これだけは押さえよう!結婚式見積書の見方・もらい方

結婚式は新郎新婦の晴れ舞台であると共に、これまでの感謝をゲストに伝える場でもあります。夢や希望が膨らむ結婚式ですが、決して安い金額ではありません。ここではそんな結婚式の見積書の見方ともらい方を紹介していきます。見積書についての知識を身に付けることで、料金面からも納得のいく結婚式を挙げましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

複数の式場から見積もりを取ろう

結婚式を挙げることが決まったら、気になる式場をいくつか探しましょう。結婚式の相場は70名招待した場合、約300万円となっていますが、地域によって差があります。
複数の式場を見学し、それぞれの見積もりをもらうことで、自分たちの結婚式の予算の概要が見えてきます。よって複数の式場を見学し、それぞれの式場で見積もりをもらうことがおすすめです。

コーディネート

見積もりを見比べよう

複数の見積もりを手に入れたら、それらを比較してみましょう。合計金額を比較するだけでなく、一つ一つの項目を細かくチェックしていきます。
ですが、同じ金額の料理であっても会場によってクオリティが違うなど、一見比較しただけではわからないことも多いため、結婚式のアドバイザーに相談することをおすすめします。
その他、お色直し用の衣装や写真撮影やアルバムなどは、初回の見積書に含まれていないケースがあるので、しっかりとチェックすると良いでしょう。式場によって数十万単位の違いが発生する項目もあります。
特に衣装や会場費などは差が発生しやすい項目です。そんなときは見積もりの中に衣装が何着含まれているのか、会場費にプロジェクターやマイクなどの備品が含まれているか確認することが重要となります。

ティファニーブルー

ランクアップしそうな項目を洗い出そう

多くの式場では一番安い料金で見積もりを提出します。
よってこだわりたい項目がある場合は、ランクアップが必要です。例えば料理やドリンクの品数を増やしたいのであれば、人数が増えるごとに料金も高くなります。
予算オーバーしそうなときは、お金をかける項目と節約する項目を精査し、メリハリのある計画を立てることが大切です。

コーディネート

持ち込み料金について確認しよう

花嫁衣裳は基本的に式場と提携したお店でレンタルします。
けれどもどうしても着たい衣装がある場合は、それを式場に持ち込むことになるでしょう。このように外部からの衣装や引き出物の持ち込みには、料金が発生するケースがあります。
式場によっては高額な持ち込み料が設定されていることもあるため、事前に確認すると安心です。持ち込み料金は値引き交渉がしやすい項目でもあるため、予算に限りがある場合は担当者に相談してみると解決策が見つかるかもしれません。

ウエディングドレス

見積もりの再提出を依頼しよう

見積書の比較とランクアップしたい項目の洗い出し、持ち込み料金の確認ができたら、再度見積書の提出を依頼しましょう。2回目の見積書は、自分たちの要望を組み込んだ内容となり、より正確な料金が算出できます。

フォト

おわりに

式場見学を行っても、具体的な結婚式のコンセプトややりたいことが見つかることはほとんどありません。
ですが、内容が固まらないなかで式場を決定してしまうと、やりたいことから後からどんどん出てきて、予定していいた費用をオーバーしてしまうなんてことも多くあります。式場見学前にコンセプトを決めて、こだわりたいポイントと節約するポイントをしっかりと考えることで、予算内で満足のいく結婚式を挙げることができるはずです。
もしイメージがなかなか湧かないという場合は、結婚式のアドバイザーに相談することもおすすめです。

関連する記事

  • TOP
  • 未分類
  • これだけは押さえよう!結婚式見積書の見方・もらい方