ようこそ、我が家へ。等身大の海外風ウエディングでみんなに笑顔を届けよう

最近、ホームパーティのような空気感が漂う「海外風ウエディング」を希望されるカップルが増えてきています。
これまでの日本の結婚式ではなかなか見られなかった海外風ウエディング。何かと制限の多い日本の式場で実現することは可能なのでしょうか?

今回は、海外風ウエディングを多く手掛けてきたヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館のプランナーさんに「海外風ウエディングを挙げるために必要な視点」について伺ってきました。
(取材:gensen wedding 編集部/文:クリス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

出典:gensen wedding | ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

 

1.ふたりは家主。アットホームな1日を作るために必要な意識とは?

海外風ウエディングを挙げる際、まずおさえておきたいのは、ふたりのホスピタリティの方向性。ゲストとの近い距離感が魅力の海外風ウエディングを実現したいのなら、いかにゲストがリラックスできる空間を提供できるかどうか、また自分たち自身も気を張らず等身大でいられるかどうかという視点を持つことが大切です。

例えば、会場選び。他の結婚式が同じ時間帯で行われていたり、スケジュールがギチギチにつまっていたりする式場だと、ゲストに窮屈さや慌ただしさを感じさせてしまう原因にもなりかねません。ゲストにリラックスして結婚式の一日を過ごしてほしいなら、時間や空間にゆとりのある会場選びが重要になってきます。

また、ホームパーティのようにアットホームな雰囲気を楽しんでほしいのなら、新郎新婦とゲストが積極的に交流できるような工夫も必要です。自由に行き来できるようなテーブルレイアウトにしたり、プログラムをつめこみすぎたりしないようにして、気軽に新郎新婦のもとにゲストが足を運べるようにするとよいでしょう。

今回取材をしたヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館では、海外風ウエディングを挙げたいというカップルに、あることを意識してもらうそう。それは「ふたりは家主」ということ。

家主であることを意識してもらう理由は、リラックスできる等身大の結婚式を挙げるには、自宅や別荘に招く感覚が必要だからだとヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館のプランナーさんはおっしゃいました。

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

出典:gensen wedding | ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

 

2.これまでの結婚式は、家主なしのホームパーティだった!?

では、結婚式における「家主」は、具体的にどのような動きをするのでしょうか?

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館でまず特徴的なのが、迎賓スタイルのお出迎え。これまでの結婚式では、新郎新婦のお披露目は挙式で行われることがほとんどでした。ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館では、新郎新婦がゲストを一番にお出迎えすることができます。
ゲストは、まさかゲストロビーにドレスとタキシードを着た新郎新婦がいるとは思わないので、一種のサプライズにもなっているそう。

なにより、結婚式という特別な1日のスタートに「来てくれてありがとう」と「結婚おめでとう」を伝えあえるし、写真撮影もできるので、新郎新婦だけでなくゲストにも喜ばれているんだとか。しかも邸宅を貸し切りで使えるので、「いらっしゃい」と自宅のパーティに気軽にゲストを招く、そんなラフな時間を過ごせるのは魅力ではないでしょうか。

また披露宴では、メインテーブルを形式上用意はしますが、各ゲストテーブルに新郎新婦席を設けるようにしています。だから、新郎新婦もゲストのテーブルで、じっくり座って会話を楽しむことができるのです。これなら、主役とゲストという垣根がなく、話に花を咲かせることができそうですね。

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

3.「見守る」から「参加する」へ。笑顔と安心感に包まれる人前式のススメ

ホームパーティのような海外風ウエディングとはいえ、挙式はどうしても厳かな雰囲気に包まれるのでは?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。確かにこれまでの挙式では、ゲストはセレモニーの様子を「見守る」という感覚が強かったかもしれません。
でも最近は、ゲストも「参加する」スタイルの挙式に注目が集まっています。

最近の挙式では、誓いの言葉に柔軟性を持たせることのできる人前式スタイルが人気です。今回話を伺ったヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館でも、人前式を選ぶカップルが増えてきているそう。

実際に、新郎新婦の友人が、ふたりの人柄紹介を交えて「ふたりのことをこれからも仲間として見守っていく」と人前式で宣言したという事例も。この友人による人前式の宣言に、両家のご両親も「こんなにいい仲間に恵まれて、うちの子どもたちは本当によかった」と安心し喜ばれていたそうです。
ゲストも、新郎新婦の人となりを挙式で知ることができるので、披露宴にはあたたかな雰囲気が漂っているんだとか。

また挙式へは、ペットも特別な一日を共有する大切な家族として参加することが可能。肉球署名やリングドッグなどの演出に、参加者からは自然体の笑顔がこぼれるそう。

ゲストにも、ふたりの結婚式を「自分ごと」として楽しんでほしいなら、誓いの言葉のスタイルが自由な人前式という選択も大いにありではないでしょうか。

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

4.海外風ウエディングをとことん楽しみたいなら、見た目も肝心!?

リラックスできる空間づくりも大切ですが、海外風ウエディングをとことん楽しむなら、式場にもあなたのイメージする海外感を。結婚式の1日だけは、日本を離れているような感覚を味わえるような式場を選ぶことで、モチベーションも変わってくると思います。

日本にも海外を思わせる結婚式場が数多く存在します。今回取材をしたヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館も、まるで海外の邸宅で結婚式を挙げているような感覚を味わえる会場の一つ。しかもなかなか珍しい、英国風の、ロイヤルウエディングのような雰囲気のある式場です。
アンティークでヴィンテージな雰囲気は女性のみならず、男性からの支持も多く、「彼が、ここがいいといったので相談に来ました」とカップルが式場の見学に来るそうです。

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

また、天窓に流れる水に太陽光が差し込み、壁に水面の影がうつる幻想的なチャペルも人気。アットホームな結婚式の中にも、神秘的な雰囲気を漂わせることができるんですね。

さらに、屋上には芝生の緑が美しいプライベートガーデンもあります。挙式後に青空のもとで、気楽に乾杯を楽しめる場所として好評だそう。しかも恵比寿という都心にある式場にもかかわらず、電柱のない小高い丘の上にある会場なので、バルーンリリースの演出に対応できます。

パーティの雰囲気はアットホームに。でも脱日本感・非日常感を楽しんでもらえる空間選びも、海外風ウエディングを叶えるには大切ではないでしょうか。

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

5.まとめ|海外風ウエディングは、みんなが主役になれる結婚式の形

海外風といっても、思い描く海外のイメージは、一人一人異なるでしょう。でも、海外の結婚式ならではの、「アットホーム」「リラックス」といった雰囲気は、これまでの結婚式にはなかなか見られなかった傾向なのかもしれません。

「もっと新郎新婦と話したい」「新郎新婦の晴れ姿を見守るだけでは物足りない」
ご友人の結婚式に列席する中で、このような思いを持った経験のある方は、じっくりコミュニケーションの取れる海外風ウエディングも、一つの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか?

主役とゲストの垣根がないということは、みんなが主役の結婚式ともいえると思います。列席者全員が自然体でいられる、そんな空間と時間をゲストも巻き込んで作ってみては?

ヴィクトリアガーデン恵比寿迎賓館

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

  • TOP
  • 結婚式場
  • ようこそ、我が家へ。等身大の海外風ウエディングでみんなに笑顔を届けよう