ゲストの心にも残る結婚式をつくるには?「伝統」と「革新」を大切にするウエディングのかたち

結婚式に参列したことのある人に、突然ですが質問です。なんとなく「置いてけぼり」な感覚を味わったことはありませんか? 「自分たちらしさ」を重視するカップルが増えてきた現代のウエディングシーンにおいて、主役と参列者の間になんとなく温度差があることは、案外あるもの。

でも「自分たちだけ楽しめればいい」なんて考えている人は、そうそういないと思います。では、ゲストを置いてけぼりにしない「みんなが楽しいと思える結婚式」をつくるためには、どのような準備や考え方、行動が必要なのでしょうか?

今回は、結婚式における「伝統」と「革新」のどちらも大切に考えるフルスロットルズに、「みんなが楽しめる結婚式」作りに必要なことを伺いました。 (取材:gensen wedding 編集部/文:クリス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フルスロットルズ

出典:gensen wedding | 代々木ビレッジ by kurkku


1.伝統と革新を大切に。ゲストの心にも残る結婚式に必要なこと

昔の日本の結婚式といえば、家と家をつなぐための意味合いが強いものでした。でも現代の結婚式は、家族や友人など大切な人と特別な時間を作り、思い出を共有する意味合いが強くなってきています。だからこそ「自分たちらしい」結婚式でおもてなしをと考えるカップルが増えているのです。そこで、あまりに「自分たちらしさ」を重視しすぎると、主役の二人とその近辺の友人しか楽しめていない…なんてことも起こり得るのです。

実際に筆者も、新郎新婦の大学時代の友人同士が飲んで食べての大盛り上がりのなか、高校時代の友人や勤務先の上司・同僚、さらには両親まで静まり返っているという結婚式を見たことがあります。このような事態を招かないために必要なのは、「結婚式の文化や伝統」も理解することです。

なにもかもを知る必要はなく、両親世代によく見られた結婚式の光景などを簡単におさえておくだけで大丈夫です。さまざまなゲストをお呼びする結婚式では、世代によって通ってきた式のスタイルが異なります。トレンドの式だけでなく、伝統的な式のかたちも知ることで、年代に合わせた「おもてなし」の在り方が見えてきます。そこでもし、自分たちが準備している結婚式に「これは必要かも」と思うポイントがあれば、演出や雰囲気作りにつけ加えたり、式中の細かな配慮の部分はスタッフにお願いしたりして、補うとよいでしょう。

ただし、自分たちで結婚式の歴史を振り返るのは難しいもの。そんなときこそ、結婚式の変遷やイロハを知りつくしたプランナーに相談しましょう。自分たちの結婚式になにを加えたら、ゲストに喜んでもらえるかアドバイスをしてくれます。フルスロットルズのレストランウエディングプロデュース会社「SWEET W Tokyo Wedding」のプランナーは、老舗ホテル出身のスタッフによる教育を受けているので、伝統的な結婚式にも詳しい方ばかり。伝統も大切にしながら、トレンドもしっかりおさえた結婚式を提案し、一緒作ってくれるそう。

自分たちを祝福しにきてくれるゲスト全員に喜んでもらうために、「温故知新」の心を持つことも忘れないようにしましょう。

伝統と革新

出典:gensen wedding | 代々木ビレッジ by kurkku


【参考記事①】:【和婚×オリジナルウエディング】ゲストから称賛の嵐♪先輩カップルの結婚式密着取材レポ@クラシカ表参道(前編)
【参考記事②】:【和婚×オリジナルウエディング】ゲストから称賛の嵐♪先輩カップルの結婚式密着取材レポ@クラシカ表参道(後編)


2.良いおもてなしには、心にゆとりのもてる結婚式の準備とフォローが必要

ゲストにも結婚式を楽しんでもらうため、おもてなしに工夫を凝らすとなると準備にも時間がかかります。とはいえ、結婚式準備だけに集中できる人は、なかなかいないと思います。仕事が忙しかったり、妊娠中だったりすると、結婚式の相談カウンターに足を運ぶのも大変です。

このように結婚式を挙げるカップルの多様なスタイルに合わせて最近は、打ち合わせや準備期間の場所や時間に柔軟性のある相談カウンターや会場もあります。
今回取材したフルスロットルズのレストランウエディングプロデュース会社「SWEET W Tokyo Wedding」でも、カップルの多様なスタイルに合わせたサポートをしているそう。過去の事例によると、花嫁さんが妊娠中で外出するのが難しかったため、自宅で打ち合わせをしたことも。
また、仕事で忙しい方は、会社のロビーまで出向いて打ち合わせをした事例もあるのだとか。これらはあくまでもイレギュラーな対応ですが、他に、タクシーロケハンのサービスもあり、ふたりの納得いく式場探しや紹介も、徹底的にサポートしてくれます。

もちろん、結婚式当日のサポートもしっかりと。披露宴会場のレストランだけでなく、紹介した挙式会場に必ず立ち会い、スムーズな誘導への配慮など細やかなサービスが、新郎新婦の心の支えになっているそう。

ふたりの現状に寄り添ったフォローを心がけているプロデュース会社や式場なら、ドタバタせず、心にゆとりを持って準備をすすめられます。そして、ゲストひとりひとりへむける「おもてなし」のかたちについて、考えをまとめ、当日の動きをイメージする時間がもてるはずです。

フォロー

出典:gensen wedding | 代々木ビレッジ by kurkku



【参考記事】:準備段階から、じわじわ効いてくる☆新郎新婦に寄り添いまくる! がマインドの会場をチェック


3.まとめ|伝統もトレンドもおさえて、心に残る結婚式を

「おもてなし」の心をないがしろにして、結婚式の準備を進める人はいないでしょう。でも、その「おもてなし」になにが必要なのか、一度冷静に考え見直してみることで、より参加者全員が楽しめる結婚式に近づくと思います。これまでの結婚式で大切にされてきた文化や伝統も大切に、今の自分たちにしかできない結婚式を、ウエディングシーンを知りつくした頼れる人と一緒に作りあげていきませんか?

まとめ

出典:gensen wedding | 代々木ビレッジ by kurkku

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

関連する記事

  • TOP
  • 結婚式の流れ・内容
  • ゲストの心にも残る結婚式をつくるには?「伝統」と「革新」を大切にするウエディングのかたち