結婚式の定番だからこそ注意が必要!成功するブーケトスとは

結婚式の定番演出であるブーケトス。実行すれば盛り上がますが、実は注意点として気に留めたいポイントがたくさんある演出でもあります。 ここではブーケトスを成功させるポイントについてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブーケトスを行う意味とは何か?

結婚式の最中、未婚の出席者を集めてから花を束ねて作ったブーケを花嫁が後ろ向きになって投げるのが一般的なブーケトスのスタイルです。ブーケをキャッチすることができた女性は次に結婚することができるといわれています。多くの人が結婚式のハイライトとして連想することの多い定番の儀式でもあります。

ブーケトス

ブーケトスを嫌がる人が多いって本当?

しかし、全ての女性がブーケトスを楽しみにしているわけではないのです。未婚の女性を対象に行われているブーケトスでは、年を重ねても結婚していない女性や恋人と別れたばかりの女性などに心の傷を残してしまうこともあり、本人たちはもちろん周囲の人間も必要以上に気をつかってしまう演出だともいえます。

ブーケトス

未婚女性という制限をなくして行うのもあり!

新婦がブーケトスをどうしても行いたいのでれば、未婚女性という対象の制限をなくしてしまうことも一つの手段です。目的を「幸せのおすそ分け」などに変更して誰もが参加しやすい儀式にすればトラブルを招きにくくなります。また、新郎も男性の出席者対象にブーケトスと似た演出を行うとより明るく気軽な演出になります。

パーティー演出

ブーケの作り方には気をつけよう

ブーケトスに使うブーケは生花を使うことが一般的ですが、その作りには丹念な注意が必要です。花が固すぎたり、束ねるためのワイヤーが飛び出ていたりすれば出席者を怪我させてしまう恐れがあります。式の前に実物をよく確認し、固い部分にレースを巻くなどの配慮を見せるようにしましょう。

トス用ブーケ

ブーケ以外の物を投げる演出も人気に

ブーケ以外のものを投げる演出も近年では盛んになっています。たとえば新郎新婦がスポーツ好きだったらサッカーボールやテニスボールを投げたり、好きなアニメキャラクターのぬいぐるみを投げたりするなどの工夫です。いずれも未婚女性に限らず出席者を楽しませられることでも人気になりつつある演出です。

ボールトス

おわりに

ブーケトスは結婚式の代表的な儀式であるため、取り入れたい気持ちがあるでしょう。しかし、出席者の顔ぶれを見て適していないと判断したときには、トラブルを招かないための工夫が必要です。出席者の心情を無視して定番のブーケトスを行ってしまうと後味の悪さを残してしまうことも考えられるからです。

関連する記事

  • TOP
  • アイテム
  • 結婚式の定番だからこそ注意が必要!成功するブーケトスとは

タグ一覧