結婚式費用の相場とは?費用の変動要素をご紹介

結婚式は夫婦になる2人の門出となる大切な儀式です。結婚式を挙げようと決めたら気になるのはどれぐらい費用がかかるのかでしょう。そこで、結婚式費用の全国平均や費用の変動要素についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式の費用の相場はいくらぐらい?

結婚式は一般的にはどれぐらい費用がかかるものなのでしょう?結婚式の費用は、結婚式をどこで行うか、ゲストの規模をどうするか、どんな式にするのかで変わってきますが、「ゼクシィ結婚トレンド調査」によると平均額は約360万円かかっていることがわかります。

指輪

結婚式場のタイプによって相場は変わる

全国平均の費用は相場を知る上で役に立ちますが、結婚式場のタイプによっても費用は変わってきます。全国平均をご紹介した同じデータによると、レストランの場合は平均約195万円、専門式場やホテルは平均約260万円、ゲストハウスは約320万円という結果になっています。

ケーキ入刀

ゲストの人数によって相場は変わる

結婚式を盛大に行いたいという人の場合は多くのゲストを呼ぶことになるでしょう。また、小規模で質素に行いたいという人もいるはずです。当然ゲストの数が多くなれば相場は高くなります。
しかし、ご祝儀も増えることになりますので、単純に最終的な負担が増えるとは言い切れません。少人数になると1人当たりは割高になる傾向があるようです。

新郎新婦

結婚式を挙げるエリアによっても相場は変わる

同じ規模の結婚式を挙げる場合であっても、日本のどのエリアで式を挙げるかによって費用が変わります。結婚式は地域ならではの風習によって左右される面があるのです。
例えば、北海道では主に会員制で行われるため相場は低め、東日本は費用が高めである一方西日本では低めになるといった傾向があるといわれています。

海外

結婚式の日取りや2人の年齢によっても変わる

結婚式の費用は、日取りによっても変わってきます。結婚式の「時期」「季節」「曜日」「時間帯」「日柄」などで、会場によってはお得なキャンペーンを行っていることが多いです。
1年後よりの気候の良い季節よりも、3ヶ月後の夏の方がお得になったり、土曜の昼より日曜の午後の方がお得だったりします。

リゾート

おわりに

結婚式を挙げるにあたって費用の相場を知った上でどんな結婚式にするか考えることは重要です。しかし、費用のことばかり考えていると、本来の目的を見失ってしまうことがありますので注意が必要でしょう。
結婚する2人がどんな結婚式をしたいのかをまず決めた上で、相場を見ながら工夫して実現していくといった姿勢が必要になるでしょう。
(1)リクルートマーケティングパートナーズ「ゼクシィ 結婚トレンド調査2016」http://www.recruit-mp.co.jp/news/pdf/20161018_01.pdf

関連する記事

  • TOP
  • 費用
  • 結婚式費用の相場とは?費用の変動要素をご紹介

タグ一覧