女性の憧れウェディングドレス!その選び方や注意点

多くの女性が憧れるウェディングドレスですが、日頃身につけるものではないため、いざ結婚となればわからないことだらけでしょう。そこで、本番になって戸惑わないために、ウェディングドレスに関する基本知識についてご説明します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェディングドレスの歴史

ウェディングドレスの起源はローマ時代だという説が有力です。キリスト教普及とともに結婚式も教会で挙げるようになり、その際、王族や貴族の花嫁が身につけた派手な衣装がウェディングドレスのもとになっているというのです。
ただし、そのころは色も青、赤、緑などの華やかなものが使用されていました。白いウェディングドレスが普及し始めたのは、1840年にヴィクトリア女王が結婚式に白のドレスを身につけ、それがブームとなってからです。

shutterstock_136824281

ドレス選びの時期

結婚式の準備期間は、式場や引き出物選びに招待状の発送や出席者リスト作成などとかなりのいそがしさです。
ドレス選びの時期は意外と早く、式場との打合せよりも早くから始められることが多いため、種類が膨大なため、早めに選び始めればてじっくりとこれだというものを絞れるでしょうし、レンタルドレスの場合、気に入ったドレスが既に予約済みだったなどという事態を避けることもできます。

shutterstock_12927586

ドレスの選び方

ドレスを選ぶ前に、どのドレスショップを利用するかを決める必要があります。予約した結婚式場の提携のドレスショップを選ぶことが基本となり、もし提携外のドレスショップを選ぶ場合は、結婚式場を決める前に事前に持込が可能か確認しておくことがとても重要となります。
そして、試着をしながらドレスを決めていくのですが、。ドレスの試着は予約が必要なところがほとんどなので忘れないように気をつけてください。試着をしてお気に入りのドレスが何点か見つかれば、小物を身につけてみて具体的なイメージを思い浮かべながら結婚式に着用するドレスを決定します。

shutterstock_121019497

ドレス決定から結婚式当日までの準備

ウェディングドレスは遅くても式当日の2ヶ月前には決定しておきましょう。ドレスが決まれば、それに合わせてドレスの下に身につけるブライダルインナーやベール、グローブ、アクセサリー類なといった多数の小物も決めていかなければならないからです。
そして、式場が用意したものではなく、独自に選んだドレスの場合、持ち込みは自分たちで行わなければなりません。ドレスショップまで直接受け取りに行くのか、業者に搬入してもらうかといった段取りをしっかり決めておきましょう。
ちなみに、式場によってはドレスの持ち込み料が発生するところや持ち込み自体がNGのところもあるため、事前の確認が欠かせません。

shutterstock_350763911

結婚式当日の注意点

ウェディングドレスは髪型やメイクを整えたり、インナーを身につけたりと時間がかかるものです。それに、ドレスを着ると食事がしにくくなります。したがって、式の前には軽い食事を取っておきましょう。
そして、昔は頻繁にお色直しをするケースが多かったのですが、花嫁が中座する時間が長いと間がもたないということで、現在ではお色直しは2回まで、あるいは、ドレスはそのままで髪型やブーケだけ変えるパターンが増えてきています。お色直しのドレスはその事実も考慮に入れた上で検討していけばよいでしょう。

shutterstock_397177582

おわりに

ウェディングドレスに関する準備は、想像以上に手間がかかるものです。それに、一生の記念になるものですから、準備に不備があると後々まで後悔することになりかねません。しっかりと、計画を立てよい思い出になるように心がけましょう。

関連する記事

タグ一覧