6月の結婚式というと、「ジューンブライド」ってよく聞くけど何だっけ?

6月の結婚式と言えば、「ジューンブライド」。「6月に結婚をする花嫁は幸せになれる」という言い伝えは、皆さんも一度は耳にしたことがあると思います。 そして、ジューンブライド・6月の結婚式に憧れている女性も多いのではないのでしょうか。しかし、よく聞く「ジューンブライド」とは、もともとどういう意味なのでしょうか。どうして6月に結婚をすると幸せになれるのでしょうか。今回はジューンブライドについて深く掘り下げてみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マノワールディノ

出典:gensen wedding | マノワール・ディノ


結婚を守護する6月の女神

「ジューンブライド」の意味で代表的なものに、”ユーノー”というローマ神話の女神に由来する説があります。ユーノーは“女性の結婚生活を守護する女神”と言われています。
そして、6月はそのような結婚を守護するユーノーの月にあたるのです。そのため、6月に結婚式を挙げることができる女性は、ユーノーに祝福され幸せな結婚生活を送ることができると考えられるようになりました。

また、ユーノーは嫉妬深いことでも知られています。女性好きの夫ゼウスに対して、常に目を光らせては叱責していたといいます。浮気を許さない女神ユーノーのご加護があると思うと、新婦にとっては嬉しいことかもしれませんね。ちなみに、ユーノーはアルファベットで”Juno”と書きます。英語の6月”June”の語源になったとも言われているのです。

マノワールディノ

出典:gensen wedding | マノワール・ディノ


ヨーロッパでは結婚式にぴったりな月

古代のヨーロッパでは、農家がいそがしくなる3〜5月は、農作業の妨げになるため結婚が禁止されていたそうです。その結婚が解禁となるのが6月。そのため、多くのカップルが、時には村の人たち合同で結婚式を挙げるため、幸せが満ちあふれる・お祝いムードの6月となった訳です。

また、ヨーロッパの6月は雨が少なく気候がいいため、結婚式には最適とされていました。日本とはイメージが違ってきますよね。

アニヴェルセル豊洲

出典:gensen wedding | アニヴェルセル 豊洲


日本でのジューンブライド

ご紹介してきたように、「ジューンブライド」の由来は日本ではなく中世ヨーロッパにあります。では、なぜ日本でジューンブライドがここまで広まったのでしょうか。

6月といえば、日本では梅雨の時期。当然、雨の結婚式を避けるため、6月に結婚式を挙げるカップルは少なくなります。すると、気候の良い春や秋に結婚式を挙げるカップルが固まってしまうのです。

そのため、6月にも結婚式を挙げてもらいたい、もっと結婚式を挙げる幸せなカップルを増やしたいという想いから、1960年代にブライダル業界がヨーロッパの風習を広めたのが始まりでした。

今では、「ジューンブライド」という言葉を聞いたことがない人はいないほど、日本に普及しています。6月に結婚式を検討されている方は、是非ジューンブライドの意味や由来を知っておくと、より結婚式への想いが深まりますね。

THINGS 結婚式

出典:gensen wedding | THINGS Aoyama Organic Garden.dth


ジューンブライドおすすめアイテム&演出

では、実際に6月に結婚式をする!というカップルへ向けて、おすすめのアイテムをご紹介したいと思います♪

まず会場や新郎新婦を彩るのにかかせないのが「お花」。6月のお花というと「紫陽花」が定番ですが、他にもピッタリなお花があるのです。それは、「オレンジブロッサム」。オレンジの花になります。実はこのオレンジブロッサム、先ほどご紹介した結婚生活を守護する女神”ユーノー”とそのお相手の”ゼウス”が結婚したときに使われた花と言われているのです。更に花言葉が「結婚式」「花嫁の喜び」「純粋」「愛らしさ」というところからも、結婚式にピッタリなお花になります。

あじさい

また、梅雨の時期ということをプラスにとり、あえて梅雨のアイテムを装飾に取り入れてみるのはいかがでしょうか。お洒落な長靴にお花をさしてみたり、カラフルな傘をランダムに飾ってみたり…。梅雨の時期でも、ひとたび式場に入ると、心が晴れやかになるようなアイテムを取り揃えることで、ゲストのテンションもより上がってくれることでしょう。

そして、6月は「父の日」があります。日頃言えないお父様への感謝の気持ち。父の日がある6月だからこそ、今までの感謝を伝える演出を取り入れてみるのも素敵ですね。

カルビアーノ 新婦と父

出典:gensen wedding | リストランテ カルビアーノ


まとめ

いかがでしたか?今回はジューンブライドについて、由来やおすすめアイテムをご紹介していきました。結婚記念日にもなる結婚式の日程は、新郎新婦にとってとても大切なものとなります。今回のジューンブライドの由来も、おふたりの結婚式の時期を決める参考にしていただければ嬉しいです♪

また、結婚式の時期に合わせたアイテムや演出を取り入れて季節感を出していくのも素敵ですね。プロのスタッフに相談しながら、自分たちらしいウェディングを創り上げていきましょう。

関連する記事

  • TOP
  • 知識
  • 6月の結婚式というと、「ジューンブライド」ってよく聞くけど何だっけ?

タグ一覧