二人らしい結婚式は料理が決め手!オリジナルメニューとプリフィックススタイルについて

結婚式のあらゆるおもてなしの中でも、ゲストの期待が最も集まるといえる料理。料理がおいしい結婚式は、ゲストの満足度も高く、印象にも残りやすいもの。 そのため、最近ではおいしい料理でおもてなしをするのはもちろん、既存の料理メニューにオリジナルメニューを加えたり、プリフィックススタイルを取りいれたり、二人らしさを表現する人も増えているんです。 そこで今回は、自分たちらしさを取り入れた料理メニューの選び方・作り方について、結婚式の料理に定評のある横浜迎賓館でお話を伺ってきました。 (取材:gensen wedding 編集部/文:marco)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜迎賓館の料理

出典:gensen wedding | 横浜迎賓館 

 

1.ゲストの顔ぶれに合わせて料理が選べる!?プリフィックススタイルとは?

結婚式で料理にこだわりたいと思った時、「こだわる=豪華な食材を使った高額なコースを選ぶこと・品数や料理のボリュームを増やすこと」をイメージする人が多いのではないでしょうか。
もちろん、結婚式ならではの豪華な高級料理や、ゲストが満足する品揃えを用意したおもてなしの仕方も素敵ですが、それ以外にも料理にこだわる方法はさまざまあります。

最近注目されているプリフィックススタイルはその一つで、一言でいうと、数種類のメニューの中から、好きな料理を選んで組み合わせるスタイルのこと。
前菜からメイン、デザートに至るまで、それぞれ数種類ずつメニューが用意されている中から新郎新婦自身が一品ずつセレクトすることで、他にはないオリジナルのコース料理を提供することができます。

横浜迎賓館も、プリフィックススタイルを取り入れている会場。例えば、友人中心のパーティーであればメインにボリュームのあるお肉料理を選んだり、お酒を飲むゲストが多い場合は、コンソメではなく、味のしっかりしたポタージュにしたり。
ゲストの顔ぶれや好みにあわせて、柔軟に対応できるのがプリフィックススタイルの一番の魅力です。

横浜迎賓館の肉料理

出典:gensen wedding | 横浜迎賓館 

 

2.新郎新婦とゲストが支持!「料理重視」カップルにおすすめの結婚式場

結婚式でおいしい料理でおもてなししたいと考えたとき、最大の難関は会場選びではないでしょうか。
料理がおいしい式場というと、レストランウエディングを考える人が多いかもしれませんが、レストランは収容人数が比較的少ないといった問題があります。

一方で、最近ではレストラン以外でも料理に定評がある結婚式場は増えていて、横浜迎賓館はその会場のひとつ。
結婚式場の口コミサイトでは、なんと神奈川県で3年連続1位に選ばれ、実際に結婚式を挙げた新郎新婦や列席したゲストの多くを魅了しています。

そんな横浜迎賓館の料理は、「ジャパニーズフレンチ」がコンセプト。
フレンチをベースに、日本人に馴染みのある和の食材や調理方法を取り入れた料理で、例えばフォアグラであってもソースに味噌を使っていたり、またメインのお肉料理にはおろしポン酢のソースが添えられていたり。
結婚式という特別な日を彩るフレンチでありながらも、どこか親しみを感じ、肩肘はらずにリラックスして味わえるように。
そんなきめ細やかな心遣いが、幅広い世代のゲストに支持されている理由のひとつともいえます。

また、もう一つ特徴的なのが季節感にこだわりぬいた料理であるということ。
例えば、ゲストが最初に目にする1品目の料理には、春であれば桜の花といったように、季節の食材を使って彩られた数々の料理がお重箱で登場。華やかな見た目とお重箱を開ける時のワクワク感で、次の料理への期待も自然と高まります。
メイン料理では、旬の食材を取り入れた季節メニューが多く用意され、舌の肥えたゲストも満足させてくれます。

横浜迎賓館のアミューズ重箱

出典:gensen wedding | 横浜迎賓館 

 

3.オリジナルメニューをプラスして、料理でも二人らしさを表現

結婚式の料理は、一般的に決められたコースの中から予算にあったコースを選ぶのが主流ですが、できれば料理にも二人らしさを取り入れて、ゲストに喜んでもらいたいですよね。

横浜迎賓館では、料理のアレンジに幅広く対応していて、既存のコースにはないオリジナルメニューを作ることも可能。例えば、新郎新婦の地元の食材を使って付け合わせに加えたり、新郎の実家で育てたお米を使って〆のご飯ものを用意したり。
親族にとってもうれしいサプライズになりますよね。

そのほかにも、新郎の勤務先の食材を料理に取り入れたり、新婦の思い出の味を表現したり、味つけの微妙な調整まで、二人が「こうしたい」と言った希望を実現するために、さまざまな工夫で解決策を導いてくれます。
もちろん、ゲストの食物アレルギーにも柔軟に対応。打ち合わせの段階で詳細までヒアリングしてくれるため、当日はゲストも安心して食事が楽しめます。

ここまできめ細やかに新郎新婦の思いに寄り添ってくれるのは、横浜迎賓館のシェフが「結婚式は二人がゲストをおもてなししていくものだから、料理もそうでなくてはいけない。
だから、二人らしさが入るのであれば取り入れたいし、うちの料理はこれだからというやり方はしたくない」という強い思いを持っているから。
プランナーも「料理に関しては希望があればあきらめないで言ってほしいと思います」と言うように、横浜迎賓館にはどんなリクエストにも応えてもらえるという安心感があります。

横浜迎賓館の成松総料理長

出典:gensen wedding | 横浜迎賓館 

4.料理の理解がぐっと深まる!シェフの料理説明で食事をもっと楽しく豊かに

結婚式の料理は普段食べ慣れていないものも多く、料理の食べ方に戸惑ってしまったり、どういった料理かわからずメニュー表を何度も見てしまったり…といった経験はありませんか?
料理にこだわり、プリフィックススタイルやオリジナルのメニューを取り入れても、伝え方によっては、料理の魅力や二人の思いが十分に伝わらずに終わってしまうなんてこともあるかもしれません。

その点、横浜迎賓館では、結婚式当日シェフに披露宴会場で料理説明をしてもらうことが可能。
料理にどんな食材を使っているか、どう食べるのがおすすめなのかを説明してもらうことで、会食の時間がより豊かになりますよね。さらに、二人がそのメニューを選んだ理由やオリジナルメニューの意味など、料理に込められた二人のエピソードなどを紹介してもらうことで、二人の人となりが伝わり、料理自体もとても印象深いものになります。

また、前述したように横浜迎賓館のシェフは人柄もとても魅力的で、初めて式場見学をする時の試食会でファンになってしまう新郎新婦も多いそう。
結婚式当日も、確かな料理の腕と高いホスピタリティを兼ね備えたシェフの存在は、新郎新婦にとって心強いことでしょう。

横浜迎賓館のシェフ料理説明

出典:gensen wedding | 横浜迎賓館 

 

5.まとめ|料理のこだわりポイントは人それぞれ。二人らしさを取り入れて記憶に残る料理を

料理にこだわる結婚式といっても、考えるポイントや手段はさまざまあり、何を重視するか迷ってしまうかもしれません。
しかし、おいしい料理でおもてなしする機会はほかにもあるかもしれせんが、二人らしい料理でおもてなしできるのは、二人の結婚式だからこそ。
その特別感は、きっとゲストの心に残るのではないでしょうか。

また、料理は二人が食べておいしいと納得でき、安心できるものを選ぶことも大切。
ほとんどの結婚式場が試食会を行っているので、ぜひ積極的に参加して二人のこだわりが実現できる会場を探してくださいね。

横浜迎賓館のオープンキッチン

出典:gensen wedding | 横浜迎賓館 

 

【Wedding Select Fes】 自由に「見て」「着て」「聞ける」結婚式体験イベント

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

【Wedding Select Fes】 自由に「見て」「着て」「聞ける」結婚式体験イベント

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

  • TOP
  • 未分類
  • 二人らしい結婚式は料理が決め手!オリジナルメニューとプリフィックススタイルについて