1.5次会の結婚式は、ご祝儀制?会費制?費用を抑える工夫も!

最近、急増している1.5次会。結婚披露宴とも二次会とも異なる1.5次会は、結婚披露宴ほどフォーマルではなく、二次会ほどカジュアルではない、中間的なスタイルの結婚式だと言えるでしょう。そんな程良いカジュアル感が「自分たちらしく楽しめそう!」という認識につながっており、人気を集めています。 すでにインターネットや結婚情報誌で調べた方の中には、リーズナブルな費用にも注目されているかもしれません。結婚式の費用を抑えやすいパーティというイメージも、1.5次会を選択するカップルが増えている理由です。今回は、1.5次会の費用をテーマにお話したいと思います。 (文:YUMIKO)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TENOHA

出典:gensen wedding | TENOHA代官山(テノハ ダイカンヤマ)


1| 1.5次会ってご祝儀制?それとも会費制の方がいいの?

一般的に、結婚披露宴は「ご祝儀制」、二次会では「会費制」とされていることが多くあります。しかし、1.5次会は新郎新婦の希望により、どちらかを選ぶことが可能です。1.5次会を選択するカップルにとっては、「自分たちの予算などを考えた上で、ご祝儀制か会費制かを選べるのが嬉しい!」という意見が多数あがっています。

とはいえ、「ご祝儀制にするか」、「会費制にするか」。やはりこの点は悩むところではないでしょうか?きちんと検討した上で決めたいですよね。では、どのように費用を決めていくのがいいのかを一緒に考えてみましょう。

前提として考えていただきたいのは、ゲストからいただくご祝儀や会費は、料理やドリンクに充当されているということ。つまり、ゲストからいただく金額の内容によって、提供する料理の内容や引出物の内容が変わるのです。

まず、ご祝儀制を選択する場合、1人あたり約3万円のご祝儀を包むのが一般的とされています。これだけの金額をいただくのですから、着席でフルコースの料理とドリンクでおもてなしをすることが大人としての常識です。また、引出物などの記念品に関しても結婚披露宴と同等の品を用意する必要があります。

次に、会費制を選択する場合は、料理の提供スタイルや内容によって費用を決定します。ここでポイントになってくるのは「会費の設定をいくらにするのか」ということです。

会費制にする場合、平均して約1.5万円~2万円に設定されることが多くなっているようですね。このように、会費に関しては二次会よりも高めの金額を設定することが一般的です。ご祝儀によるゲストの負担を減らしたい、という新郎新婦も、この金額であれば気兼ねなくゲストへお知らせできますね。それに、会費制にすることで、「気軽にパーティに参加してもらいたい!」という二人の気持ちもゲストに伝わるのではないでしょうか。

結果、先輩カップルの意見としては、「1.5次会は結婚披露宴とは異なる」という理由から、「会費制」のほうが多く選択されています。招待しようと考えているゲストの顔ぶれ、自分たちが行いたいパーティのイメージにあわせて、ご祝儀制にするのか会費制にするのかを選んでいきましょう。

費用

2| 1.5次会は本当にリーズナブルな結婚式?

1.5次会を行ったカップルの中には、「費用面を考慮して1.5次会を選択した」という意見も多くあがります。では、本当に1.5次会はリーズナブルな結婚式なのでしょうか。

先程も述べたように、ご祝儀や会費はゲストの料理やドリンクに充当されます。この他にも、パーティを行うにはたくさんのアイテムが必要となってきます。例えば、装花や衣裳、印刷物(招待状・席次表・メニュー・席札)、司会進行者、会場費、美容代、音響証明使用料、その他にも、新郎新婦が希望するアイテムなどがありますが、この費用は自分たちで負担することになります。

このアイテムの内容だけを見ていくと、さほど結婚披露宴と変わらないように感じますし、本当に価格をおさえることができるのかと、不安になってきてしまいますよね。では実際に1.5次会にしたカップルはどのような工夫を行ったのかをチェックしていきましょう。

・テーブル数を減らすことで、装花や印刷物などの必要アイテムの実数を少なくしていく
・会場の費用をおさえるために、リーズナブルな会場を選ぶ
・自分たちで手作りをしていけるものは手作りをする

先輩カップルも、費用を抑える工夫を行っているようですね。どこに重点を置くのかを2人で話し合いながら、自分たちらしい1.5次会を演出しましょう。

グランドニッコー東京台場

出典:gensen wedding | ガーデンダイニング(グランドニッコー東京 台場)


3| 1.5次会はさまざまな工夫でコストダウンが可能な結婚式!

この他にも、具体的に費用面を抑える工夫をした例をご紹介します。あるカップルの1.5次会では、親族席のみ決めておき、それ以外のゲストは自由にグループごとに座ってもらうなどの工夫をしたそうです。このような取り組みで、席次表や席札などの費用を抑えることができ、満足度も高かった様子です。

また1.5次会を選ぶカップルが多くなっているため、多くの会場が1.5次会用のプランを用意し、通常の結婚披露宴よりもリーズナブルな料金を設定しています。会場を選ぶ際にはその辺りを確かめて、自分たちの予算にあった1.5次会ができるのかを見極める必要がありますね。

自分たちで手作りできるものはなるべく手作りをしていくことで、よりアットホームなパーティを演出することもできますし、1.5次会の自由度は無限に広がっています。お金をかけた盛大な演出をすることだけではなく、自分たちらしいパーティにするための演出を考えていきましょう。

代々木ビレッジ

出典:gensen wedding | 代々木ビレッジ by kurkku


4| まとめ

いかがでしたか?1.5次会は、様々なことを新郎新婦が自由に選んでいくことができる結婚式です。だからこそ、費用面に関してもしっかりと自分たちで考えていきたいですよね。結婚式場相談カウンターには、結婚式のプロがいて、会場決定までの費用についても相談にのってくれます。また、結婚式場のウエディングプランナーも2人の希望にあわせたアイテムや演出など様々な面で相談に乗ってくれるはずです。せっかくの晴れの日ですので、2人でしっかりと話し合い、素敵な1.5次会を実現してくださいね。

代々木ビレッジ

出典:gensen wedding | 代々木ビレッジ by kurkku

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

関連する記事