結婚式の常識を覆す?!アルカンシエル南青山の「おもてなし」がつまったお料理に心もお腹も満たされる♪

結婚式で「おもてなし」を重視するなら、やっぱり美味しいお料理は欠かせないですよね。 ただ、それだけで本当に満足でしょうか? せっかくなら、美味しいを超える感動をお料理で追及して、「こんなの初めて!」という感動をゲストに届けてみませんか? 今回取材してきた「アルカンシエル南青山」のお料理は、ゲストが喜んでくれる おもてなしポイントが満載! これまでの結婚式の常識を覆すこだわりの数々をぜひご覧ください♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルカンシエル南青山

出典:gensen wedding | アルカンシエル南青山


1.アイディアマンシェフと楽しく相談!地元食材を使ったオリジナルメニューもお任せ♪

ゲストをもてなすお料理だからこそ、ふたりらしさを表現したいと思っているカップルも多いのではないでしょうか。そんなふたりに朗報♪ 「アルカンシエル南青山」では、出身地の食材を盛り込んだメニューなど、ふたりらしさを表現できるお料理をシェフと相談しながらつくりあげることができるのだそうです。

とは言え、「シェフって職人気質で相談しにくそう」「どんな人がシェフなの?」と不安になる方もいるかもしれません。そこで「アルカンシエル南青山」では、ブライダルフェアのご試食会でシェフと直接お話しできる場をつくっているのだとか。
お話し上手で気さくなキャラクターのシェフは「いろいろ相談しやすい!」と先輩カップルからも大人気。

シェフ

出典:gensen wedding | アルカンシエル南青山

こちらの武藤シェフは長年婚礼料理に携わってきたプロフェッショナルで、素材を活かしつつも結婚式らしい華やかさを大切に、新郎新婦の想いをくみ取ったお料理を考案してくれます。
例えば、大分県と沖縄県出身の新郎新婦の結婚式では、デザートブッフェで「かぼすゼリー」と「ちんすこう」を提供したり、おばあちゃまが育てた野菜を使用したメニューを考案したり。

どのような要望も前向きに相談にのってくれるのは、お料理にこだわりたいカップルには嬉しいですよね。メニュー名にも産地やふたりの名前を入れてくれるので、ゲストの会話が盛り上がることも間違いなしです!

料理

出典:gensen wedding | アルカンシエル南青山


2.「こんなの初めて!」の声が続出!ゲストが当日セレクトできる婚礼料理ってスゴすぎ☆

さらにインパクト抜群なのが、お料理の選び方。
結婚式と言えば、事前に新郎新婦がチョイスしたお料理を全員同じように提供するのが一般的。数十人、時には100人を超えるお料理を提供するとあっては、個人の好みを聞いていられない…という会場側の事情もあり、長い間「結婚式の常識」として定着してきました。

ところが、「アルカンシエル南青山」では、これまでの常識を打ち破るべく、独自の提供スタイルを実現しているのだそうです。
なんと、結婚式当日に、ゲストがそれぞれ和テイストか洋テイストかをチョイスして、レストランのようにお料理を楽しめるというから驚きです!

もちろん、ゲストからは「こんな結婚式、初めて!」「その日の気分で選べて嬉しい!」と驚きと感動の声が続々♪同じテーブルの友人と別々にオーダーしてシェアするのも楽しそうですよね。お料理をきっかけに会話が弾むので、会場がとても和やかな雰囲気になるというのも納得です☆

料理セレクト

出典:gensen wedding | アルカンシエル南青山

また、年配のゲストからは「フレンチで食べられるか不安だったけど、和テイストのソースを選べてほっとした」などの声もたくさんあるそう。お箸の用意もあるので肩肘はらずに楽しめる心配りも喜ばれることでしょう。

ゲストひとりひとりにお料理を楽しんで欲しいという想いが溢れる、とっても素敵なサービスですよね。

セレクト料理

出典:gensen wedding | アルカンシエル南青山


3. 絶品スペシャリテは「幸せの架け橋」をイメージしたロッシーニ

そんな「アルカンシエル南青山」のスペシャリテは「ロッシーニ」。
和牛とフォアグラを贅沢に使ったスペシャリテは特別感を感じられる一品です。 
存在感のあるフォアグラはフランスから数日前に届くフレッシュなフォアグラを使用。

多くの会場では冷凍を使用しているところが多いのですが、フレッシュなフォアグラを使うことで独特の臭みがなく、フォアグラが苦手だったゲストも「美味しい!」とぺろりと召し上がってくれるのだとか。

また、ソースも大葉とネギを使用していてさっぱりしていてご年配のゲストも食べやすいようにアレンジされているという嬉しい配慮も♪

そして、ロッシーニの下に敷かれているお米は七穀米。フランス語で「アルカンシエル=虹」という意味があるように虹の七色とかけて使用されているそう。「お客様の未来をつなぐ、幸せの架け橋」をイメージしてつくられている一皿は、色鮮やかな見た目も楽しめ、ゲストを幸せな気持ちにさせてくれること間違いなしですね!

スペシャリテ

出典:gensen wedding | アルカンシエル南青山

スペシャリテ以外にも、遊び心が溢れるお料理ばかりで、包みを開けると蒸気とともに香りがふわっと立つ「カルタファタ」や、席を立たずにデザートブッフェ感覚が楽しめる「テーブルブッフェデザート」など、わくわくする仕掛けがいくつもあり、結婚式後も話題にのぼるようなものばかり。試食をいただいた取材班も、ついつい仕事を忘れて楽しんでしまいました。笑


4.取材班も興奮!買って帰りたいくらい美味しすぎるパンで満足度あがりっぱなし♪

試食後も「すっごく美味しかったよね!」と取材班が大盛り上がりするほどだったのが、お料理とともに提供される焼きたてのパン。
今までに経験したことがないほどのアッツアツ状態で、それだけで思わず笑顔になってしまうほど。お料理にあわせて異なる種類を提供してくれ、なんと全5種類も楽しめてしまいます。しかもひとつひとつが、買って帰りたいくらい美味しい♪

お料理に次ぐ準主役の焼きたてパンはゲストからも大好評なのだそう。こんなところにも「アルカンシエル南青山」ならではのこだわりがつまっているのですね。

パン

出典:gensen wedding | アルカンシエル南青山

さらには、パンのお供のバターにもひと工夫が!
まずはその可愛らしい見た目に、女性ゲストならきっと写真を撮りたくなるでしょう。
ホイップ状のバターは2種類あり、1つはプレーン、もう1つはオレンジピールが入ったタイプ。まさか、バターまでチョイスできるなんて…!!焼きたてパンとの相性は抜群で、満足度はぐんぐん上がりっぱなしです。

試食付きの会場見学に参加した際には、ぜひパンもチェックしてみてくださいね。


5.まとめ

今回は「アルカンシエル南青山」のお料理にスポットをあててご紹介しましたが、いかがでしたか?

「おもてなし」の代表格であるお料理は、ゲストも楽しみにしているポイントのひとつですよね。さり気ないひと工夫から一皿に込められた想いなど、「アルカンシエル南青山」のお料理へのこだわりは取材班も驚きの連続でした。
レストランにも劣らないレベルで、ここまで徹底して「新郎新婦とゲストの為に」と力を尽くせる会場にはなかなか出会うことができません。

3つのバンケットすべてにオープンキッチンが併設されているからこそ実現できる、ハイクオリティなお料理でのおもてなし、ぜひ体験してみて下さい♪

まとめ

出典:gensen wedding | アルカンシエル南青山

【アルカンシエル南青山に関する記事】
関連する記事①:【アルカンシエル南青山】緑と光あふれるナチュラル空間で「感謝」を随所に散りばめたウエディング

  • TOP
  • 未分類
  • 結婚式の常識を覆す?!アルカンシエル南青山の「おもてなし」がつまったお料理に心もお腹も満たされる♪