ウエディングでゴージャスなケーキ入刀には欠かせない!イミテーションケーキとは

結婚披露宴などでは、初の二人の共同作業として「ケーキ入刀」があります。可愛らしい生ケーキに入刀してゲストに配るのも素敵ですが、見た目がゴージャスで写真映えするケーキは「イミテーションケーキ」のほうが勝ると言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イミテーションケーキとは

イミテーションケーキとは、披露宴などで行われるケーキ入刀のために用意された作り物のケーキです。ナイフを入れる部分だけ本物の生ケーキで作られており、残りの部分は精巧に作られたイミテーションのケーキです。セレモニーケーキとも言われ、3段ほどの高さがあり、見た目もとても華やかなケーキが多いです。

shutterstock_321173000

何しろ見た目がゴージャス!

イミテーションケーキは、生ケーキと違って見た目がとても華やかでゴージャスです。高さも台座を含めると2メートル以上のものが多く、直接口に入れるものではないので生花やバルーンなどで装飾もできます。生ケーキで同様のものを作るとなると大変な手間とコストがかかりますが、イミテーションケーキならコストパフォーマンスに優れ、飾りつけも自由に選ぶことができます。

shutterstock_232669570

衛生的にも便利

結婚披露宴など多くの人が集まる場所では、どうしても空気中にホコリやウィルスが飛んでしまいます。生ケーキを使ったケーキ入刀では衛生面を考慮し、切った後はすぐにゲストに配るなどスピーディーな対応が求められます。
しかしイミテーションケーキなら、ケーキ入刀後もゆっくりと写真を撮る余裕がありますし、ホコリやウィルスが付着しても実際に食べることはないので安心して利用できます。

shutterstock_455944645

ケーキ入刀のあとに本物の生ケーキを配るのが人気

イミテーションケーキは食べることができないケーキですが、実際にはケーキ入刀が終わった後は食べることのできる生ケーキが配られることが多いです。もしくはケーキ以外のスイーツも楽しめるデザートブッフェが用意されている会場も多いでしょう。イミテーションケーキは華やかな見た目を楽しむことができ、その後は美味しいデザートが食べられる一石二鳥の楽しみ方ができます。

shutterstock_176606714

イミテーションケーキならデザインが豊富

イミテーションケーキは発泡スチロールやショートニングなどを用いて作られています。そのため軽量であり、デザインも豊富で多くの種類があります。生ケーキでは作ることのできない斬新なデザインを楽しむこともできるので、こだわりがある方にこそおすすめしたいケーキです。食べることができないと分かっていても、そのゴージャスなデザインに多くのゲストが喜んでくれることでしょう。

shutterstock_148135481

おわりに

ケーキ入刀のために作られたイミテーションケーキ。実際に食べることはできなくても、見た目が華やかで豪華な装飾がされているケーキはその場の雰囲気を一気に明るくしてくれます。イミテーションケーキはクリームが溶けたり不衛生だったりという心配もないので、ゆっくりとケーキ入刀を楽しむことができるでしょう。

関連する記事

  • TOP
  • アイテム
  • ウエディングでゴージャスなケーキ入刀には欠かせない!イミテーションケーキとは