アイデアなしでも大丈夫♪2人らしさが感じられるウエディングの作り方

自分たちらしいオリジナルのウエディングが注目を集めています。でも、そう考えると「“自分たちらしさ”って何?」と考え込んでしまうことも。そんな悩めるカップルのサポートに力を入れている『シーサイドリビエラ』では、どのように新郎新婦らしさが感じられるウエディングを作り上げているのか。ちょっとのぞいてみませんか? (取材:gensen wedding 編集部/文:Y.Tajima)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800_600_6

出典:gensen wedding | シーサイド リビエラ  


1. 型にはまった打ち合わせが、ありきたりなウエディングを生み出す?

結婚式の準備では数多くの打ち合わせを行いますが、結婚式場によって、打ち合わせスタイルは様々です。とはいえ、限られた時間の中で決めなければいけないことが多く、なかなか踏み込んだ打ち合わせはできないもの。「当日の流れは?」「招待状のデザインは?」「余興や演出、BGMは?」「ヘアメイク、衣装は?」「料理は?」「お花は?」と、テンプレート通りの打ち合わせをしているうちに、気が付いたらよくある結婚式になってしまった…ということも。

主役はもちろん、参加するゲストだって、2人らしさが感じられる結婚式の方が嬉しいもの。「参加してよかった!」「2人の幸せそうな姿を見られて何より」と思ってもらえるようなウエディングにしたい……でも、イチから自分たちで考えるようなアイデアも余裕もない。そんなプレ花嫁のために、初回カウンセリングからじっくり時間をかけて、2人らしさが感じられるウエディングを提案してくれる会場を見つけました!

MOTY4995

出典:gensen wedding | シーサイド リビエラ  


2. 新郎新婦のメモリアルシートを元に踏み込んだカウンセリングで2人らしい結婚式に

シーサイド リビエラ』では、申し込み時に新郎新婦に『メモリアルシート』を渡します。2人のそれぞれがこのシートに、『メモリアルシート』には、小学校、大学・専門学校、社会人、今、という4つの時代ごとに、関わった人々やトピックスなどを2人がそれぞれ書き込んでいきます。そのシートを元にして、第一回の打ち合わせはカウンセリングからスタート。

結婚式では「これまでの感謝の気持ちをゲストに伝えたい」という方がほとんどですが、感謝の気持ち一つをとっても、両親、上司、友人、それぞれ違っているはず。できるだけ具体的に、2人のこれまでの人生をプランナーと一緒に振り返ります。ちょっとしたエピソードでも一歩踏み込んで話していくうちに、新郎新婦の2人が何のために結婚式をするのか、結婚式でゲストにどんなことを伝えたいのかがだんだんはっきりしてきます。
MOTY3180

出典:gensen wedding | シーサイド リビエラ  


3. 話すことで見えてくる、結婚式で一番こだわりたかったこと

ある花嫁は、「ナチュラルな雰囲気が好きで、緑いっぱいの自然を感じるような結婚式にしたい」という希望からカウンセリングをスタート。なぜナチュラルな雰囲気が好きなのか?自然に憧れる理由は?と踏み込んで話をしてみて初めて、花嫁が昔いた実家の山形の自然豊かな風景がバックグラウンドになっているという気づきにつながり、そこからプランナーの「それなら、山形の名産品を何か取り入れては?」というアイデアにつながったことも。

またある花嫁は、「デザートビュッフェをやりたい」と思っていたそう。なぜデザートビュッフェにこだわるのかをプランナーが詳しく聞いていく中で、「女性から年配の方まで、甘いもの好きのゲストが多いから」というところに行きつきました。それで、「せっかくだから、和菓子やアイスクリームもラインナップに加えましょう」と、オリジナリティのあるデザートビュッフェのアイデアがカタチになっていったのです。

他にも、お酒好きなカップルなら、ドイツのオクトーバーフェストをイメージしてドイツビールを用意したり、地元のビールを並べたり。こうした工夫はやっぱり、新郎新婦とプランナーがじっくり時間をかけて話すことによって生まれるもの。また、新郎新婦から「どうしても」とお願いされた時だけやってくれるのではなく、プランナーの方から積極的に提案してくれるので、一つ一つの式が「世界で一つだけの、オリジナルウエディング」になっていきます。
SR逕サ蜒・_MG_1926

出典:gensen wedding | シーサイド リビエラ  


4. マイファームで育った野菜でゲストをおもてなし♪

もう一つ、『シーサイド リビエラ』ならではの特徴があります。敷地内に新郎新婦専用のファームを作って、野菜を育て、実際に収穫した野菜を結婚式当日の料理に使用するんです。

具体的には、2回目の打ち合わせ時に種を選んで2人で種まきし、それ以降は、様々な部署のスタッフが交代で手入れをして育てていきます。野菜のお世話をするために2人がファームに通うことはありませんが、専用のWEBサイトに、発芽の状態や育っている様子を写真でアップしてもらえるので、自分たちで育てているような気持ちを共有できるのも嬉しいポイント。

野菜の種類は挙式日から逆算して、2~3ヵ月で育つレタスやほうれん草、ベビーリーフなどの葉物が中心になりますが、2人の名前を付けたファームで育った野菜は、ゲストにとってもひときわおいしく感じられるはずですよね。
800_600_20

出典:gensen wedding | シーサイド リビエラ  


5. まとめ|自分たちらしさを引き出してくれるプランナー・式場選びがカギ

“2人らしさ”は、どのカップルも持っているものですが、自分たちではなかなか気づけないこともあります。第三者であるプランナーだからこそ気づけること、見えることもあるので、イチから自分たちで考えようとせず、プランナーも含めて3人で一緒に考えていける式場選びがベストですね。

もちろん、プランナーがただエピソードを聞きだすだけでは、演出や企画になかなか結び付きません。そこで『シーサイド リビエラ』では、プランナー自身のことも知っていただくため、プランナー用のカウンセリングシートにプライベートの情報や写真、趣味やニックネームなどを記入して、カップルに渡しているそうです。一方的ではなくお互いを知ることよって、新郎新婦とプランナーの距離がぐっと縮まり、より充実したカウンセリングが可能になるとのこと。これまで多くの式場を取材してきましたが、ここまでカップルに深く真剣に関わってくれる式場は希少ですよ。

800_600_5

出典:gensen wedding | シーサイド リビエラ  

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

関連する記事

  • TOP
  • 未分類
  • アイデアなしでも大丈夫♪2人らしさが感じられるウエディングの作り方