披露宴からの挙式もひとつの手!ふたりの想いをゲストに伝えるのに最適なカタチを実現できるオリジナルウエディング

「結婚式」といえば、挙式→披露宴→二次会というのが流れとしては王道ですよね。最近ではさまざまなスタイルも増えてきて、海外ウエディング&帰国後の1.5次会パーティも人気の様子ですが、やはり王道の形がまだまだ多い印象です。たしかに、結婚式を挙げるふたりもイメージしやすいですし、ふたりがこれがいちばん!と思うのであればそれがぴったりな方法なのです。

でも、「王道の結婚式だとなんだか違和感」と思う場合はどうすればいいでしょうか?今回は、結婚式の既成概念を取り払って新しいスタイルを実現した、あるカップルの事例をご紹介します。オリジナルウエディングに憧れている方はもちろん、自分たちらしい結婚式のイメージ作りにきっと役立つはず! (取材:gensen wedding 編集部/文:Miki.N)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HAKU

出典:gensen wedding | HAKU


1.結婚式は披露宴から挙式の順に。その想いとは?

挙式で新郎新婦が誓いを立て、披露宴でふたりの馴れ初めや人柄をお披露目する、といった進行が一般的とされている結婚式。しかし今回の新郎新婦さんは、その流れに違和感をおぼえていました。

ふたりのうち片方のゲストにしてみると、自分の友人の結婚相手に会ったこともない、どんな人なのかもあまりわからないのに誓いを見届けてもらって、本当の意味で祝ってもらえるのかな?と。それは、この新郎新婦さんが物事の背景にある意味を、とても大事にしているふたりだったからです。

そこで、ふたりのウエディングをプロデュースしたHAKUは提案しました。「まずはふたりの人柄を知ってもらってから誓いを見届けてほしい」という想いに応え、披露宴をおこなってから挙式するという、通常とは逆の順にしたのです。

まず披露宴では、ふたりの人柄がわかるようなコンテンツを盛りこみ、「こんな理由とストーリーがあるから、このふたりが結ばれて、素敵な結婚生活が始まります」と知ってもらいます。その上で挙式に参列していただいて誓いを見届けてほしい、というゲストへのメッセージをこめて。そして結婚式当日。披露宴は大いに盛り上がって大成功!みなさんお酒を飲まれていたにもかかわらず、挙式が始まると自然と空気が引き締まって、しっかりと誓いを立てることができたそうです。

披露宴

出典:gensen wedding | HAKU


2.招待状も会場装飾も「宝箱」!?オリジナルデザインが楽しい!

旅行に行った時にお互い同時にサプライズをしようとするなど、普段から想いを伝え合うことが大好きなふたり。出かけた時のチケットや、その時の思い出の品を宝箱に入れて、ふとしたときに開けてその時のことを思い出せるようにしていました。そんな素敵な背景をヒアリングで引き出したHAKUは、ふたりにとってゲストは宝物であり、ふたりの宝物をゲストとシェアするという気持ちをこめて、「アワー トレジャー ボックス」というコンセプトを打ち立てました。

そこでこだわったのが、まず招待状。招待状自体が地図になっていて、道を辿っていくと、ふたりの出会いから始まり、たくさんの人との出会いがあって結婚式当日を迎える、というふたりのストーリーがもとになっています。そしてまた、招待状は組み立てられるデザインになっていて、組み立ててみるとなんと宝箱に!しかも箱の中をのぞくと、みんなで乾杯をしているデザインと、ふたりのあいさつ文が現れるという素敵なサプライズが!まさに“唯一無二”の招待状。こんな招待状が届いたら、結婚式に行く前から楽しい気持ちになりますよね。

招待状

出典:gensen wedding | HAKU

また、会場の装飾は会場自体を宝箱に見立て、「ゲストに宝箱に入ってきてもらう」というイメージのコーディネートにし、入口を鍵穴風のデザインに。新郎新婦が座る高砂席の背景にもいろんなボックスを積み上げたり、ゲストのテーブル上も花だけでなく箱をたくさん使ったりと、まさに宝箱がたくさん詰まった楽しい装飾に仕上がりました。「宝箱」という抽象的なイメージから、これだけわくわくするオリジナルコーディネートができ上がるのは、さすがプロフェッショナルですね。

鍵穴

出典:gensen wedding | HAKU


3.ふたりの想いをゲストに伝える、それが“オリジナルウエディング”

オリジナルウエディングと聞いて、ふたりらしい会場だったり、ステキな装飾やウエディングドレス・タキシードを想像する方も多いかと思います。でも今は会場以外にも、結婚式そのものをプランニングしてくれるプロデュース会社があります。

プロデュース会社によってそれぞれ特徴がありますが、なかでもふたりの「想い」や「価値観」から結婚式をつくり上げるのがHAKU。HAKUは、想いや価値観といった抽象的なものをカタチにするため、特にヒアリングに力を入れています。ふたりの大事にしていることを引き出し、ふたりに合ったコンセプトを提案。そして、それを招待状や装飾、結婚式当日の進行といった具体的なカタチに落としこんでくれるのです。

ふたりの想いがカタチになるということは、ほかの誰ともかぶらない、これぞまさに“オリジナルウエディング”。あなたは結婚式で、ゲストにどんな想いを伝えたいですか?

オリジナルウエディング

出典:gensen wedding | HAKU


4.まとめ|結婚式は大好きな人たちと過ごす、一生に一度の幸せな時間だからこそ

披露宴と挙式が逆の順というのは新しいパターンですが、この新郎新婦さんの想いに共感したカップルも少なくないのではないでしょうか?ただ単に、結婚するから結婚式を挙げるのではなく、ゲストに自分たちのこと、そしてどんな想いを持って結婚するのか伝えられたら、よりみんなの思い出に残るウエディングになりそうです。だって結婚式は、自分たちの大好きな人たちと過ごす、一生に一度の幸せな時間なのですから。オリジナルウエディングを考えているカップルに選択肢の一つとして、また、結婚式の意味を考えるうえで、ぜひ参考にしてほしい事例です。

まとめ

出典:gensen wedding | HAKU

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

関連する記事

  • TOP
  • 結婚式の流れ・内容
  • 披露宴からの挙式もひとつの手!ふたりの想いをゲストに伝えるのに最適なカタチを実現できるオリジナルウエディング