【アンジェパティオ】ホテル並みに付帯設備が充実。しかも『第二のわが家』と慕われる噂のレストラン完全レポ!

利便性抜群の渋谷にあって、ホテル並みに付帯設備が充実しているレストラン「アンジェパティオ」をご紹介します。特筆するべきはスタッフさんたちのあたたかさ!こんなふうに自分たちの想いに寄り添ってもらうことができたら、毎日ワクワクしながら結婚式の準備ができるし、ウエディング当日もきっと最高の一日になるはず。そしてまた、ここで結婚式を挙げる新郎新婦さんは、大きな安心感に包まれて結婚生活をスタートできるだろうなぁ…。そんな確信がもてた「アンジェパティオ」の魅力の完全レポート、必見ですよ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP

出典:gensen wedding | Angepatio


1.本格的な教会と、10〜120名まで選べるパーティ空間

まずは、レストラン内とは思えないほど本格的な教会から見てみましょう。チャペルを完備したレストランは増えてきてはいますが、一般的には簡易的なチャペルだったり、そもそも挙式スペースがないといった点が決め手に欠けがちだったレストランウエディング。そのイメージを覆すほど本格的な「サン・アニエーゼ教会」がこちらです。

アンジェパティオ

出典:gensen wedding | Angepatio

レンガ調のぬくもりあふれる教会で、祭壇の向こうにはフィレンツェ郊外の教会から譲り受けた約150年前のステンドグラスが。
挙式はキリスト教徒じゃなくてもOKで、人前式にも対応という懐の深さ!また、希望があれば、結婚式を迎える前に牧師さまのカウンセリングを受けることもできるそうです。

次にチェックしたいのがバンケット。「アンジェパティオ」には、10〜120名まで人数に合わせて選べるパーティ会場が完備されています。

いちばん大きなバンケットは2階にあって明るく、広さがしっかりありながらもアットホームな雰囲気。大人数のパーティも余裕の空間です(50〜120名)。

Angepatio

出典:gensen wedding | Angepatio

小さめのバンケットは半地下という特徴を活かした緑と陽だまりの空間。家族だけの食事会もここなら落ち着いて楽しめそう!(10〜72名)

アンジェパティオ

出典:gensen wedding | Angepatio

結婚式の規模やふたりの好みによってチョイスできるのは嬉しいですね♪

アンジェパティオ

出典:gensen wedding | Angepatio


2.充実のインショップは花嫁さんの頼もしい味方♪

次にご紹介するのは、おもに結婚式の準備期間中に便利だと感じていただけるインショップです。
インショップとは、百貨店の中にあるコスメブランドやレストランと同じように、結婚式場の中に入っているショップのこと。「アンジェパティオ」は、ドレス、ブライダルエステ専用のお部屋があり、フラワーのスタッフも常駐しているというめずらしいレストランなのです。

ドレスは、ヨーロッパ各地のドレスブランドからバイヤーが厳選してそろえるセレクトドレスショップ。ナチュラルで開放的な空間にしっくり馴染む洗練されたデザインが豊富に選べます。
さらに嬉しいのは、衣裳合わせを担当したドレスコーディネーターさんが、結婚式当日の着付けやお色直しをしてくれること!
よく「ショップで試着した時は着心地よかったのに、当日の着付けが別の人でなんかちょっと違う…って不安だった」という話を聞きますが、そんな心配をしなくていいのです。
とくにマタニティの花嫁さんは、当日の体調に合わせてすぐに対応してもらえるから安心ですね。

アンジェパティオ

ブライダルエステと花嫁ネイルは、花嫁さん専用のプライベートサロンで。
なんといっても便利なのは、プランナーとの打合せのついでにエステの予約が入れられること。忙しい花嫁さんに便利なのはもちろんですが、準備期間中に疲れたなって感じたら、気軽に立ち寄って心身ともにリセットすることも可能です。

フラワーは、レストランとしては希少な常駐フローリストさん。テーブルコーディネートだけではなく、パーティ会場全体を使った空間装飾まで手がけるというスゴ腕の持ち主です。
半端ない実行力でプランナーからの信頼も厚く、新郎新婦が思い描く世界観を実現するために惜しまぬ努力をしてくれるというから頼もしい限りですね。

Angepatio

出典:gensen wedding | Angepatio


3.新郎新婦さんが口をそろえる「いちばんの魅力は『人』!」

本格的な教会に、10〜120名まで人数で選べる2つのバンケット。さらに、ドレス、ブライダルエステ、フラワーという充実のインショップ。
これはもうレストランではなく、結婚式場と言っていいレベルの充実ぶりです。
ところが、新郎新婦さんの多くが口をそろえて「アンジェパティオのいちばんの魅力は『人』!」と言っているのも興味深い点ではないでしょうか。

例えば、ある新郎新婦さんはカピバラが大好きで、初デートの思い出での動物でもあったそうです。そんなお話の中でごく自然に、プランナー:「じゃあカピバラさん呼べたら素敵ですね」 新婦:「えっ、呼べるんですか!?」という流れになって…なんと、動物がレンタルできる業者を探すことに!そうして結婚式の前日、スタッフ総出でガーデンに芝生を敷いて、次の日の朝、無事にカピバラさんをお迎えすることができたのです。

アンジェパティオ

出典:gensen wedding | Angepatio

またあるプランナーさんは、ある映画のプリンセスが大好きな新婦さんのために、打合せの資料やノートを全部手作りでそのプリンセスのデザインにしてあげたそうです。
プランナーさんいわく、「この新婦さまがどうすれば楽しく結婚式準備を進められるかなって考えていたら、自然と手が動いていました」とのこと。

たったこれだけのエピソードを聞いてみても、新郎新婦さんたちがスタッフさんたちの魅力に惚れ込んじゃう理由がわかるような気がしませんか?
スタッフさんたちの「新郎新婦さまに全力で向き合いたい!」という想いがとっても伝わってきます。

「結婚って初めてのことばかりだから、誰か詳しい人に頼りたいはず。だからこそ私たちは、新郎新婦さまにとって『頼れる存在』であり続けたいです」と、あるプランナーさん。

アンジェパティオ」のスタッフさんたちにとって、それは単なる「理想」ではなく「覚悟」として根付いています。
新郎新婦さんに「できません」と言わないために、お仕事のマニュアルをあえて作っていないこと。効率がよいことよりも、新郎新婦さんの想いにどこまで応えられるかを大切にしていることなど。お仕事に対する覚悟を聞いているうちに、多くの新郎新婦さんが感じたであろう安心感を、私自身が感じていました。

Angepatio

出典:gensen wedding | Angepatio


4.帰るところがある、という安心感が夫婦の絆を強くする

ところで、新郎新婦さんが感じる安心感は、結婚式のあとも続いていくようです。
休日に夫婦でランチを楽しんだり、毎年の結婚記念日にディナーを予約したり…と、それはレストランウエディングだからこそ得られるメリットなのですが、「アンジェパティオ」には、悩みを抱えた卒花嫁さんがプランナーさんに会いに来たり、赤ちゃんの顔を見せに遊びに来られる夫婦も多いのだそうです。

「つい先日は食事に来てくださった方が臨月で、もうビックリ!結婚式のVTRを一緒に観ながらたくさん思い出話をしました。帰り際には、『この子が生まれたらまた来ます。結婚式を挙げた思い出の場所で家族の一歩を始めたいから』って。その言葉がすごく嬉しくて」とプランナーさん。

そう。まさに「アンジェパティオ」のスタッフさんは、新郎新婦さんたちにとって『頼れる存在』なのです。結婚式のあとも、折にふれ夫婦で訪れることができる大切な場所がある。それはまるで、『第二のわが家』に帰ってきて陽だまりに包まれているような心地よさ。そうした安心感が、夫婦の絆をすこしずつ深く強く育てていってくれるのかもしれませんね。

アンジェパティオ

5.まとめ

いかがでしたか?渋谷のレストラン「アンジェパティオ」をご紹介しました。
オシャレなだけではなく、本格的な教会と10〜120名まで人数に合わせて選べるパーティ会場、ドレス・ブライダルエステ・フラワーのすべてがレストラン内で完結できるインショップなど、充実の付帯設備が魅力的です。
「お料理が美味しいレストランウエディングに憧れる。でもハード面の弱さがちょっとなぁ…」と迷っている花嫁さんこそ必見ですよ。また見学の際はぜひ、スタッフさんたちとゆっくり話をしてみてください。
どんな結婚式を挙げるか、だけではなくて、その先に待っているおふたりの未来が今よりもっと楽しみになると思いますよ☆

アンジェパティオ

出典:gensen wedding | Angepatio


  • TOP
  • 会場
  • 【アンジェパティオ】ホテル並みに付帯設備が充実。しかも『第二のわが家』と慕われる噂のレストラン完全レポ!

タグ一覧