世界にひとつしかないオリジナリティあふれるウエディングの作り方

結婚式は、二人のこれまでの歩み、そして、二人がこれからどんな未来に向かっていくのかを伝える場でもあります。「二人ならではの個性を出したい」「私たちの感謝の気持ちを表現したい」と考えるプレ花嫁さんも多いはず。でも、そんなオリジナリティあふれる結婚式、実現するためにはいったいどうすればいいのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテル椿山荘東京

出典:gensen wedding | ホテル椿山荘東京


1.すべてをオーダーメイドしたい花嫁さんのためのプランがありました!

結婚式の準備中は、会場装花、料理、衣裳、演出など、決めなければいけないことが山ほどあります。一つひとつ吟味して選んでいくのは実に楽しい体験ですが、ただ「選ぶ」だけではなく、ゼロからオーダーメイドできる、そんなウエディングプランがあるのをご存知ですか。

たとえば、「ホテル椿山荘東京」には、たくさんのアイテムの中から自由に選べる「メニーサンクスウエディング」と、完全オーダーメイドの「ワンプレシャスウエディング」、2通りのプランがあります。

百貨店でのショッピングを例にとって説明すると、「メニーサンクスウエディング」は、百貨店の中にあるたくさんの洋服の中から、プロのスタイリストが要望にあわせてカスタマイズしてくれるプランです。

一方、完全オーダーメイドの「ワンプレシャスウエディング」は、既製品ではなく生地やボタンからすべてスタイリストと一緒に選んで、ゼロから洋服を作り上げていきます。そのため、どこにもない自分だけの洋服、つまり、まだ誰も見たことのないようなウエディングを作ることができるのです。ワクワクしますよね!早速、「ワンプレシャスウエディング」について、「ホテル椿山荘東京」へ取材に行ってきました♪

ワンプレシャス


2.成約後すぐに準備が始められる「ワンプレシャスウエディング」

ホテル椿山荘東京」の「ワンプレシャスウエディング」は、「世界にひとつだけの結婚式を作りたい」という思いを持つ二人のための新しいウエディングプランです。

一般的なケースでは、打ち合わせは挙式の4~5か月前からスタートするため、成約したもののしばらく時間が空いてしまい、「何もすることがないって何だか不安…」の声も。ところがこちらのプランでは、成約後なんと1週間以内に担当者が決定。

料理、サービス、装花など、ウエディングのさまざまな知識に長けた「スタイルソムリエ」のサポートのもと、二人とともにじっくりと時間をかけて「理想の結婚式」を作りあげていきます。こだわりのある新郎新婦さんにとっては、準備する時間がたくさんあるのはうれしいですよね。

ワンプレシャスウエディング


3.フルオーダーメニューで、二人の思いをお皿に表現

驚くべきことに、「ワンプレシャスウエディング」の料理にはメニューがありません。シェフと相談して、完全オーダーメイドで、二人のエピソードをもとにオリジナルメニューを作っていくのです。

とはいっても、すぐに料理のイメージがわくものではないですよね。最初は「おまかせで」とおっしゃる方も多いそうですが、たとえば、新婦は鎌倉出身なので鎌倉野菜を入れたりとか、新郎の出身地である山口県のお酒に合ったメニューを入れたいといった具合に、二人のエピソードを話してもらっているうちにだんだんとかたちになっていくのだそうです。中には、「お腹にたまるものがいい」というリクエストを受け、パンの代わりにキノコのリゾットのおいなりさんを作ったこともあるそうですよ。

スペシャルな料理が完成したあとは、その料理を試食しながらソムリエと打ち合わせを行います。シャンパンはともかくとして、豊富なワインの選択肢から料理にあったものを素人が選ぶのは至難の業。ソムリエと一緒に選んでもらえるのは心強いですよね。料理を試食し、ワインとのマリアージュを確かめながら選ぶことができるので、ワインにくわしくなくてもイメージがわいてきます。

また、その他のドリンクもリクエストが可能で、二人が出会った年のワインや思い出のドリンクをゲストに振る舞うなんてこともあり、です。お父さまのお好きなお酒をオーダーする新郎新婦さんもいるそうですよ。

料理

出典:gensen wedding | ホテル椿山荘東京


4.持ち込みの必要がない!? 衣裳の提携店が多く、選択肢は盛りだくさん

衣裳は早くから打ち合わせできるのと、ラインナップの多さが魅力です。「ホテル椿山荘東京」は、「タカミブライダル」、「ハツコエンドウ」など7店舗と提携していて、うち2店がインショップだから、とにかく選択肢は盛りだくさん。楽しみにされている方ほど早目に準備をはじめ、すべての店舗をめぐる方もいるとか!これだけ提携数があると「衣裳の持ち込みの必要がない」とおっしゃる花嫁さんが多いのも納得ですね。

ドレスはもちろんヘアメイクやアクセサリー、ブーケに関しても、花嫁さんの納得がいくまで何度でも打ち合わせができます。メイクに関しては、衣裳が決まってから行うので、トータルスタイリングが可能、女性の夢を叶えてくれます。衣裳を身につけ、ヘアメイクを施してリハーサルできるので、結婚式当日になって「こんなはずじゃなかった!」と頭を抱える事態に陥る心配はありません。

衣裳

出典:gensen wedding | ホテル椿山荘東京


5.事前の「トータルプレゼンテーション」で当日のイメージがつきやすい

披露宴のイメージを左右するテーブル装花も、フラワーデザイナーの協力のもと、二人らしくアレンジできます。なんといってもうれしいのは、本番前の「トータルプレゼンテーション」。実際に使用するバンケットで、テーブルクロス、ナフキン、生花を使い、テーブルセッティング(1卓分)を事前に確認できるので、テーブルコーディネートの面でも「こんなはずじゃなかった」が避けられます。

さらに、挙式の2~3週間前には、プランナー、シェフ、サービスのキャプテン、司会者、装花、ヘアメイク、音響スタッフなどチーム全員で、進行の打ち合わせをします。一般的な最終打ち合わせはスタッフのみで、新郎新婦が参加することはまずないので、これはとっても珍しいこと。疑問があればその都度確認できますし、何より、全スタッフと顔を合わせておくことによって、安心して当日を迎えられそうです。

そうして迎える結婚式の当日は、なんと、新郎新婦の親御さま専属のバトラー(執事)が! バトラーは、お出迎えから披露宴のおひらきまで、親御さまにずっとついていてくれるので、「こんな時どうしたらいいのかしら?」といった心配もありません。安心して特別な1日を楽しんでもらえるのはもちろん、専属バトラーがつくだなんて、ちょっといい気分になってもらえそうですよね。

トータルプレゼンテーション

出典:gensen wedding | ホテル椿山荘東京


6.カメラマンとのロケハンも実施。写真撮影にも余念なし!

撮影のためのロケーションハンティングは、カメラマンと一緒に行います。「ホテル椿山荘東京」のロケーションの魅力は、なんといっても広大な庭園ですから、約1時間半をかけて庭園や館内をめぐり、撮影したい場所やポージングを確認できます。カメラマンは、プロフィール付きのリストから指名できますよ! 

また、チャペル・神殿では定期的に、プレ花嫁さんに向けた立ち居振る舞いレッスンを行っています。引き出物の專任のコーディネーターもいるんですって。大勢の頼りになるプロのサポートのもと、とびきり素敵な世界にひとつのオーダーメイドウエディングを実現してくださいね。

ロケハン

出典:gensen wedding | ホテル椿山荘東京


7.まとめ

いかがでしたか?生涯に一度の大切な日に、妥協は必要ありません。オーダーメイドの結婚式を挙げたい二人にぴったりの「ワンプレシャスウエディング」で、二人の思いをかたちにした、世界にひとつだけの結婚式で、大切な人々をおもてなしたいですよね。

といっても、結婚式の準備はほとんどの方にとって初めての経験。何にこだわり、どんな風に選べばいいのか、よくわかりませんよね。「だったらカスタムメイドのプランのほうが安心かしら」という気持ち、よくわかります。でもそんな方にこそ「ワンプレシャスウエディング」はおすすめ。

ホテル椿山荘東京」が婚礼をスタートして60年以上。現在、勤めているスタッフの方の中にも、何百組の結婚式にたずさわってきた人もいます。まさに百戦錬磨。伝統と経験にもとづく、頼りになる「相棒」のサポートがあれば、ほら、二人にしか作れないウエディング、作れそうな気がしませんか?

まとめ

出典:gensen wedding | ホテル椿山荘東京

(取材:gensen wedding 編集部/文:長谷川あや)



【ホテル椿山荘東京に関する記事】
関連する記事①:多くの新郎新婦に選ばれてきた「ホテル椿山荘東京」、その魅力を徹底取材!
関連する記事②:その大きさは東京ドーム以上! 都内の「森」で、結婚式をしたくなる理由
関連する記事③:挙式の最初のステップ「会場探し」は、何がしたいか、何ができるかがポイント!
関連する記事④:最高の結婚式の実現は、スタッフの力量にかかっている!

会場のご紹介・プランニング・見積相談・予算シミュレーション・見学手配・会場決定後までサポート

お電話によるクイック相談・フェア予約

営業時間: 平日 11:00-20:00 / 土日祝 10:00-20:00
定休日: 火曜日(祝日を除く)

関連する記事