結婚式の料理、どうこだわったらいい? 確実にゲストに喜んでもらえるおもてなし術

結婚式はやっぱりお料理にこだわりたい! そう思っている花嫁さんは多いはず。主役はあくまで新郎新婦ですが、来てくれたゲストにも心から美味しいお料理を喜んでもらってこそ。良き結婚式とは、そういうものではないでしょうか? だからこそお料理は妥協せず、細かいところまで大事に選びたいところ。 銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」の最上階にある「THE GRAND GINZA(以降、ザ・グラン銀座)」は、そんなゲストへのおもてなしの心を大切にしている結婚式場です。結婚式の料理で、確実にゲストに喜んでもらえるおもてなしについて伺ってきました。(取材:gensen wedding 編集部/文:Mia)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

018

出典:gensen wedding | THE GRAND GINZA(ザ・グラン銀座)

 

1. 銀座屈指の人気店のコースを堪能できる

ザ・グラン銀座』には、「銀座 極-KIWAMI-」という完全予約制・席数限定のフレンチレストランがあります。大手グルメ系情報サイト「一休.com」でジャンルを問わず口コミランキング全国第1位に輝いたという銀座屈指の人気店で、そのお味はまさに一級品。実際に試食会に訪れた人たちのなかには「美味しい! ここにします!」と満足して帰る方もいるそう。ちなみにこの試食会というのはブライダルフェア時だけではなく、成約した新郎新婦にも必ず参加してもらうようにしているとのこと。そこには「フルコースでそれぞれ違うコースを実際に食べてもらって、納得のいくお料理選びをしてもらいたい」という思いがあるようです。

そしてもう1つのポイントが「プリフィックスメニュー」を採用していることです。プリフィックスメニューではない場合、次のような悩みが生じるもの。
「メインはお肉にしたいからAコースかな。あ、でもスープはBコースの方がいい……」本来コース料理は無駄に悩まなくて済むという利点があるものですが、いいと思うお料理がAとBに混在していると、こんなふうに迷う瞬間があるのも事実です。喜んでもらいたいという気持ちが強ければ強いほど、ここは妥協したくないところ。

ザ・グラン銀座』はオードブルからデザートまで1品ずつ好きなものを選ぶことができるので、決まりきったコースの中から妥協して決めるといったことがありません。オードブルから1品、スープから1品、お魚から、お肉から、そしてデザートから1品……というかたちで自由に組み合わせることが可能なのです。これなら変に悩んだり妥協したりすることなく、心からゲストに食べてもらいたいと思うものを用意することができるというわけです。

こんなふうに、人気店の本格的な味を実際に自分たちで堪能できて、しかも1品ごとに好きなものを選べるなんて、なんだかお料理選びが一層楽しくなりそうですね。

 

017

出典:gensen wedding | THE GRAND GINZA(ザ・グラン銀座)

 

2. 試食会では目の前でシェフが調理

新郎新婦の地元にちなんだ食材を使うなどのアレンジも可能です。希望があれば、完全オリジナルメニューの用意もOK。加えて現在、「シルバーストーリー」という名で、銀座の長い歴史の中でこの場所を象徴するようなお料理をテーマにフルコースを作ろう、という企画が進んでいるのだとか。また、婚礼料理のコースの中には惜しまれつつ閉店した銀座の老舗フランス料理店「マキシム・ド・パリ」の看板スイーツ『苺のミルフィーユ』が含まれています。銀座ならでは、しかも幻のメニューが食べられるなんて、まさにハレの日にふさわしいおもてなしですね。

ブライダルフェアでは、さらに特別な体験会も用意されています。それは『ザ・グラン銀座』内の人気レストラン「銀座 極-KIWAMI-」の限定席に座り、目の前でシェフが調理するお料理を試食するというもの。シェフと直接お話をしながら本格的なお味を楽しめる、人気の体験会です。

この体験会に参加すると、ゲストに提供するお料理がどんな食材からどう作られるのか、そして実際のお味まですべて確かめることができますし、何よりシェフに色々と質問することができます。この段階でシェフとコミュニケーションをとっておけることは、その後のお料理のセレクトや打ち合せにおいて大きくプラスになるでしょう。お料理にこだわりたい人にとっては、これ以上のサービスはないと言ってもいいかもしれません。

 

ミルフィーユ

出典:gensen wedding | THE GRAND GINZA(ザ・グラン銀座)

 

3. ザ・フォトジェニック! フランス人が認めた本格フレンチ

最後にもう1つ、気になるポイントをご紹介します。それは『ひまわり』という名前のオードブル。なんでもフランスのコンクールでパリ市長賞の金賞を受賞した作品だそうで、関西以外ではここ、『ザ・グラン銀座』でしか味わえない一品となっています。
『ひまわり』は、いわば国内コンクールではなく本場フランスで認められたフレンチ。これだけでも十分ゲストに喜ばれそうですが、見た目も華やかでインスタ映えするので、女性には特に気に入っていただけるそうですよ。希望があれば部分的に和の雰囲気を入れたり、お箸でいただけるようにアレンジしてもらうことも可能です。

また、乾杯酒では「エディブルフラワー」という食用の花を丸い氷に閉じ込めて、そこにスパークリングワインを注いで乾杯する、という演出があるのですが、これがまたかなりフォトジェニック! 銀座のおしゃれな雰囲気が好きだという人にぴったりのこのカクテルは、ブライダルフェアではウェルカムドリンクというかたちでいただくことができるそうです。

その他のドリンクも希望に応じて用意してもらうことが可能です。結婚式では料理やドリンクにこだわりたいという新郎新婦が多いそうで、『ザ・グラン銀座』ではそうした要望に柔軟に対応するようにしているそうです。

 

019

出典:gensen wedding | THE GRAND GINZA(ザ・グラン銀座)

 

4. 4人の腕利きシェフが知恵と技術を集結

ザ・グラン銀座』のシェフは1人ではなく4人、それも全国各地から集められた強者たち。どのシェフも「お客様が欲しいものをお出ししたい」「このお客様にとってベストな提案をしよう」という想いでひとつひとつ丁寧に対応しているので、その分、新郎新婦の気持ちに寄り添った素晴らしいアレンジや斬新なアイディアが生まれます。

式場によっては基本的に、1人のシェフが1から100まですべて担当するということは多々あります。だから『ザ・グラン銀座』が複数人(しかもどのシェフも腕利き!)で知恵を出し合って最高のものを提供するというスタイルをとっているのは、ちょっと珍しいことでもあるのです。

ちなみに試食会で新郎新婦の要望を聞くのももちろんシェフです。通常はプランナーが間に入ってとりまとめるところを、シェフが直接聞いて確実にかたちにしていく……。こうしたところにも、新郎新婦の気持ちに寄り添おうとする姿勢が強く感じられますね。

 

試食会2

出典:gensen wedding | THE GRAND GINZA(ザ・グラン銀座)

 

5. まとめ|披露宴の料理がおいしいと、より嬉しい気持ちに

東京で結婚式を挙げる人のなかには、地方に住む親族や大切な友人たちにはるばる遠方から来ていただく、という人も多いと思います。だからこそ婚礼料理にはこだわりたい、納得のいくおもてなしをしたいという気持ちになるのはごく自然なこと。『ザ・グラン銀座』は人気店の本格的なお味を提供できるだけでなく、シェフとの丁寧な打ち合わせや事前のお食事体験会、お料理内容を1品ずつ選べる「プリフィックスメニュー」を用意するなど、全体を通して新郎新婦が妥協せず好みやオリジナリティを追求できるよう細かなアレンジ、サービスを提供しています。

これまで友人・知人の結婚式に呼ばれた時のことを思い出してみてください。もちろん、ふたりの幸せな姿を見られて感動した、満足したという気持ちは前提としてあると思いますが、やはり披露宴のお料理がおいしいと、より嬉しい気持ちになりますよね。「おいしいものを食べてほしい」「お料理を通じてありがとうの気持ちを伝えたい」そんな気持ちの込もったお料理ならゲストは必ず喜んでくれるでしょうし、そうしてあれこれこだわった時間も将来、あなたや旦那さんにとってもきっといい思い出になるはずです。

 

020

出典:gensen wedding | THE GRAND GINZA(ザ・グラン銀座)

 

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-19:00 / 土日祝 10:00-19:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

関連する記事

  • TOP
  • 結婚式場
  • 結婚式の料理、どうこだわったらいい? 確実にゲストに喜んでもらえるおもてなし術