスタッフと、新郎新婦に寄り添う思いが強いプランナーがそろっている『THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』。だからこそ新郎新婦とともに楽しみながら、結婚式のテーマに合った“オリジナル料理”を次々と提案できるのです。


料理④肉料理

出典:gensen wedding |THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート)

 

5. まとめ|最強の“おもてなし集団”と一緒に作る理想通りの結婚式

THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』のプランナーとシェフの合言葉は、“新郎新婦の要望に「NO」と言わないこと”。日頃からプランナーがシェフのもとに通い、料理談義を交わす中で新たな演出のアイデアが次々と生まれていきます。新郎新婦に一番近いプランナーと、料理のプロであるシェフとの距離感が近く、 “常に新郎新婦のために”という思いを共有しているといいます。

新郎新婦のために、という思いを持っているのはどの会場のスタッフも同じですが、『THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』の場合はさらに、“新郎新婦と一緒に、わたしたちも楽しみながら最高の1日を創り上げていこう”という思いを全スタッフで共有しているそう。なぜなら、新郎新婦とゲストが“楽しい”と感じる1日を創るためには、結婚式に携わるスタッフ自身が“楽しい”と思えることが大事だから。幸せは、幸せな人から生まれ、繋がっていくのですね。こうして『THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』のウエディングシーンでは、まだあまり見たことのない演出や、オリジナル料理がカタチになっていくのです。

一生に一度の結婚式だからこそ、ふたりの理想を叶えるために全力でサポートしてくれるシェフやスタッフの協力は必要不可欠。なかでも結婚式の料理は、新郎新婦からゲストへの一番のおもてなしといっても過言ではありません。こだわりがぎゅっと詰まった、大切なゲストが笑顔になれる“オリジナルウエディング”を、あなたも『THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』で実現しませんか?

THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) をもっと詳しく知りたい方はこちら♪♪



料理⑤デザート

出典:gensen wedding |THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート)

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

  • TOP
  • 結婚式場
  • 自分らしい結婚式、「オリジナルウエディング」成功の秘訣はシェフにあった!