設備が心配? カジュアルすぎる? 進化を遂げているレストランウエディングの今|Q.E.D.CLUB取材記事

ゲストと一緒においしい料理を満喫しながら楽しい時間を過ごしたい――。
このようなゲストとの距離が近いアットホームな結婚式を挙げるのに、レストランウエディングを検討する人が増えています。
そんなカップルが気にするポイントは、会場の設備や雰囲気。
レストランウエディングの会場は結婚式のためにつくられた建物ではないため、挙式会場や控室などの設備が整っていないのではないか、あまりにカジュアルすぎて年配層には受け入れられないのではないかと心配されている方もいらっしゃると思います。
そんなレストランウエディングのイメージを払しょくする結婚式場が、今回取材をした「Q.E.D.CLUB」です。レストランウエディングの今を、チェックしてみましょう!(取材:gensen wedding 編集部/文:クリス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q.E.D.CLUB

出典:gensen wedding | Q.E.D.CLUB


1.ブライズルームや控室に変化する個室が充実している

普段はレストラン営業をしているQ.E.D.CLUB。つまり、結婚式のためにつくられた施設ではありません。しかしQ.E.D.CLUBは付帯設備が足りないという声を、gensen weddingでは耳にしたことがありません。

Q.E.D.CLUBでは、どうやって結婚式に必要な設備を整えているのでしょうか。

その秘けつは、個室の多さ。Q.E.D.CLUBにはレストラン営業時に使うV.I.Pルームをはじめとする個室が充実しています。この個室を、結婚式の付帯設備として利用できるのです。

個室の使い方は自由で、ブライズルームや親族控室、更衣室など、おふたりはもちろんゲストのニーズに合わせた設備を整えられます。

また、ゲストがゆったりとくつろげる広々としたラウンジも魅力的。大きめのソファが置いてあったり外の景色が眺められたりと、ゲストに結婚式が始まるまでの時間も肩の力を抜いて過ごしてもらえるでしょう。

結婚式専門の会場ではないQ.E.D.CLUBが結婚式に必要な設備を整えられるのは、洋館を一棟貸し切れるから。おふたりとゲスト以外にお客さまがいないため、本当に自由に式場を使えるのです。

最近のレストランウエディングの式場は設備面が充実しているところが多くなっています。Q.E.D.CLUBのように建物全体を自由に使える貸し切りの式場であれば、控室を設けたいといった要望にも柔軟に応えてくれるでしょう。

そのためレストランウエディングを検討している人は、ゲストハウスや専門式場、ホテルなど、他形態の結婚式場にどんな設備があるのかを調べたうえで、自分たちの結婚式にどんな設備が必要かを考えておくことをおすすめします。そしてその設備があるか、なければつくれるかどうかを確認するといいでしょう。

Q.E.D.CLUB

出典:gensen wedding | Q.E.D.CLUB


2. 格式ある式場には、館内のいたるところに“本物”がある

レストランウエディングは、おいしい料理が出てくるという点で信頼の置ける結婚式スタイルです。しかし建物自体に普段使いもできる気軽さがあるため、どうしてもカジュアルな雰囲気を感じてしまうこともあります。

ゲストとおいしい料理を食べながら楽しく交流できる結婚式にしたいという想いから考えれば問題ありませんが、やはり親御様世代以上の方からするともう少し格式があったほうがいいのではと思われることも……。

おいしい料理を食べながら、みんなと楽しく過ごす結婚式は譲れない。
しかし大切な家族や親族、上司にも「いい結婚式だった」と思ってもらいたい。

この2つの想いを両立するには、クラシカルな雰囲気の結婚式場がおすすめです。

Q.E.D.CLUBは、ハンガリー大使公邸だった建物をいかしてつくられたレストラン。海外の要人との会食にも使われる大使公邸の趣を残した建物には、外観、内装ともに気品が漂います。

エントランスに設けられた扉から感じられるのは、まるで古い洋館を訪れたかのような重厚な雰囲気。床に敷きつめられた大理石からは、格式の高さがうかがえます。

かといって緊張感が漂っているわけではありません。扉を開いた先にあるアイボリーホワイトの壁と木製家具が、やさしい雰囲気を生みだしています。

またQ.E.D.CLUBの館内に入るとおそらく、いたるところに飾られたアートが目に入るでしょう。実は館内にあるアートは、エミール・ガレやティファニー、藤田嗣治など、通常ならガードを設置されていてもおかしくない本物の美術品ばかり。これらの美術品が、まるで自宅に置いてあるかのようにさりげなく飾ってあるから驚きです。

Q.E.D.CLUBが数々のアートを触れられるほどの距離に飾るのは、この建物が“自然の循環”
をテーマにつくられているから。建物全体がアートであり、飾ってあるものもその一部であるという考えから、気軽にアートと触れられるようになっています。だから、普段なかなか目にすることのない数々のアートをバックに写真撮影も楽しめますよ。

レストランウエディングの会場のなかにも、ゲストハウスや専門式場などに引けを取らない上質な空間づくりに力を入れているところはあります。ゲストとの過ごし方には日常感を、でも式場の雰囲気には結婚式らしい特別感をという願いは、レストランウエディングにおいても十分叶えられるようになっているでしょう。

Q.E.D.CLUB

出典:gensen wedding | Q.E.D.CLUB


3.レストランクオリティの真心こもったおもてなし+α

レストランウエディングの悩みどころとしてもう1つよく挙がるのが、「ウエディングとしてのおもてなしができるかどうか」という点。

スタッフのおもてなしは、レストランとウエディングで異なります。
レストランは料理を口に運んだ際に一番おいしさを感じてもらえるよう、提供するタイミングや温度といったおもてなしには抜かりはありません。しかし結婚式となると、控室や待合ラウンジ、挙式でのゲストへの細やかな気配り、通常の営業とは異なる料理の提供方法など、本来レストランにはないおもてなしが発生するため、ここに不慣れが出てしまうことも。

いくらみんなと楽しむカジュアルな雰囲気な結婚式とはいえど、スタッフのおもてなしがゲストの満足度にも直結する時代なので、妥協できないと考えるのは当然でしょう。

Q.E.D.CLUBはレストランですが、ウエディング専属の部門があるため結婚式のおもてなしにも安心感があります。

たとえばゲストから和装の着付けの要望があった場合は、事前に送ってもらって小物類の不足がないかまでをチェック。このように結婚式当日の親族やゲストへの細やかなサポートも徹底しているのです。

またパーティーにおけるサービススタッフは、レストラン部門のスタッフが担当。料理のおいしい瞬間を逃さず届けるレストランクオリティのおもてなしが受けられます。

そしてレストラン部門とウエディング部門の連携が素晴らしいのも、Q.E.D.CLUBならでは。これは、コンセプトがQ.E.D.CLUBのウエディング部門だけのものではなく、レストラン部門とも共通しているから。「究極の日常」が感じられるあたたかなひとときをつくりたいというQ.E.D.CLUBのコンセプトに全スタッフが共感しているからこそ、それに沿ったおもてなしができるのです。

レストランが得意とする「おいしい瞬間を逃さず届ける」というおもてなしに加え、参加者一人ひとりに寄りそうきめ細やかなサポートにも力を入れている式場ならば、レストランウエディングにおけるおもてなしにも安心感がもてるでしょう。

Q.E.D.CLUB]

出典:gensen wedding | Q.E.D.CLUB


4.まとめ|あたたかな雰囲気はそのままに、上質さをアップデートし続けるレストランウエディング

「レストランが週末だけ結婚式をしている」
これまでのレストランウエディングに対して、このようなイメージをもっていた人もいるのではないでしょうか。

しかし最近のレストランウエディングの式場は、結婚式と本気で向き合っています。
設備を拡充するのも、品格のある空間にするのも、スタッフのサービス力を向上させるのも大変なことです。それでもそこに時間と労力をかけるのは、おふたりとゲストに一生忘れない結婚式を挙げてほしいと願う式場スタッフの想いがあるから。

レストランウエディングは、ゲストとの距離感が近い結婚式はそのままに、これまで足りていなかった上質な空間やサービスをアップデートし続けていく結婚式のスタイルだと思うのです。

Q.E.D.CLUB

出典:gensen wedding | Q.E.D.CLUB


元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-19:00 / 土日祝 10:00-19:00
定休日: 月・火曜日(祝日を除く)

関連する記事

  • TOP
  • 結婚式場
  • 設備が心配? カジュアルすぎる? 進化を遂げているレストランウエディングの今|Q.E.D.CLUB取材記事