引菓子選びにはコツがある!由来や相場を知って楽しく選ぼう

結婚式に来てくれたゲストに、感謝の気持ちを伝えるものとして大事な引菓子ですが、どんなものを選べばいいのか、 相場はどれくらいなのかを知らなければ意外と選ぶのは難しいものです。 そこで今回は引菓子の由来から相場、おすすめの引菓子についてお話します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも引菓子って何?

引菓子とは、引出物に添えてゲストに渡すお菓子のことです。引出物があるのに、どうしてさらにお菓子を添えるのか不思議に思う方も少なくないかもしれませんが、
引菓子には「結婚式に出席してくれたゲストの家族に対するお土産」という意味がこめられています。また「引く」という言葉には、「長引く」という意味もあるので縁起がいいとされています。

引菓子

引菓子の相場や個数はどれくらい?

一般的な引菓子の値段は1000円から1500円ほどで、こだわりがある場合でも2000円ほどが相場です。あまり高すぎてはゲストに気を使わせてしまうので注意が必要です。
ただし中には「特別お世話になった人には少し多めに渡したい」という方もいるでしょう。そういった場合は、めでたいとされる鰹節などを加えるというのも一般的です。

引菓子

和菓子の引菓子のおすすめは?

和菓子の例では、金平糖があります。金平糖は長い時間をかけてじっくり作られることから夫婦を連想させ、縁起物とされています。また金平糖のほかにも、紅白や鶴亀といったおめでたいものがモチーフも定番として人気です。定番はつまらないと思う方もいるかもしれませんが、年配の方には縁起を大切にする人も多いですし、引菓子選びに迷ったときはぜひ参考にしてみてください。

引菓子

引菓子に人気の洋菓子は?

切り口が大樹のように見えることから「何重にも重なった年輪のように、夫婦関係が末永く幸せに続きますように」という願いがこめられるバウムクーヘンが主流です。
ただバームクーヘンは食べ切るのが大変なもので、特に一人暮らしの方は余らせてしまう可能性もあります。そのため小さく個別包装されているものを選ぶなどの工夫をするといいでしょう。

引菓子

控えた方がいい引菓子はこれ!

賞味期限が1週間以内と日持ちしにくいものは控えましょう。例えば結婚式のために遠出して来たという方はそのまま旅行に出かけるという場合もあるでしょうし、
一人暮らしの方だったら一人ではすぐに食べきれないということも考えられます。また新郎新婦二人の名前が入っているお菓子は食べづらいという人も少なくないので、選ぶ際は気をつけたほうがいいでしょう。

引菓子

おわりに

引菓子は添えることがマナーですが、添えてあるだけでぱっと華やぐお菓子もありますし、ゲストの心をほっこりさせてくれる一品にもなります。
大事なのは、結婚式のコンセプトを決めて、統一感やストーリーを引菓子にも持たせることです。例えば「アリス」がテーマであればティーパーティといったように、引菓子にもストーリーの連続性があることで、よりゲストの印象にも残るのではないでしょうか。

関連する記事