妊婦さんでも安心!マタニティウェディングドレスとは

授かり婚が増えている現在、ウェディングドレスを着る花嫁が妊婦さんというケースも増えています。 昔はドレスのサイズを大きくさせるのが一般的でしたが、妊婦さんのためも安心して選ぶことのできるようにサイズ調整できたり、ウエストにデザインがあるドレスなど、 お腹を目立たせないようにしたり、負担の少ないマタニティにやさしいドレスがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マタニティウェディングドレスとは

妊婦さんも選びやすいのためのウェディングドレスとは、お腹周りがゆったりめに作られていたり、調整しやすいドレスデザインなど、妊婦さんでも美しくドレスを着こなせるように配慮されているものを指します。妊娠初期の方から後期の方まで幅広いサイズに対応でき、からだに負担が少なく、美しさや可愛さもしっかり満足のできます。

マタニティ

デザインはAラインが多い

マタニティウェディングドレスはさまざまなデザインがありますが、中でも多いのが「Aライン」とよばれる形です。これはバストより下のお腹部分から裾に華やかに広がるドレスであり、妊娠中のお腹周りに負担をかけないようにできています。
また、見た目的には普通のウェディングドレスと変わりなく、妊婦さんと言わない限りお腹が出ていることに気づかない人も多いようです。

マタニティドレス

妊婦さんに配慮する工夫がたくさんついたドレス

マタニティウェディングドレスは、妊婦さんにとても配慮されているドレスです。例えば布地は身体に負担のかからないよう軽量素材でできているものが多く、お腹周りはストレッチ素材の布地を使って、座る時でも苦しくないよう配慮されています。そしてウェストの切り替え場アンダーバスト付近で行われ、背中はスッキリ見せるように妊婦さんの体形をカバーするように工夫されているものが多いです。

マタニティウエディング

妊娠中でも好きなデザインが選べる

お腹周りをカバーするようなAラインのデザインが多いマタニティウェディングドレスですが、そのデザインはとても豊富です。あえて妊娠中の体形をアピールするようなマーメイドデザインもありますし、背中のバックスタイルを注目してもらえるようなエレガンスドレスもあります。また、ウェディングドレス以外のカラードレスも増えてきているので、シーンに合わせて何種類かのドレスを使い分けても良いでしょう。

マタニティ

妊娠初期よりも、安定期に入ったほうがおすすめ

妊娠5か月までの初期の期間は、お腹も目立つことがないので人によっては普通のウェディングドレスを着ることもできるでしょう。しかし妊娠初期というのはつわりも多く、体調に不安を感じる人も少なくありません。せっかくウェディングドレスを着るのなら、体調が安定した6か月以上の安定期がおすすめです。マタニティウェディングドレスは目立ったお腹を優しくカバーし、妊婦さんならではの美しさを引き立ててくれます。

マタニティ

おわりに

妊娠中というのは何かとストレスも多く、人によっては結婚式をあきらめてしまう人も多いでしょう。しかしマタニティウェディングドレスをはじめ、最近では授かり婚に対してさまざまなサービスがあります。妊娠したからと言って挙式をあきらめるのではなく、いろいろなサービスを利用してぜひ素敵な結婚式にしましょう。

関連する記事