ゲスト満足度120%!オリジナルウエディング人気の演出をリサーチ!

最近、「自分たちらしさ」や「オリジナル感」を重視する新郎新婦が増えつつあります。オリジナルの結婚式はふたりらしい雰囲気や演出にこだわれることが魅力ですが、凝りすぎて「やらなければいけないことが多い!」と感じてしまうカップルや、式に参加したあと疲れきってしまうゲストもいるはず。そうならないためにも、ゲストが自然体で過ごせる時間&演出を次々と生み出している『THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』で、新郎新婦から支持されている演出やトレンドを、チェックしてみましょう。 (取材:gensen wedding 編集部/文:kyoro)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

_OND1551+2

出典:gensen wedding |THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート)

 

1. 余興も演出も“何もしない結婚式 ”がトレンド!?

結婚式の定番といえば、友人グループによる余興や、ウエディングケーキ入刀などの演出を思い浮かべる方も多いのでは。でも、「余興を頼むと友人に負担をかけるのでは?」と心配になったり、「みんなに喜ばれる演出をしなければ!」と意気込みすぎたりして、あれこれ考えているうちに、楽しいはずの結婚式が億劫になってしまうカップルもいます。

そんな中で、今注目されているのが“何もしない”結婚式。友人の余興もスピーチも、新郎新婦による演出も、がんばって詰め込むのはもうやめよう、という新郎新婦が増えてきているのです。しかし、せっかく集まってくれるゲストにとって、演出も余興も何もしない披露宴は、果たして本当に楽しんでもらうことができるのでしょうか?



025

出典:gensen wedding |THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート)

 

2. “何もしない結婚式 ”はゲストが飽きる?

一般的な披露宴は、主賓の祝辞、乾杯の発声、ウエディングケーキ入刀…と様々なプログラムがあって、お色直しのあとは、キャンドルサービスや友人による余興、デザートビュッフェ、花嫁の手紙…と、多くのことを約2時間半で行うので、まさに分刻みのスケジュール。ゲストにとっても、あっという間に時間が過ぎていきます。

しかし、“何もしない”結婚式となると上記のほとんどがありません。もしも食事を楽しんで、同じテーブルの人たちと会話を楽しむことがメインとなると、顔見知りのいないゲストにとってはただの“退屈な食事会”になってしまう危険も…。また、新郎新婦が自由にゲストと交流できるとはいえ、ゲストによってはタイミングがわからず、なかなかふたりに話しかけられないまま終わってしまう、なんていうことも考えられます。

新郎新婦やゲストが何もせずに、しかもゲストが時間を持て余すことなく、“楽しかった”と思える結婚式。それを可能にしている結婚式場が『THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』です。その秘訣を詳しく見ていきましょう!



015

出典:gensen wedding | THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート)

 

3. 成功の秘訣は、ゲストが自然に一体感を楽しめる演出

“何もしない結婚式”を成功させる秘訣。その1つは、オープンキッチンのある会場を選ぶことです。『THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』では、3つのパーティー会場すべてにオープンキッチンを完備。しかもそこで行われるシェフによる演出が、卒花さんやこれまで参列したゲストに好評なのです。

例えば、オープンキッチンでシェフが行うフランベなどの料理パフォーマンスは迫力満点!見た目の楽しさだけではなく、音や香りに食欲がそそられる演出です。そしてその後、シェフ自ら料理を取り分けながら、料理に込められた思いをゲストに語ってもらえるので、ゲストは一気に二人のおもてなしを体感することができます。

また、ワッフルを焼いたりコットンキャンディーを作ったりする、ライブデザートの演出もゲストを釘付けに!なかでも好きなトッピングを選び、コールドストーンの上でオリジナルのアイスクリームを作りあげるパフォーマンスは、子どもゲストが駆け寄ってきて、ガラス越しにかじりつくように見入ってしまうほど人気だそう。スイーツとしてはもちろん、お酒を飲んだ後の口直しとしても評判が良いそうですよ。

2つ目は、ゲスト参加型の演出を自然なかたちで取り入れること。装花のクオリティにも定評のある『THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』では、「フラワービュッフェ」の演出が話題を集めています。フラワービュッフェとは、受付にズラッと並べた色とりどりのお花の中から、ゲストが好きなお花をチョイス。テーブルに用意されたフラワーベースに飾って、ゲストが思い思いにテーブルの装花を作り上げていきます。プロが手がける完成度の高い装花も素敵ですが、ゲストが装花作りに参加することによって自然と会話が生まれ、会場の温度も最初からあたたまるというわけです。



料理⑤デザート

出典:gensen wedding | THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート)

 

4. 新郎新婦やゲストの一言から日々生まれる演出のアイデア

なぜ、こんなに数多くのアイデアが次々と登場するのでしょうか。『THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』では“ゲストの過ごし方をどう作っていくのか”を重視し、新しいものをどんどん生み出していこうという体制が会社としてできています。その1つが、アイデアの公募です。

アイデアの公募は月に一度行われ、全スタッフが新しいアイデアを提出。3カ月間で提案されたアイデアの中から優れた案が社内表彰され、そこから商品化を進めていきます。中には企画が決まってから1カ月でカタチにして、実際に結婚式に取り入れられたアイデアも!SNSの影響もあってウエディングのトレンドは日々更新されるので、こうしたスピード感のある対応は嬉しいですよね。

しかも、それらのアイデアは、新郎新婦との打ち合わせでプランナーが直接聞いた声や、実際に結婚式に参列したゲストから聞いた一言がヒントになっているというから、SNSで得られる情報よりずっとリアルです。

ふたりにとって大切なゲストが満足できる時間を、どうカタチにするのか。常にスタッフ全員が意識している『THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』。スタッフ同士でこまめにミーティングを行い、また時には、プランナーがキッチンに出向いて厨房のメンバーから演出のヒントを得ることも。
こうして常日頃からお互いに意見を交わし合い、自然とアイデアを考える仕組みが整っているからこそ、ウエディングシーンではあまり見たことのないようなオリジナルの演出が次々と生まれていくのです。だからこそ、難易度の高い“何もしない結婚式”を、ゲストが飽きることなく120%楽しめる結婚式にできるのかもしれません。



013

出典:gensen wedding |THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート)

 

5. まとめ|結婚式の常識にとらわれない、“ゲストが楽しめる演出”を

時代の流れとともに、結婚しきのトレンドも日々変化しています。ケーキ入刀やキャンドルサービスなどの新郎新婦による演出や、友人による余興をしなければいけないという“結婚式の常識”に縛られるのではなく、ゲストが自然に楽しめる演出を提案してもらえる会場を選ぶことで、誰も無理をすることなく、心から楽しめる結婚式が実現するのです。ゲストと新郎新婦が何もしなくても楽しい時間を過ごせて、会場が笑顔でいっぱいになるような結婚式を、あなたも『THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート) 』で叶えませんか?



022

出典:gensen wedding |THE CLASSICA BAY RESORT(ザクラシカベイリゾート)

 

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

  • TOP
  • 結婚式場
  • ゲスト満足度120%!オリジナルウエディング人気の演出をリサーチ!