「気軽に相談できる」がうれしい! 柔軟性がある結婚式場の共通点とは?

頭に思い描く結婚式を実現するには、「ちょっとわがままかな」と思うような要望も叶えてもらう必要があります。
しかし、結婚式場の都合やプランナーの力量などを理由に、なかなか要望通りにいかないことがあるのも事実です。
柔軟性の高い式場で、理想通りの結婚式を挙げたい!
この願いを叶えるには、どのような視点で結婚式場を選べばよいのでしょうか?
今回は多様な結婚式に対応し、ありとあらゆるカップルの要望に応えてきた「アラマンダガーデン」に、柔軟性がある式場に共通するポイントをうかがってきました。
(取材:gensen wedding 編集部/文:クリス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アラマンダガーデン

出典:gensen wedding | ALLAMANDA GARDEN(アラマンダガーデン)

 

1.担当プランナーが最初から最後までついてくれる

結婚式場には、「分業制」と「一顧客一担当制」の式場があります。

分業制の式場の場合、準備が始まってからは打ち合わせ専任のプランナーが担当してくれます。打ち合わせに特化したプランナーなので、日程調整がしやすかったり準備がスムーズに進めやすかったりなどのメリットがあります。

一方、一顧客一担当制の式場の場合、ふたりの窓口は最初から最後まで同じプランナーです。見学時からふたりの想いに触れている人にずっと相談できるので、信頼関係が築きやすいというメリットがあります。

どちらの式場もふたりの結婚式をしっかりとサポートしてくれることに違いはありません。ただ、ふたりが「自分たちの想いを言葉にするのが苦手」「ずっと同じ人が担当してくれたほうが気軽に相談できそう」だと思うのなら、「一顧客一担当制」の式場を選ぶことをおすすめします。

今回話をうかがったアラマンダガーデンも、見学から結婚式当日までをひとりのプランナーが見守ってくれる、一顧客一担当制の式場です。

アラマンダガーデンが一顧客一担当制を採用しているのは、ビジュアルだけではない、ふたりが本当につくりたい、伝えたい結婚式をふたりの想いからつくりあげていくことを大切にしているから。そのため、ふたりの生い立ちや馴れ初め、大切に想っている人、当日お招きするゲストのことなどを丁寧にヒアリングするコンセプトミーティングに力を入れています。

結婚式に対するふたりの想いを丁寧に紐解いていくので、「まだ具体的なイメージはない」「会場づくりのヒントとなるような趣味や好きなものがない」という人でも、打ち合わせをする中で結婚式当日の風景がイメージできるようになるそうです。

アラマンダガーデンはレストランウエディングの式場ですが、レストランウエディングの場合、ホテルや専門式場にいるような経験豊富なプランナーがいないのではと不安に感じる方もいらっしゃいます。その点アラマンダガーデンのプランナーさんは、いろんなタイプの式場で経験を積んできたかたばかり。プランナーのスキルとして重視されるヒアリング力と提案力には定評があります。

結婚式のコンセプト決めをはじめとする打ち合わせは契約後に始まります。しかし契約前の見学時に話した内容にも、ふたりの結婚式のキーワードがあるかもしれません。見学時からふたりの想いを知り尽くした人とつくる結婚式にはきっと、安心感があるはずですよ。

アラマンダガーデン

出典:gensen wedding | ALLAMANDA GARDEN(アラマンダガーデン)

 

2.プランナーを支える強力なメンバーがいる

理想の結婚式は、ふたりの想いを知り尽くしたプランナーの力だけではつくりあげられません。シェフやサービスなど、各部門の結婚式場スタッフの力が合わさることで結婚式は成り立ちます。そして結婚式場の各部門スタッフのスキルが高ければ高いほど、サービスの質が上がるので、ふたりもゲストも満足できる結婚式が挙げられます。

レストランウエディングの経験が豊富なスタッフがそろっている、アラマンダガーデン。

レストランウエディングならではの、料理のサポートには驚かされました。例えば、ビーガンの方をお招きした新郎新婦の結婚式では、そのゲストのためだけに特別コースを用意したそうです。
その新郎新婦は、卵や乳製品を含む、動物性食品を口にしないビーガンの方もおいしい料理でもてなしたいと考えていました。そこでアラマンダガーデンでは、ふたりに要望をヒアリング。そこからシェフに、ビーガンのゲストに提供するオリジナル料理をアレンジしてもらい、その料理を試食したふたりは大満足!「これで大切なゲストを安心して招待できます!」と喜んでいたそうです。

アラマンダガーデンがこのようなサポートをしているのは、新郎新婦がゲスト一人ひとりのことを想うのと同じように、式場スタッフもゲスト一人ひとりの喜びを考えて結婚式の準備をお手伝いしているから。ふたりが結婚式で大切にしたいことを実現するための最大限の提案をしてくれます。

プランナーの提案力の幅を広げてくれる式場の各部門スタッフのプロ意識の高さは、ふたりの結婚式の満足度をぐっと高めてくれるでしょう。

アラマンダガーデン

出典:gensen wedding | ALLAMANDA GARDEN(アラマンダガーデン)

 

3.とりあえず伝えよう! 気軽に相談できるプランナーの心強さ

どんなに素敵なプランナーやスタッフがいる式場であっても、自分たちの想いを伝えないことには理想の結婚式づくりはできません。しかし、「迷惑にならないかな?」「さすがに無理だよね」と遠慮して要望を伝えられなかったというカップルの声を耳にすることがあります。要望を伝えるのは、意外に勇気がいることですよね。

要望を伝えるのも、結婚式場の担当プランナーとの信頼関係がしっかり築けていれば、気軽に伝えられるようになるものです。

アラマンダガーデンは一顧客一担当制に加え、とても気さくなプランナーさんがいつでもふたりの相談を待っていてくれます。

たとえば、多くのカップルが頭を悩ます持ち込み。アラマンダガーデンにも提携先はありますが、ふたりが思い描く結婚式に必要なものであれば、持ち込みの相談にも最善を尽くしてくれます。

また近年は、少人数や1.5次会、2次会、海外挙式後のパーティーなど、結婚式も多様化しています。アラマンダガーデンはこれらの多様な結婚式スタイルにも対応できるので、気軽に相談してくださいとおっしゃってくれました。

もちろん、打ち合わせ開始時期や回数の相談も可能です。たっぷり1年、時間をかけて結婚式をつくっていくカップルもいるそうです。逆に遠距離でなかなか都合がつかないカップルの場合は、少ない回数の中でしっかりと内容をつめるサポートをしてくれます。

とにかく「何でも気軽に相談できる」のが、アラマンダガーデン。「ふたりらしい結婚式に必要なものを」と考えている式場だからこそ、どんな声にも耳を傾け実現する方法がないかを模索してくれますよ。

理想の結婚式は、声に出さなければ形にできません。遠慮せず気軽に相談できるプランナーの存在は、理想の結婚式をつくりあげてこうと頑張るふたりの心の支えとなってくれると思います。

アラマンダガーデン

出典:gensen wedding | ALLAMANDA GARDEN(アラマンダガーデン)

 

4.まとめ|ふたりの想いへの深い共感とスタッフ間の協力が生み出す柔軟性

理想の結婚式をつくるには、式場スタッフの力が必要不可欠です。
式場スタッフ一人ひとりのスキルが高いだけでなく、プランナーとそれぞれの部門のスタッフが支え合う式場なら、ふたりの想いを実現するための方法をとことん考え実践してくれるでしょう。

また、ふたりの想いは思いがけないところで見つかるかもしれません。ふたりの想いを束ねるプランナーが最初から最後までしっかり寄り添ってくれる式場なら、結婚式当日を頭に思い描きながら準備が進められるでしょう。

ふたりの想いに結婚式場のスタッフが深く共感することで、スタッフ間の支え合う力も強まります。だからこそ「難しいかも…」なんて思わずに、目の前の頼れるプランナーさんへ気軽に相談してみましょう!

アラマンダガーデン

出典:gensen wedding | ALLAMANDA GARDEN(アラマンダガーデン)

 

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

関連する記事

  • TOP
  • 結婚式場
  • 「気軽に相談できる」がうれしい! 柔軟性がある結婚式場の共通点とは?