神前結婚式創始の神社での挙式とは?【東京大神宮マツヤサロン】取材記事まとめ

近年ますます、“和婚”への注目度が高まっています。
ホテルの神殿で行うものや和装フォトウエディングなど、和婚にもいろんなスタイルがありますが、日本の伝統を重んじる人に支持されるのはやはり神社での神前式。
今回はそんな古き良き日本の結婚式を挙げるにふさわしい『東京大神宮マツヤサロン』を取材。
格式高く特別な神前式と歴史ある披露宴会場、和の心が伝わるおもてなしから結婚式の後の魅力まで、たっぷりとご紹介します。(取材:gensen wedding 編集部/文:クリス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京大神宮

出典:gensen wedding | 東京大神宮マツヤサロン


1.東京大神宮から始まった、神前式の歴史

かつての日本では結婚式は家庭で行うのが通例でした。明治33年、当時の皇太子殿下(のちの大正天皇)と九条節子さま(のちの貞明皇后)の「御結婚の礼」(結婚式)が宮中の歴史において初めて皇居内の賢所(かしこどころ)のご神前で行われると、民間においても神前の婚儀への関心が急速に高まりました。それを受けて一般の人々に向けた神前結婚式を創始した神社が、今回取材した東京大神宮なのです。

1-1.結びの神様に、結婚を誓う

日本における神前式の創始である神社にまつられているのは、御祭神“天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)”。伊勢神宮の内宮(ないくう)の御祭神であり日本国民の総氏神でもある神様がまつられている東京大神宮は、「東京のお伊勢さま」と親しまれています。

また東京大神宮は、“造化の三神”という結びの神様もまつられている縁結びの神社なので、結婚という“人と人を結ぶための場所”にふさわしいといっても過言ではありません。

1-2.格式高く、しかし、「ここにしかない」がある神前式

神前式創始の神社「東京大神宮」での神前式は、伝統的な式次第で行われます。そんな格式高い神前式に漂う厳かな雰囲気。普段味わうことのない心地よい緊張感が、おふたりとゲストに忘れられないひとときを届けてくれるでしょう。

さらに東京大神宮の神前式は、ほかの神社にはない特色があります。それは“巫女の舞”。

ほとんどの神前式では、巫女の舞は“豊栄舞(とよさかのまい)”と呼ばれる舞のみですが、東京大神宮では“豊寿舞(とよほぎのまい)”という舞も奉納しています。

豊寿舞は、かつての伊勢神宮祭主・北白川房子さまよりたまわった祝婚歌の調べにのせて舞う、東京大神宮にしかない舞。子孫繁栄の象徴である蝶の装束をまとった巫女が優美に舞い、おふたりの結婚を祝福してくれるのです。

東京大神宮の神前式には、おのずと背筋がピンと伸びるほどの格式の高さと、ここにしかない特別感があります。

1-3.神様と歴史を身近に感じる、一生忘れられない空間

神社での結婚式の魅力といえば、神聖さと歴史の重み、そして神様に見守られているという心の安らぎを感じられること。東京大神宮での結婚式はさらに、幻想的な光景もみせてくれます。

その光景とは、秋冬限定でおこなわれている“かがり火挙式”。
かがり火が焚かれ、行燈(あんどん)が灯された境内には、非日常の幻想的な光景が広がります。

おふたりにとってきっと生涯で忘れられない特別な光景となるでしょう。

東京大神宮挙式

出典:gensen wedding | 東京大神宮マツヤサロン



挙式_豊寿舞

出典:gensen wedding | 東京大神宮マツヤサロン


2.歴史に圧倒される! 大人気の披露宴会場

東京大神宮マツヤサロンにある披露宴会場は、全部で4つ。

白を基調とした上質な空間が広がる五十鈴(いすず)の間。
和モダンで和装もドレスも映える瑞穂(みずほ)の間。
ヨーロッパの邸宅のようにアットホームな雰囲気の重浪(しきなみ)の間。

そして一番人気の会場、神路(かみじ)の間。
この神路の間はなんと、加賀百万石の旧前田侯爵邸の一部をそのまま移築した会場なんです。一歩そこに足を踏み入れれば、黒漆塗りの千本格子や緋色の絨毯など、大名屋敷ならではの重厚感を体感できます。

結婚式場にもさまざまな和の空間がありますが、大名屋敷の堂々とした風格を残した会場はとても貴重です。披露宴中は写真撮影も可能なので、神路の間ならではシーンをいくつも残せますよ。

また写真撮影は、東京大神宮マツヤサロン内にある和の風情あふれる中庭でも。
東京大神宮での結婚式は、日本の伝統美を肌で感じられるので、和のテイストが好きな方は一目惚れしてしまうかもしれません。

東京大神宮

出典:gensen wedding | 東京大神宮マツヤサロン



東京大神宮

出典:gensen wedding | 東京大神宮マツヤサロン


3.ゲストに届ける、快適なおもてなし

東京大神宮マツヤサロンは、幅広い年齢層のゲストに喜んでもらえる結婚式が挙げられると人気の式場。なぜなら、おもてなしとして重視される“アクセス”と“料理”の満足度が高いからです。

3-1.アクセスに優れた立地

JR中央・総武線、東京メトロ有楽町線・南北線・東西線、都営地下鉄大江戸線の飯田橋駅から徒歩約5分というアクセスの良さを誇る、東京大神宮。さまざまなルートを利用でき、駅からも近いので、ゲストに移動の負担をあまりかけずに済みます。

また東京の縁結びスポットとしても人気なので、駅周辺には案内板も。遠方のゲストがいても迷わずに来てもらえるでしょう。

3-2.コンパクトでありながらゆとりはしっかりと

結婚式では会場の動線が複雑ゆえに、式場内で迷っている人をよく見かけます。その点、東京大神宮と東京大神宮マツヤサロンは、結婚式の動線がシンプルかつコンパクトなので、迷うことはほぼありません。

神前式の最初に参進の儀で歩く境内は、ご年配のゲストでも無理なく歩ける距離な上、儀式の間は境内の一般参拝者をスタッフが整備してくれるため、家族みんなでゆっくりと神前へ進むことができます。

また一番人気の披露宴会場“神路の間”は、最大80名が着席できる広々とした空間。テーブルは長テーブルを使うため、テーブルとテーブル、席と席の間にもしっかりとゆとりを持たせることが可能です。そして神路の間は和風建築ではありますが、イスに腰かけて食事をするため、足腰の弱いゲストにも快適な時間を届けられますよ。

3-3.伊勢の美食を味わう、特別な和懐石

東京大神宮マツヤサロンの料理は、おいしさはもちろん、器や見た目の美しさ、ボリュームにも満足感があると好評。
食材は、料理長が自ら産地に足を運んだり取り寄せたりして厳選したものを使用するこだわりぶりです。

中でも特におすすめしたいコースが1日1組限定の伊勢懐石料理。伊勢海老や三重県産和牛など、伊勢の贅沢な食材を使った料理は、“東京のお伊勢さま”として親しまれている東京大神宮だからこそ届けられる懐石フルコースです。

東京にいながら伊勢の美食を味わえる豪華な料理は、ゲストにインパクトのあるおいしさを与えてくれるでしょう。

東京大神宮の料理

出典:gensen wedding | 東京大神宮マツヤサロン


4.人生に寄り添い続けてくれる神社での結婚式

神社での結婚式のいいところは、日本らしさや神聖さがあるといった雰囲気の面だけではありません。日本人にとって身近な場所である神社で結婚式を挙げれば、その後の人生において、いつでも結婚式の思い出に触れられるようになります。

4-1.心のよりどころが1つ増える

街にとけこむ東京大神宮には、日々参拝や散歩などでたくさんの人が訪れます。きっとこの記事を読んでいる皆さんの中にも、訪れたことがある人はいるでしょう。そんななじみのある神社で、結婚式を挙げることによって、ふたりにとって特別な場所になるのです。

結婚記念日はもちろん、初詣や日々の参拝で。また、ちょっと夫婦喧嘩をしてしまった時などに東京大神宮を訪れれば、ともに幸せになることを誓った日のことを振り返ることができます。

神社で結婚式を挙げることはきっと、ふたりにとって人生における心のよりどころを1つ増やすきっかけとなるのではないでしょうか。

4-2.ふたりの人生を豊かにする人との縁がある

さらに結婚式は、人とのつながりの場でもあります。

東京大神宮での結婚式の場合、ふたりの結婚式を支える式場のスタッフをはじめ、神職や巫女との出会いがあり、特に一緒に結婚式をつくってきた仲間ともいえるプランナーとは、長いお付き合いをしているというカップルも珍しくありません。お子様が生まれた報告をしに来てくれる人、お子様のお宮参りもここでする人、さらに大きくなったお子様がここで結婚式を挙げるなんて人もいるそうです。

また結婚式から1年後と10年後のタイミングには、同じ時期に結婚式を挙げたカップルを東京大神宮マツヤサロンが招待して、祈祷と食事をする記念の集いを開いています。この会で同席したカップル同士が意気投合し、その後もずっと交流を続けているケースもあるのだとか。

東京大神宮で結婚式をしたからこそつながった縁がある——。
東京大神宮マツヤサロンのプランナーさんは、結婚式を通して人と人とのつながりが生まれる瞬間に喜びを感じるとおっしゃいました。

結婚式を通して出会った人とのつながりは、きっとふたりの人生をより豊かにしてくれるでしょう。

東京大神宮

出典:gensen wedding | 東京大神宮マツヤサロン


5.まとめ|格式高く、あたたかい。東京大神宮は、ふたりをずっと見守ってくれる

和婚もいろんな形でできるようになった現代。そんな時代にあえて伝統的な神前式を挙げればきっと、普段の生活では気づかないような日本の魅力を再発見できるかもしれません。

なにより神社は、私たちにとって身近な場所。結婚式を挙げた大切な場所がずっと変わらずそこにあり続けてくれるので、おふたりも結婚式の思い出や人とのあたたかなつながりを確かめ続けられるでしょう。

和婚にあこがれる方はぜひ、日本の古き良き結婚式も検討してみませんか?

gensen weddingでは、元ウエディングプランナーが結婚式場に独自の取材を行い、結婚式のプロであるプランナーならではの信頼できる情報をストックしています。『東京大神宮マツヤサロン』について、ネットや口コミよりリアルな情報を知りたい方は、gensen weddingの相談カウンターを気軽にご利用くださいね!
>>>gensen wedding ブライダル相談会はコチラ

***「LINEで相談」も気軽にご利用ください***
gensen wedding の元プランナーにはLINEで相談することもできます。お仕事やプライベートの都合などでご来店が難しい方や、海外や遠方にお住まいの方、とりあえず気になることを相談したいという方も、LINEで気軽にご相談ください。
>>> LINE相談はコチラ

gensen wedding ゲンセンウエディング

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は無料相談会へ

元プランナーとホンネの相談
結婚式のリアルな情報が知りたい方は
無料相談会へ

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-19:00 / 土日祝 10:00-19:00
定休日: 月・火曜日(祝日を除く)

関連する記事

  • TOP
  • 結婚式場
  • 神前結婚式創始の神社での挙式とは?【東京大神宮マツヤサロン】取材記事まとめ