新郎新婦からの余興!?結婚式でのファーストバイトの意味

ファーストバイトはケーキ入刀の後に、新郎新婦がお互いに食べさせあう今では結婚式に欠かせない定番のイベントです。 ファーストバイトの意味を知ることで、自分たちの式をより盛り上げることができます。面白い演出も紹介しますので参考にしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お互いが誓い合う儀式

ファーストバイトは、新郎新婦がお互いに食べさせ合うことで、ゲストの前で食べるものにお互いが一生困らないように、それぞれの立場で誓い合うという素敵な意味をもつものです。
食べさせ合うことで新郎新婦の普段の素顔を見れることもできるので、笑いを誘い結婚式が盛り上がる演出として高い人気があります。ケーキ入刀の後に行うことで、今まで緊張していた場を和やかにさせる効果もあります。

指輪

新郎から新婦へ

順番として新郎から新婦に先に食べさせます。これには「あなたが食べるものに困らないように、自分が一生懸命働きます。なので一生ついてきてください」という意味があります。
新婦が大きな口をあけなくてすむように、新郎はケーキを小さめにスプーンに取って食べさせるのがポイントです。新婦が新郎に「ここが食べたい」とリクエストするのも微笑ましいですね。

ファーストバイト

新婦から新郎へ

新婦から新郎へ食べさせるのは、「結婚生活であなたのお腹がすかないように、美味しい食べ物を一生懸命作るので食べてくださいね」という意味を持ちます。
新郎がスマートに行われたのに対し、新婦から新郎に食べさせるときは笑いを取るような演出が行われるのが定番になってきています。新郎がスプーン山盛りのケーキを、こぼさないように口いっぱいに頬ばる姿に笑いが起こります。

ファーストバイト

小物で盛り上げる

最近では、ファーストバイトのときに「スプーンでは物足りない」と面白い小物を使って、さらに盛り上げる人たちも増えてきています。
人気なのは、新婦の等身大くらいある大きいスプーンです。新郎は口だけでなく、顔中クリームまみれになり大盛り上がりです。新婦が大きいスプーンを使う姿も可愛らしく絶好のシャッターチャンスの瞬間です。

ケーキ

ラストバイトで感動に包まれる

最近では、ファーストバイトの後に自分の母親からケーキを食べさせてもらう、ラストバイトの演出にも注目が集まってきています。
自分たちが赤ちゃんのときから母親に食べさせてもらい、結婚を機に新しい家庭を築きあげる前に最後に食べさせてもらうラストバイト。今までの感謝を伝えることで、より感動的な演出になり盛り上がります。

フラワー

おわりに

ファーストバイトは、結婚式で自分たちらしさをアピールできる最高の演出です。
上記に紹介した以外にも、日本人らしくしゃもじを使って食べさせたり、反対に自分たちが母親に食べさせるというようなアイディアもあります。
他にも、ゲストと一緒に楽しむということもできます。自分たちらしさを出した演出にして、思い出に残る結婚式になるようにしましょう。

関連する記事