結婚式の2次会の服装で気をつけることとは

結婚式の1次会であれば新婦はドレス姿が一般的です。しかし、2次会であれば、どんな服装で向かえばいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。 ここでは結婚式の2次会での新婦のファッションについてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基本は白のドレス姿が無難

新郎であれば1次会と同じタキシードで2次会に迎えますが、ボリュームが大きいドレスを着た新婦は2次会に向かうまでに着替える必要が出てきます。
2次会のファッションに迷ったときは白いドレス姿が無難です。
フォーマルでありながらも女性らしさを引き立ててくれる美しいカラーだといえるでしょう。

二次会ドレス

カジュアルすぎないワンピースドレスがキュート

2次会のドレスは1次会よりもカジュアルな雰囲気のものを選びやすくなります。
2次会は1次会以上に親しみのある空気の中で進行していくため、よりポップで動きやすい服装が望ましいのです。
それでもある程度の上品さは新婦であれば残しておきたいところなので、カジュアルでありながらも気品のあるワンピースドレスがおすすめです。

二次会ドレス

カラードレスは季節感を盛り込んで

2次会の新婦ファッションとしては鮮やかなカラードレスも注目の的になります。
一気に会場が華やかなムードに包まれますし、白が中心となりがちな1次会とのギャップも魅力的です。
カラードレスの選択は季節感を盛り込むと似合うものが見つかります。
春ならピンク、夏なら青などの季節の色をキュートに彩ると印象的です。

二次会カラードレス

新郎とのバランスにも注意しよう

新婦が気をつけたいのは新郎とのバランスです。
新郎も新婦と同じく結婚式の主役であり、新婦が目立ちすぎて新郎の存在感が薄くなるのは避けたい事態です。
そこで、新郎新婦のファッションがバランスよく成立するように工夫をします。
カジュアル感の度合いや色合いなどがマッチングすると二人の絆を示すうえでも有効です。

二次会衣裳

小物や髪型で遊び心を演出しよう

いくら2次会とはいえ、一生に一度の晴れ舞台、突飛なファッションをしたくてもできない新婦は多いはずです。
どうしても個性をアピールしたいのであれば小物や髪型に取り入れることがおすすめです。
変わったデザインのイヤリングや独特のヘアスタイルはドレススタイルの外しポイントにもなるので、遊び心を演出できます。

二次会

おわりに

2次会は1次会よりも親密な雰囲気で、直接多くの友人たちから祝福の言葉をかけてもらえるチャンスが増えます。
そんなときは新郎新婦も格式ばっただけのファッションだけではなく、カジュアルさも取り入れたファッションで受け入れたいところです。
2次会ファッションは1次会以上に新郎新婦の個性が発揮される場所だといえます。

関連する記事

自分らしい結婚式を
提案してもらう(完全無料)

無料カウンセリング

gensen weddingは、自分らしい結婚式を実現できるブライダル相談カウンター。 会場見学をする前に、おふたりのこだわりや予算をプランにして、ふさわしい結婚式場をご紹介。見積りがわかり、強引な勧誘もなく、提示額も最低価格を保証しているので、安心して契約できます。 サロンで相談 LINEで相談

タグ一覧