最初から最後まで自分たちだけのもの! 一棟貸し切りの式場だからこそできる結婚式とは?|ラ・バンク・ド・ロア オリジナル取材記事

専門式場やホテル、レストランにゲストハウスなど、さまざまな形態がある結婚式場。そして近年、どんな形態の式場でも注目されているワードがあります。それが“貸し切り”です。
実際にフロアの貸し切りはもちろん、建物すべてを貸し切れる会場も増えてきています。
なぜ“貸し切り”が注目されているのでしょうか? また“貸し切り”の式場ではどんな結婚式が挙げられるのでしょうか?
一棟貸し切りスタイルの結婚式が叶う『ラ・バンク・ド・ロア』に話をうかがってきました。(取材:gensen wedding 編集部/文:クリス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラ・バンク・ド・ロア

出典:gensen wedding | ラ・バンク・ド・ロア

 

1. 一棟貸し切り式場だからこそできる“プライベート感”

一棟貸し切り式場のメリットは、なんといっても“プライベート感”です。

たとえばゲストが結婚式を待つ間に利用するロビー。複数の結婚式が同じ時間帯でおこなわれる式場であれば、他の式のゲストもそこを利用している可能性があります。
そのためおしゃべりをするのにも、写真撮影をするのにも、ソファに腰かけるのにも気遣いが必要です。

これがおふたりの結婚式の最初から最後まで時間も空間も自由に使える一棟貸し切りの式場なら、ゲスト同士が気兼ねなくおしゃべりや写真撮影を楽しめます。
その空間にいるのがおふたりのゲストだけだと分かっているので、リラックスして過ごしてもらえるでしょう。

またおふたりにとってもこのプライベート感は大きなメリットです。gensen weddingでもよく耳にするのが、他の新郎新婦と移動中にすれ違ってなんだか気まずかったという声。
これが一棟貸し切りの式場ならば、他のカップルとバッティングすることもないので、自分たちの結婚式に集中できるのです。

今回取材をした『ラ・バンク・ド・ロア』も一棟貸し切りの式場なので、プライベートな時間と空間を満喫できます。

しかもラ・バンク・ド・ロアでは控室が家族親族と友人とで分かれているので、ゲスト層にあわせたおもてなしが可能。
ご家族の皆さんには落ち着いた雰囲気の控室で式が始まるまでの時間をゆったりと過ごしてもらえますし、ご友人の皆さんにはカジュアルな雰囲気のなかウェルカムドリンクを飲みながらおふたりの結婚式への期待を高めてもらえます。
ご家族にはちょっと恥ずかしくて見せられない思い出ムービーをご友人にだけ見せる、といった使い方もできそうですね。

また、ご家族とご友人は普段なかなか顔を合わせることがないため、結婚式の控室が一緒だと緊張してしまうことも十分考えられます。
控室が分かれている式場を選ぶことは、ゲストに合わせたおもてなしにつながりますよ。

一棟貸し切りの式場には、おふたりとゲストが肩の力を抜いて結婚式を楽しむために必要な“気遣いからの解放”という土台が整っているといえるでしょう。

ラ・バンク・ド・ロア

出典:gensen wedding | ラ・バンク・ド・ロア

 

2. 一棟貸し切り式場だからこそできる“自由な会場コーディネート”

会場装飾の自由度の高さも、一棟貸し切り式場だからこそできるメリットの1つです。最近ではアイテムの持ち込みが緩和されつつあるので、好きなもので会場をコーディネートして空間づくりを楽しむカップルも大勢います。

多くの式場ではパーティー会場の装飾は比較的自由です。さらに一棟貸し切りの式場ならば、他のカップルの結婚式を気にしなくていいため、ロビーや化粧室も自分たちらしいコーディネートを施せます。
だからゲストが会場についた瞬間から、おふたりらしいおもてなしを届けられるのです。

『ラ・バンク・ド・ロア』も、館内全体に思い思いの装飾を施せる式場です。
過去には、受付から待合いロビー全体にバルーンを飾ったり、新郎新婦の思い出のサッカーユニフォームを壁面全体にディスプレイしたり。
思い出の写真を持参して飾る新郎新婦は多くいますが、ウエルカムスペースだけでは足りず階段の壁面まで使ってアートギャラリーのように装飾したカップルがいました。

また、装飾の自由度があっても自分たちのセンスに自信がないかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
そんなおふたりにも会場づくりを楽しんでもらえるよう、ラ・バンク・ド・ロアでは装飾アイテムの無料貸し出しサービスが用意されています。
会場の雰囲気に合ったアンティーク小物を中心にさまざまなラインナップから選べるので、それをヒントに装飾のイメージをつくっていくなんてこともできそうですね。

さらに、会場を彩る装花にもうれしい特徴が。装花は結婚式の費用を跳ね上げる大きな要因のひとつなのですが、ラ・バンク・ド・ロアでは装花がウエディングプランのなかに含まれているため、業界平均よりもはるかに安い価格で会場の雰囲気とおふたりの要望にあったフラワーコーディネートをしてくれます。

またラ・バンク・ド・ロアは横浜市の指定有形文化財。約100年ものあいだつむいできたアンティークな雰囲気が人気の式場でもあります。そのため、あえて装飾を加えず建物本来の魅力をそのまま活用するカップルも非常に多いのです。
特にチャペルの大理石の大階段や豪華なシャンデリアは、新郎新婦はもちろんゲストの記憶にも残りやすいんだとか。

建物自体が持つ雰囲気のよさがあり、それに加えて一棟貸し切りができる式場ならば、会場コーディネート費用を抑えつつも自分たちらしい装飾が楽しめますよ。

ラ・バンク・ド・ロア

出典:gensen wedding | ラ・バンク・ド・ロア

 

3. 一棟貸し切り式場だからこそできる“スタッフのおもてなしの独占”

一棟貸し切りの式場では、おふたりの結婚式のあいだはスタッフさんのサポートも独占できるのもメリットです。
同じ時間帯に他の結婚式がおこなわれていないため、シェフはおふたりの結婚式の料理作りに、サービススタッフは新郎新婦に代わってゲストのおもてなしに専念できます。

『ラ・バンク・ド・ロア』はこの“一棟貸し切り式場”である特徴をいかし、一歩踏み込んだサービスにも挑戦している式場です。
それは結婚式当日にゲストが好きな料理を選べて、しかも好きなだけ食べられる“アペティスタイル”という取り組みです。

最近の結婚式では、地元の食材を使ったオリジナルメニューづくりや前菜からデザートまでを好きな料理で組み合わせていくプリフィクスコースなど、料理にも柔軟性が出てきています。
gensen wedding編集部も、いろんな式場のさまざまな取り組みを見てきましたが、料理を選べてしかも好きなだけ食べられる式場は見たことがありませんでした。

それぞれのゲストが自分のタイミングで料理を楽しめることは、満足度の向上につながります。しかし結婚式の時間、そしてスタッフの人数は限られています。
それでもラ・バンク・ド・ロアがアペティスタイルという独自の料理の提供方法をとれるのはやはり、目の前の新郎新婦とゲストのおもてなしに集中できる環境が整っている一棟貸し切り式場だからでしょう。

スタッフさんが持つ力すべてをつぎ込んでもらいたいのなら、一棟貸し切りの式場はおすすめです!

ラ・バンク・ド・ロア

出典:gensen wedding | ラ・バンク・ド・ロア

 

4. まとめ|“自分たちのためだけに”という贅沢が一棟貸し切り式場にはある

どの式場を選んでも、自分たちの想いをきちんと伝え式場がそれに応えてくれれば、ふたりらしい結婚式は挙げられるでしょう。しかし一歩踏み込んだおもてなしを考えたときに一棟貸し切りの式場なら、より融通の効く場面が出てくると思います。

「待ち時間からゲストに楽しんでもらいたい」
「意外なところにもふたりらしさを出して驚かせたい」
「自分たちだけではできないおもてなしをスタッフさんにしっかりサポートしてほしい」

こんな想いを持っているかたはぜひ、一棟貸し切りの式場へ見学に行ってみてください。きっと、結婚式当日に「こんなことがしたい」というイメージが湧いてくると思いますよ。

ラ・バンク・ド・ロア

出典:gensen wedding | ラ・バンク・ド・ロア

 

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-19:00 / 土日祝 10:00-19:00
定休日: 月・火曜日(祝日を除く)

関連する記事

  • TOP
  • 結婚式場
  • 最初から最後まで自分たちだけのもの! 一棟貸し切りの式場だからこそできる結婚式とは?|ラ・バンク・ド・ロア オリジナル取材記事