結婚式の1日ってどんなもの?当日の流れとタイムスケジュールをご紹介!

「結婚式当日って、どんなスケジュール感で進んでいくの?」 「二次会の時間を決めたいけど、何時開始にしたらいいかなぁ…?」 結婚式準備中の二人なら、誰もがこんな疑問を抱くはず。 具体的なイメージができないまま当日を迎えるのはちょっと心配ですよね。 ここでは、そんな気になる「結婚式当日の流れとタイムスケジュール」を徹底解説します。 当日をイメージしながら、早速チェックしていきましょう♪ (文:まゆ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルカンシエル南青山

出典:gensen wedding | アルカンシエル南青山


1.[9:30]自宅を出発

※今回は、13時に挙式スタートの場合を想定したスケジュールで時系列にご紹介します。

せっかくの晴れの日に、バタバタした朝は避けたいもの。余裕を持って起き、しっかり朝食を摂りましょう。当日は食事のチャンスがほとんどないので、ここでしっかり食べておくことが大切です。
新婦はノーメイクで会場に向かうのが理想的です。化粧ノリが良くなるよう、美容液などでしっかり保湿をして出かけましょう。持ち物の最終チェックを終えたら、いざ出発。
その前に、お互いの実家からの出発する場合は、ここで家族に挨拶をしておきましょう。会場に行ってからは支度もあって、お互いに慌ただしくなってしまいがち、家族と落ち着いて話せるこのタイミングも貴重です。伝えたいことがあれば、ここでしっかりと伝えておきましょう!
アルカンシエル南青山

出典:gensen wedding | アルカンシエル南青山


2.[10:00]会場到着・支度スタート

会場に到着したら、すぐに支度がスタートします。

まずは新婦からヘアメイクと衣装の着付けを仕上げます。その間、新郎は謝辞の確認やスタッフへ挨拶を。当日一日お世話になるお礼として、「心付け」をこのタイミングで渡す人もいます。
新郎が支度・ヘアセットを終えたら、二人でプランナーや司会者、カメラマンなどと当日の流れの最終チェックをします。

アルカンシエル南青山

出典:gensen wedding | アルカンシエル南青山


3.[11:30]写真撮影・挙式リハーサル

挙式前に、会場の撮影スポットをまわって写真撮影をします。撮って欲しいショットや場所の希望があれば、事前にカメラマンに要望を伝えておくことがベスト!最初は二人とも緊張でカチカチかもしれませんが、撮影中は素敵な笑顔を写真に残せるよう、普段通りの会話をしてお互いにリラックスを心がけましょう。

写真撮影が終わったら、挙式のリハーサルに移ります。お辞儀をするタイミング、衣装でのスムーズな歩き方など、スタッフが丁寧に教えてくれるので、聞き逃さないように注意します。不安なことがあればしっかり聞いて式に臨みましょう。

また、リハーサル後に親族紹介や親族集合写真の撮影を行うこともあります。親族紹介では、両家を代表して親御様がご親族を紹介することが多いです。
ホテル椿山荘東京

出典:gensen wedding | ホテル椿山荘東京


4.[13:00]挙式スタート

いよいよ式本番。キリスト教式・人前式・神前式、どのスタイルも所要時間は20〜30分ほどです。感極まることが多い場面なので、新婦は白いハンカチをアテンドさんに預けておきます。

また、最初のプログラムとあって、挙式は最も緊張する場面でもあります。でも大丈夫!入場後は司式者が進行してくれるので、リラックスして流れに身を任せましょう。少しくらいぎこちなくても、ゲストは温かく見守ってくれるはず。

式の内容は、指輪の交換や結婚の宣誓などがどの挙式スタイルでも一般的です。
アーカンジェル代官山

出典:gensen wedding | アーカンジェル代官山


5.[13:30]式後のセレモニー・全員集合写真撮影

夫婦となった二人の退場後は、式後のセレモニーへと移ります。フラワーシャワーやバルーンリリースなどでゲストからの祝福を受けることができます。また、このタイミングで全員での集合写真の撮影を行う会場も多いです。参列頂いた方に囲まれながら、二人もここでは緊張が解け、和やかな笑顔で特別な瞬間を残せます。

撮影後、二人は控室へ、ゲストは披露宴会場へと進みます。
アニヴェルセル豊洲

出典:gensen wedding | アニヴェルセル 豊洲


6.[14:00]披露宴スタート

ゲスト全員がテーブルにつき、二人の準備が整ったら、新郎新婦の入場です。盛大な拍手で迎えられた後は、新郎新婦のウェルカムスピーチや、司会者による二人の紹介などで披露宴がスタートします。
その後は祝辞、乾杯、ウェディングケーキの入刀という流れが一般的です。

続いて、しばらく食事歓談の時間。ゲストに食事を味わってもらったり、祝福の言葉をかけてもらい写真に残すことができます。

アンジェパティオ

出典:gensen wedding | Angepatio


7.[14:50]お色直しの中座

披露宴前半を終えたら、二人はお色直しのために一度中座します。お色直しの所要時間は、ドレスならおよそ20分前後、和装なら30〜40分が目安。ここでも新婦の衣装やヘアチェンジがメインになります。

この間に、会場で司会者が祝電を披露する場合は、読み上げてもらう祝電を事前に新郎と司会者が選んでおきます。その他プランナーに何か伝えたいことがあれば、ここで伝えておくのもポイントです。
アルカンシエル南青山

出典:gensen wedding | アルカンシエル南青山


8.[15:20]再入場

装い新たに二人が入場し、披露宴の後半がスタート。後半は、演出などを取り入れながら、ゲスト一人一人により近付くこともできます。

各テーブルへの挨拶まわりができるキャンドルサービスや、各卓での写真撮影、デザートビュッフェなどがその一例。余興も、会場が温まった後半にウエイトを置くことが多いでしょう。

アーカンジェル代官山

出典:gensen wedding | アーカンジェル代官山


9.[16:10]結びの挨拶

いよいよ結婚式の総仕上げ、「お披楽喜」へ向かうセレモニーへと移ります。新婦から両親への手紙を読み上げたら、記念品や花束を贈呈します。

その後、両家代表として親御様が、続いて新郎が、謝辞のスピーチをして式を締めくくります。これで、披露宴のプログラムは全て終了。当日一番の拍手に包まれ、新郎新婦、続いて両家の親御様が退場します。
THINGS

出典:gensen wedding | THINGS Aoyama Organic Garden.dth


10.[16:30]お披楽喜(おひらき)・送賓

準備が整い次第、退場するゲストを両家両親と二人でお見送りします。はるばる足を運んで来てくれたゲストに、準備したプチギフトを手渡しながら、感謝の気持ちを伝えます。

送賓後は、スタッフへの挨拶と二次会への出発準備に移ります。スタッフへのお礼を渡したい二人は、ここで手渡します。持ち込んだアイテムの回収チェック、当日発生した追加費用の支払いなども、このタイミングで済ませます。
アルカンシエル南青山

出典:gensen wedding | アルカンシエル南青山


11.[18:30]二次会スタート

荷物は家族に預けるか、可能であれば後日引き取りとして会場に預け、二次会へ出発。ただ、予想外に時間が押してしまうこともあるのが結婚式。披露宴と同じ会場なら安心ですが、別会場ならスタート時間は余裕を持って設定するのがベターです。

別会場の場合、二次会スタートは披露宴終了時間から2時間ほど後に設定しておくと、当日ゲストを待たせずに済みそうです。ゲストや幹事から連絡が入る可能性もあるので、携帯電話はこまめにチェックしておきましょう。
テノハ代官山

出典:gensen wedding | TENOHA代官山(テノハ ダイカンヤマ)


12.まとめ| 結婚式のプログラムは二人次第!大事なのは「二人らしさ」

1日の段取りやポイントを掴んで頂けましたでしょうか?

こうして見ると長いように見える結婚式の一日。でも、多くの先輩花嫁さんたちが口を揃えて言うのは、「あっと言う間だった」という感想です。その言葉も意識しながら、当日の幸せな瞬間をできるだけ記憶に刻めるよう、一瞬一瞬を大切に噛み締めて過ごしてくださいね。

また今回ご紹介したのは、あくまでも結婚式当日の“一例”です。ゲストの一番の楽しみは、新郎新婦の「二人らしさ」が当日に垣間見れること。ゲストへのマナーさえ押さえていれば、二人らしさを表現できるプログラムを自由に組み込んでみましょう。

二人らしい結婚式について知りたい方は、gensen weddingの相談カウンターまでぜひ相談にいらしてくださいね。
TENOHA代官山

出典:gensen wedding | TENOHA代官山(テノハ ダイカンヤマ)

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

関連する記事