結婚式も多様化する時代。式場に新郎新婦が求めるべきこととは?

少人数ウエディング・2部制・1.5次会・テーマウエディング…。このように、近年の結婚式は多様化しています。
つまり、これまでの結婚式の常識が、常識ではなくなる時代がやってきているのです。
とはいえ、これらの結婚式の新たな波に対応できる会場は決して多いとは言えません。
そんななか、多様な結婚式ニーズに応え続けている会場がありました。今回は「TENOHA代官山」への取材を通して見えた、多様化する結婚式に対応できる式場の条件についてご紹介します。
(取材:gensen wedding 編集部/文:クリス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TENOHA代官山

出典:gensen wedding |TENOHA代官山(テノハ ダイカンヤマ)

 

1.多様化する結婚式に対応する式場の条件

多様化するウエディングに必要なことは様々あります。カップルごとに条件も異なれば、結婚式に求める理想も人それぞれ違うからです。
ですが、次の2つは求めるウエディングスタイルを問わず、多様化する結婚式に対応するための必要条件だと言っていいでしょう。

1.空間に自由度があること
2.柔軟に提案してもらえること

早速、1つずつ詳しく見ていきましょう。

1-1.空間に自由度があること

結婚式場のほとんどは、利用人数○名〜○名といったように、会場ごとに最適な人数を決めています。
というのも例えば少人数の結婚式の場合、あまりに広すぎる空間だと、人数の少なさが際立ってしまいます。また、歓談メインのパーティーにしたい場合、狭い空間だと自由に動き回れず、肝心の会話を楽しめなくなることも…。

人数1つとってもカップルごとに様々ですから、会場の都合に人数を合わせることが難しくなってきているのです。特に近年は、ゲストとじっくり過ごす結婚式を挙げたいというカップルが増えています。だからこそ、自由なコミュニケーションがはかどるよう、ゆとりがあって動きやすい空間づくりが重要なのです。

さらに最近は、結婚式の思い出をゲストと共有したいという想いから、フォトジェニックな結婚式が大人気!そのため、ふたりらしい装飾やフォトスポットを自由につくりこめて、設置できる空間も必要とされています。

つまり、人数に対し空間にゆとりがあり、かつ空間づかいに大きな制限のない会場が求められているのです。

1-2.柔軟に提案してもらえること

空間の自由度とあわせて、式場スタッフの「柔軟な提案力」にもご注目を。

以前に比べ、持ち込みなど、式場都合の制限を設ける会場は少なくなっています。しかし、多くの制限を設けている会場もまだまだあります。式場のルールがある以上、ウエディングプランナーをはじめ式場スタッフの提案にも制限が生まれてしまいます。

ルールはルールなので、すぐに変えることは難しいでしょう。しかし、そのルール内で、ふたりの理想を叶えるために柔軟な提案ができるかが、その式場のスタッフの力量ともいえます。「できません」で終わらず、「こういう方法でなら、ふたりの理想を叶えられると思います」という発想の転換ができるスタッフさんなら、信頼できるでしょう。

今回取材をした「TENOHA代官山(テノハ ダイカンヤマ)」には、柔軟な提案ができるウエディングプランナーさんがいます。また、プランナーさんの柔軟な提案を加速させている理由に、先述した「自由に使える広々とした空間」が挙げられます。動きまわれ、しかも比較的自由に装飾もできる空間が、プランナーさんの提案の幅を広げているのです。

TENOHA代官山

出典:gensen wedding |TENOHA代官山(テノハ ダイカンヤマ)

 

2.多様なウエディングスタイルに応えている会場の事例

では、「TENOHA代官山(テノハ ダイカンヤマ)」で実際に行った、多様な結婚式の4つの事例をご紹介します。
テーマは「少人数」「ペット」「1.5次会」「ナイトウエディング」。
どれも最近とくに希望の多いウエディングスタイルなので、ふたりが結婚式のテーマやコンセプトを考える上で、とても参考になると思いますよ。

2-1. 少人数ウエディングにピッタリの個室で、アットホームな結婚式

職場の上司や同僚は招待せずに、家族や親族だけで結婚式がしたい、と考えている人も多いのではないでしょうか。ですが冒頭にも書いた通り、少人数ウエディングに対応できる会場がまだまだ少ないため、会場探しが最大の難関だと言っても過言ではありません。

TENOHA代官山(テノハ ダイカンヤマ)」には、実は、広々としたレストランとは別に、家族・親族だけを集めた会食形式の結婚式に対応できる個室があります。少人数でも周囲の視線を気にすることなく、おいしいレストランの料理を楽しみながら、アットホームな結婚式が挙げられるのです。

個室なので、プライベートも確保でき、広すぎない空間だからこそ、家族とのいい距離感がうまれます。あたたかな祝福ムードのなか、ふたりの晴れ姿を見てもらえるそうですよ。

2-2. ミニブタと入場!?ペットウエディングにも多様性が

ペットも大切な家族の一員。だから近年、ペットウエディングへのニーズも高まっています。ペットウエディングに対応している会場は結構ありますが、なんと「TENOHA代官山(テノハ ダイカンヤマ)」では、ミニブタ参加の結婚式をプロデュースしたことがあるそうです。

ゲストに出す招待状には、「ミニブタにあげる野菜を持ってきてくれると嬉しいです」とメッセージを添えることによって、大切な家族の参加を事前にゲストと共有。そして結婚式当日、人前式スタイルの挙式で新郎がミニブタと一緒に入場し、ゲストを驚かせたそうです。

大切な家族だからこそ、結婚式という一生で特別な時間を共有できるのはうれしいですよね。

2-3. 新たなブライダルトレンド「1.5次会」は、ゲストとの時間をより濃密に

2次会よりも少しフォーマルなパーティーとして、最近人気が高まっている1.5次会。挙式は別の会場や海外でしたカップルが、主に友人を招待してすることが多いです。「TENOHA代官山(テノハ ダイカンヤマ)」でも、家族親族だけの挙式後、友人を招いて1.5次会を開くカップルが増えています。

TENOHA代官山(テノハ ダイカンヤマ)」の1.5次会で人気のスタイルは、着席ビュッフェスタイル。ゲストの年齢層やお子様連れへの配慮から、立食ではなく、落ち着いた空間でおいしい食事を楽しみつつ、歓談も楽しめる、1.5次会が支持されています。

会場内にはパーテーションで仕切られたオープンスペースがあるから、100名近くの大人数パーティーにも対応可能。もちろんそこにテーブルを置いたり、料理を並べたりもできます。さらに屋外のガーデンやテラスとフラットにつながっているので、開放感抜群。人数やパーティーの雰囲気に合わせて空間デザインができるので、ゲストとの距離感をぐっと縮められるのです。

2-4. ゲストにもサプライズを。結婚式のプログラムにも多様性を

多様性は、結婚式のスタイルだけではなく、プログラムでも表現できます。

最近では、ゲストとの近い距離感を大切にしたいという想いから、披露宴でゲストへの感謝の想いを伝えた後に、挙式をするというプログラムを組むカップルが増えています。

実際に「TENOHA代官山(テノハ ダイカンヤマ)」でも、披露宴から挙式というプログラムで結婚式をプロデュースしたことがあるそう。なかでも好評だったのが、ナイトウエディング。

その夜は広いガーデンに電飾で装飾を施し、ロマンティックな空間を演出。そこで写真を撮ったり歓談を楽しんだりした後、ゲストに「そろそろお開きかな…」と思わせておいて、挙式をしたんだとか。まさかのタイミングでの挙式にゲストも驚き、その意外性を喜んでくれたそうです。

これまでにあまり見たことのない結婚式は、ゲストにとってもワクワクする時間になると思います。ふたりが結婚式で何を大切にしたいのかを考えた時に、ゲストの存在が大きければ、大胆にプログラムを変更するという選択肢もありではないでしょうか。

TENOHA代官山

出典:gensen wedding |TENOHA代官山(テノハ ダイカンヤマ)

 

3.まとめ|唯一無二のふたりの想いは、多様性を受け入れてくれる式場で実現しよう!

「私たちらしさが光る結婚式にしたい」
「これまでにない結婚式がしたい」
こう思っている人はきっと、これまで参列した結婚式では、何か物足りなさを感じたからではないでしょうか。

憧れの結婚式があったとしても、すべてが一緒の結婚式はありません。新郎新婦の数だけ結婚式にも個性があるのです。その個性をいかすためには、「ゆとりと自由度のある空間」「常識にとらわれない柔軟な提案力」がそろった式場が、多様化する結婚式には必要なのです。

見学したり申し込みを検討したりしている式場が、多様化する結婚式へのニーズに応えられるかどうかは、実際に見たり聞いたりしなければ、判断できないと思います。今回ご紹介した、「ゆとりと自由度のある空間」「常識にとらわれない柔軟な提案力」という視点から式場を見たり、これまでに挙げた結婚式の事例を詳しく聞いたりして、自分たちの結婚式への想いが実現できそうかどうか、しっかりチェックしましょう。

TENOHA代官山

出典:gensen wedding |TENOHA代官山(テノハ ダイカンヤマ)

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

  • TOP
  • 結婚式場
  • 結婚式も多様化する時代。式場に新郎新婦が求めるべきこととは?