生花だけじゃない!ウェディングブーケ造花とは

ウェディングブーケと言えば美しい生花で作られた花束です。しかし最近では「ウェディングブーケ造花」という、造花でできたブーケというものがあります。持ち運びがしやすい、保存に適しているなど、生花に比べメリットが多いのも特徴です。生花の方がいろいろ希望を叶えやすいことは事実ですが、結婚式のスタイルによってはおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生花と間違われるほどのクオリティ!ウェディングブーケ造花

ウェディングブーケ造花は、きちんとした商品であれば生花と変わらないほどの美しさを誇ります。そのクオリティは間近で見ても造花とは分からないほど美しく、実際に結婚式でウェディングブーケ造花を利用した花嫁さんからも高い評価を得ています。

来賓客もウェディングブーケが生花で出来ているものと疑わず、ブーケだけの写真を撮る人も多いようです。

ブーケ

リゾート挙式に持ち運びができる

海外で挙式をあげると、日本の花屋さんとは違い、現地で用意されたブーケがやや残念なこともあるようです。ボリュームが足りない、花が枯れているなど、要望を伝えたくても言葉が通じず、結局納得しないままそのブーケを使うこともあるようです。

しかしウェディングブーケ造花なら、飛行機へ持ち込みもOKですし、長距離の移動も大丈夫です。日本で納得するウェディングブーケ造花を作り、ぜひリゾート挙式に利用しましょう。

リゾートウェディング

繰り返し使うことができて価格も安い

ウェディングブーケ造花は、生花と違い時間が経っても枯れてしまうことはありません。そのため挙式で使ったものを別の日の披露宴や二次会などに、何度でも使うことができます。しかも生花のブーケに比べると値段が安いのも魅力です。

一般的にボリュームのある高価な生花を使ったウェディングブーケと造花の場合を比べるとその約半額程度の値段で済むこともあります。

ブーケ

記念に残しておくことができる

生花のウェディングブーケの場合、使ったその日を最後にだんだんと劣化してしまいます。押し花にして保存する方法もありますが、その方法を頼むのにまたコストがかかってしまいます。その点ウェディングブーケ造花は、使い終わった後もそのまま保存することができます。

結婚記念として部屋に飾って置くことができるのも、ウェディングブーケ造花の大きなメリットです。

ブーケ

ウェディングブーケ造花の注意点!安すぎるものはやめておこう

ウェディングブーケ造花は近年人気があり、さまざまな種類のものが売られています。中には1万円以下のコストパフォーマンスに優れた商品もありますが、やはり安いものは一目で造花とばれてしまうものが多いようです。実物のサンプルや、アップ写真を見られない安い造花商品は注意が必要でしょう。

ブーケ

おわりに

ウェディングブーケ造花は、式が終わった後も二人の思い出として部屋に飾ることもできます。一生の思い出のブーケを、一度だけでなく何度も使うことができるので、姉妹で同じブーケを使用したり、リゾート挙式の際に友人から借りるということもあります。生花とはまた違う魅力を持ったウェディングブーケ造花、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

  • TOP
  • アイテム
  • 生花だけじゃない!ウェディングブーケ造花とは

自分らしい結婚式を
提案してもらう(完全無料)

無料カウンセリング

gensen weddingは、自分らしい結婚式を実現できるブライダル相談カウンター。 会場見学をする前に、おふたりのこだわりや予算をプランにして、ふさわしい結婚式場をご紹介。見積りがわかり、強引な勧誘もなく、提示額も最低価格を保証しているので、安心して契約できます。 サロンで相談 LINEで相談

タグ一覧