少人数ウエディングには、自然体の「ありがとう」とあたたかな時間がある

家族や親族、近しい友人のみを招待する「少人数ウエディング」を希望されるカップルが増えてきています。
とはいえ、少人数ウエディングに応えられる会場は決して多くはなく、自分たちらしさを表現できるような「自由度」は低いのも実情です。
実際によく耳にするカップルの声は、以下の3点。
・利用人数は○○人から。最小人数の制限があるから利用できない。
・少人数OK。とはいっても、ホテルやレストランの個室でプライベート感が薄い。
・挙式まで3ヶ月以内の申し込み限定。もっとじっくり用意したいのに…。
少人数ウエディングが注目されている中で、まだまだこれだけの制限があるのです。
そこで今回は、数々の少人数ウエディングの実績を重ねてきたヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館に取材。
少人数ウエディングを挙げるカップルの想いや、少人数ウエディングだからこそできることについて伺いました。
(取材:gensen wedding 編集部/文:クリス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

出典:gensen wedding | ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

 

1.人数制限だけじゃない!あえて少人数ウエディングを選ぶことの魅力とは?

冒頭でも触れた通り、少人数での結婚式を希望される方は増えています。さらに移動の負担や予算の関係上、両家のご両親とご兄弟など、よりふたりに近しい人だけを招待したいというニーズもあります。そうなると、招待する人の人数は10名くらいになる場合も。しかし、最小利用人数の制限がある式場が多いため、なかなか思うように式場選びが進まないという声を耳にします。

今回取材をした「ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館」は、少人数ウエディングを挙げる際の壁となる人数制限が緩い式場です。なんと10名という少人数で、しかも邸宅を丸ごと貸し切れます。

また「ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館」によると、少人数ウエディングを希望されるカップルには、他に共通する点があるそう。それは「ゲストとの交流」を大切にしたいということ。

おいしい料理を食べながら、大切な人と一緒に語らう。そんな、コミュニケーションを大切にした結婚式を望まれる傾向があるそうです。だからあえて、華やかなプログラムやゲストの余興の時間をつくらないカップルも多いのだとか。

また、すでに仕事やプライベートのライフスタイルを確立している人も多く、そのスタイルを崩してまで徹底的に作りこむ結婚式を望まない傾向にあるそう。むしろそれよりも、気を張らずみんなが自然体でいられるような結婚式をつくりたいという人に、少人数結婚式は選ばれているようです。

実際に「ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館」は、「コミュニケーション重視」の少人数ウエディングを数多く手掛けてきました。パーティー会場の各ゲストテーブルには、新郎新婦席を用意。とにかく大切な人たちと近い距離で、普段通りの会話を楽しめるような空間づくりをしているそうです。

また、みんなでテーブルを囲むような晩餐会スタイルが取れるなど、テーブルレイアウトも自由。これなら、本当に身近な人たちとホームパーティーを楽しむ感覚で、結婚式という特別な一日を過ごすことができそうですね。

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

出典:gensen wedding | ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

 

2.「プライベート感」+「結婚式」が生み出す、あたたかな時間

ゲスト一人一人と楽しく過ごすことができる、少人数ウエディング。しかし、まだまだ少人数ウエディングに応えられる会場は決して多くありません。たとえ少人数ウエディングが可能であったとしても、パーティーはホテルの一室でというような形をとる式場も中にはあります。また、他の結婚式とバッティングすることで、大切な人たちとのプライベート感が薄まってしまうことも懸念されます。

その点、今回取材をした「ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館」は、邸宅を丸ごと貸し切って結婚式を挙げられるので、プライベート感もしっかり確保できます。だから他の結婚式を気にせず、大切な人たちとの時間を最初から最後まで満喫できるのです。

さらに式場の3階には、新郎新婦の控室と両家家族専用の控室が隣同士で用意されています。だから、ご友人よりも入り時間の早いご家族とのプライベートな時間をつくることが可能なのです。

控室で過ごす家族水入らずの時間には、普段の親子の会話の中に、ふと感謝の想いがこぼれるようなあたたかな空気が流れているそう。「花嫁の手紙」でなくとも、結婚式で「ありがとう」を伝える方法があることを、教えていただきました。

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

出典:gensen wedding | ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

 

3.少人数ウエディングでも、準備期間はしっかりと

こちらも冒頭で触れた通り、式場の中には、少人数ウエディングは可能でも、3か月以内の式でなければ対応してくれないなんていうところもあります。人数が少ないというだけで、結婚式に込める想いは一緒なのに、準備期間が短くなるというのは、あまり納得できることではありませんよね。

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館」では、利用人数に関わらず、申し込み時期は各々のカップルのタイミングでOK。じっくり時間をかけて、大切な人たちと過ごす結婚式を考えたい人にとっては強い味方ではないでしょうか。

また、「ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館」は「T&G(テイクアンドギヴ・ニーズ)」グループの一員ですが、同グループならではの細やかな打ち合わせで、ぼんやりとイメージしていたものを、しっかり形にしてくれます。

さらに、DIYで作ったアイテムや地元の食材などの持ち込みは原則可能。ふたりの歩んできた背景をとても大切に考えている式場だからこその柔軟な対応力に、これまでも多くのカップルから喜びの声が多数届いているそうです。

「少人数ウエディングだから、多少の妥協は仕方ない」と思わなくて大丈夫。きっと、ふたりの願いをかなえてくれる会場は見つかるはずです。

4.まとめ|少人数ウエディングは、大切な人とのあたたかなひと時を届けてくれる

結婚式が多様化する中で、ますますニーズが高まることが予想される、少人数ウエディング。今はまだ、人数や会場、申し込み時期などに会場都合の成約があるところが多いですが、今後は増えていくことも予想されます。

少人数ウエディングは、大切に想う身近な人たちとの垣根のない、そして一緒にその場の雰囲気をつくることができる、結婚式のひとつの形だと思います。だから、おいしい料理を囲み、近況や思い出を語り合える、主役とゲストの距離が近い少人数の結婚式を作りたいという願いもあって当然なのです。

だから「少人数ウエディングを挙げられるところって、なかなかないよね」とあきらめる前に、まずは気になる式場に問い合わせてみましょう。今回紹介した「ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館」のような会場はもちろん、もしかしたら今、少人数ウエディングに対応するプランを検討している式場があるかもしれません。

少人数ウエディングだからこそ伝えられる、これまでの「ありがとう」や、これからの「よろしく」もきっとあるはずです。自然体の「ありがとう」を伝えられるあたたかな時間を、結婚式で作りませんか?

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

出典:gensen wedding | ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

 

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

  • TOP
  • 結婚式場
  • 少人数ウエディングには、自然体の「ありがとう」とあたたかな時間がある