結婚式を大成功させたいならウェディングプランナーから選ぼう|麻布迎賓館 取材記事

型にはまらない、自分たちらしい結婚式を。その願いを叶えるには、腕のあるウェディングプランナーが欠かせません。なのに、式場見学だけでは見えづらいのもこの部分。では、どうすればそんなウェディングプランナーのいる式場に出会えるのでしょうか。
そこで今回は、ウェディングプランナーの腕に定評がある「麻布迎賓館」を取材。支配人の吉田さんに、二人らしい結婚式づくりの極意を教わりました。
(取材:gensen wedding 編集部/文:まゆ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

麻布迎賓館

出典:gensen wedding | 麻布迎賓館

 

1.ウェディングプランナーは「一顧客一担当制」か?

ウェディングプランナーと言っても、式場によって担当範囲や期間に差があるのをご存知でしょうか。

式場探し中の新郎新婦のほとんどが、「式場を案内してくれたウェディングプランナーが、結婚式当日までずっと担当してくれる」と思いがち。ですが、式場によっては複数のウェディングプランナーが担当範囲を分担する「分業制」のところもあるんです。

「分業制」の式場の多くでは、ウェディングプランナーの担当範囲が以下2種類に分かれています。

①新規接客プランナー
式場見学に訪れた新郎新婦への案内だけ担当するウェディングプランナー

②打合せプランナー
打合せ〜結婚式当日までを担当するウェディングプランナー

ウェディングプランナーが個々の仕事に専念できる反面、新郎新婦側にとって少々心配なことも。

まず、式場を決めてから打合せが始まるまでの間も、新郎新婦には聞きたいことがたくさんあるはず。ですが「分業制」の場合、打合せプランナーが決まるまで窓口がはっきりせず、具体的な中身の相談がしづらいという難点も。

また、新規接客プランナーと打合せプランナーの引継ぎが上手くいかず、何度も同じことを聞かれたり、「案内の時はできると言われたのに、打合せではできないと言われた」なんて事例も…。

対して、1人のウェディングプランナーが新規接客から結婚式当日まで一貫して担当するのが「一顧客一担当制」。ウェディングプランナーにとっては大変な方法ですが、そうするだけの理由があります。

今回は「一顧客一担当制」を採用する麻布迎賓館で、その理由を詳しく伺いました。

麻布迎賓館

出典:gensen wedding | 麻布迎賓館

 

1-1.結婚式の入り口から出口まで。ずっとそばにいてくれる安心感

一顧客一担当制は分業制に比べ、新郎新婦が1人のウェディングプランナーと関わる時間が長くなります。「お二人と何ヶ月も経て関係性を築いていくので、結婚式当日を迎える時の”同志感”がすごいんですよ」と支配人の吉田さん。

新郎新婦にとって全てが初めて尽くしだからこそ、結婚式づくりにはウェディングプランナーとの信頼関係がマスト。式場を決めてから打合せ開始までの間も、1人のウェディングプランナーが窓口になってくれるなら安心ですよね。

よくある「新規接客プランナーを理由に式場を決めたのに、打合せプランナーと合わない」なんてことも、一顧客一担当制ならありません。

▼参考記事
結婚式は“人”と気付かせてくれる、ある企業がこだわる「1顧客1担当制」の話

1-2.結婚式は「結婚式当日」に完成するもの

「結婚式はあくまで当日完成させるもの」と吉田さんは言います。

結婚式当日は、打合せ段階では予測もつかなかったドラマが多々起こるため、ウェディング業界ではよく「結婚式は生き物」と言われています。「だからこそ、私たちウェディングプランナーがいる意味がある」と吉田さん。あるエピソードを教えて頂きました。

結婚式当日までお父様と話もしないほど、親子関係がこじれていた新郎様。ですが、お父様が結婚式当日に新郎様を見て、気持ちが変わり関係性が一気に動いたのだそう。

「その時私たちに何ができるか、どう動くのか。それは当日にしか考えられないことなんです。一生に一度しかない1日を最高のものにするには、当日ウェディングプランナーがその場にいないのは考えられません」と吉田さん。実は、式場によっては「結婚式当日、ほとんどウェディングプランナーの顔を見なかった」なんて例も、残念ながら少なくないのです。

当日慌ただしく過ごす新郎新婦に代わって全体を俯瞰し、「結婚式を完成させる」のも、ウェディングプランナーにとって大事な役目。それをわかっているウェディングプランナーなら、安心して結婚式を任せることができますね。

1-3.二人の想いを熟知するからこそできる結婚式

時間をかけて二人を知ってきたウェディングプランナーだからこそできることがあります。

例えば、兼ねてからお庭でのフラワーシャワーを夢見ていた新婦様。当日はあいにく雨が降ったものの、今にも止みそうな空模様です。

セオリーだけに従うなら、「雨が降った→室内に変更」となるでしょう。ですが、二人の想いを熟知するウェディングプランナーなら…。進行を組み替え、雨が止んだタイミングでガーデンでのフラワーシャワーを試みる、という判断も生まれます。

二人にとって大事なことが何なのか、ウェディングプランナーが深く把握していることは結婚式においてとても重要なことなのです。

2.結婚式はチームワーク。「強いチーム力」があるか?

これまで「当日結婚式を完成させること」の重要性を見てきました。それには、スタッフ全員がウェディングプランナーと連携できていることが大事、と吉田さんは言います。

麻布迎賓館で自慢の「チームワーク」について、そのヒケツを伺いました。

2-1.全スタッフが式場を熟知

式場を装飾するフローリスト、お料理を担当するシェフ、お皿を運ぶサービスマン、カメラマン…。麻布迎賓館の結婚式に携わるのは、式場のことをよく知るスタッフばかり。

これは当たり前のことのようですが、アイテムやスタッフの持ち込みがOKの式場では「この式場、今日初めて来ました」というスタッフが携わることも。

日頃からウェディングプランナーと会話し、お互いのことをよく知っているからこそ、「阿吽の呼吸」も生まれるものです。そんな関係性の深いチームがサポートしてくれる結婚式は、安心感がありますよね。

2-2.式場がひとつなぎ。だからこそ強まるチーム力

麻布迎賓館ではガーデンと披露宴会場が一体になっていて、1階と2階は吹き抜けでつながっているなど、全ての施設がひとつなぎになっている珍しい式場。そんな式場だからこその大きな強みがあります。

それは、「誰がどこにいるか」を全員すぐに把握できること。一人一人の動きが手に取るようにわかるので、ウェディングプランナーがチームを統括しやすい式場なのです。

必然的にチームワークが生まれる環境があるのもまた、安心感に繋がりますね。

麻布迎賓館

出典:gensen wedding | 麻布迎賓館

 

3.新郎新婦を知るための時間をしっかりかけてくれるか?

巷で「ウェディングプランナー=結婚式のアイテムを手配する人」というイメージが蔓延しているのは、とても残念なことです。本来、ウェディングプランナーの最も重要な役目は「二人らしさを引き出し、形にすること」。それを引き出す打合せができるかどうかが、一番の腕の見せ所なのです。

では、麻布迎賓館のウェディングプランナーはどんな打合せを行っているのでしょうか。

3-1.打合せの時間をたっぷり確保

麻布迎賓館では一般的な式場より2〜3ヶ月早いタイミング、5〜6ヶ月前から打合せを始めます。ウェディングプランナーはその分大変なはずですが、あえてそうするのはなぜなのでしょうか。

麻布迎賓館では、何より「二人を知ること」にたっぷり時間をかけます。まず結婚式にかける想いや二人のストーリーをじっくり紐解き、そこから二人らしいコンセプトを抽出できて初めて、具体的なアイテム決めへと進みます。実は、ここまでヒアリングに時間をかける式場はなかなかありません。

また、麻布迎賓館では1日に結婚式を挙げるのは2組だけ。これも、1組1組とじっくり向き合える理由の一つです。

3-2.打合せを通じて、新郎新婦が夫婦になっていく

麻布迎賓館では、新郎と新婦の間で「そんなこと初めて聞いた」「そういう価値観を持ってたんだ」という言葉が飛び交います。打合せの中で、新郎新婦がお互いの新たな一面を発見することも多いんだとか。

「結婚式準備は、夫婦になっていく過程なんです。僭越ながらそれを、私たちも一緒にサポートできたら」と吉田さん。

結婚式づくりは恐らく、二人にとって初めての共同作業。二人の中ですら曖昧な結婚式へのニーズを上手に深堀りし、同時に新郎新婦の相互理解まで深める作業は、腕のあるウェディングプランナーにしかできない技術なのです。

麻布迎賓館を運営するテイクアンドギヴ・ニーズでは、全社的にその技術を高めるための取り組みを行っています。打合せをこんなに大事に考えてくれるウェディングプランナーとなら、単に決め事をするだけの打合せの何倍も意義深さを感じられるはずです。

麻布迎賓館

出典:gensen wedding | 麻布迎賓館

 

4.まとめ|自分たちに合ったプランナー制度を選ぼう

「大変なことも多いですが、一顧客一担当制だからこそのやりがいもあるんです」と吉田さん。

ウェディングプランナーにとって最高の喜びは、ずっと結婚式の準備をお手伝いしてきた新郎新婦の結婚式当日に立ち会えること。それは、一顧客一担当制だからこそ叶うことです。あえて一顧客一担当制の式場を職場に選ぶウェディングプランナーは、「最初から最後まで見守りたい」という結婚式への強い思い入れを持っているとも言えるでしょう。

これまで麻布迎賓館を例に、一顧客一担当制の良さをお伝えしてきましたが、もちろん分業制にも良さがあります。

まず分業制の場合、ウェディングプランナーは自分の担当分野のスキルを集中して高められるので、クオリティと対応の丁寧さが見込めます。また、分業制ならウェディングプランナーが打合せに専念できるので、一顧客一担当制の式場よりも打合せの日程調整がしやすい傾向もあります。これは、忙しい新郎新婦には大事なポイントですよね。

▼参考記事
信頼できる人って言われても~…。いいスタッフがそろう式場の条件を聞いてみた|独身ライター×元プランナーぶっちゃけトーク

大切なのは、自分たちに合う方を選ぶこと。gensen weddingのカウンターでは、どちらであっても安心して結婚式を任せられる会場のみをご紹介しています。

ハード面だけではなく、スタッフなどのソフト面もぜひしっかり注目して、理想の結婚式を叶えてくださいね。

麻布迎賓館

出典:gensen wedding | 麻布迎賓館

 

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-19:00 / 土日祝 10:00-19:00
定休日: 月・火曜日(祝日を除く)

  • TOP
  • 結婚式場
  • 結婚式を大成功させたいならウェディングプランナーから選ぼう|麻布迎賓館 取材記事