プロデュースノート wedding plan

grateful smile wedding

新しい挙式のカタチ、両親にふたりの愛を誓う「親前式」。
ストーリーを意識したこだわりの進行が“成功”へと導きます

ポイント ポイント

  1. 進行のポイントを抑え、一つのストーリーを紡ぐ結婚式
  2. オリジナルの「親前式」で、両親へ感謝の気持ちを
  3. 料理や映像演出にも工夫を凝らし、笑顔を引き出して

コンセプトストーリー コンセプトストーリー

進行のポイントを抑え、一つのストーリーを紡ぐ結婚式



結婚式を準備するうえでぜひ意識してほしいのが、
挙式からウエディングパーティまで全体を通したプログラム進行の流れです。

結婚式は一つのドラマ。
やはり念入りに作り上げた“脚本”があるからこそ、本当の意味で感動のストーリーが生まれます。
一方、感情の流れを無視したメリハリのない結婚式は、心に残らないもの。

では、具体的にどうすれば?

新郎新婦へのカウンセリングをもとに、
丁寧に作り込んだこのプロデュースノートの進行表やオリジナルポイントをチェックすれば、
ウエディング成功の秘訣が見えてくるはず。



オリジナルの「親前式」で、両親へ感謝の気持ちを

結婚式を挙げる意味はカップルそれぞれにありますよね。
ふたりの愛を深めるため、ゲストへの感謝、親族へのお披露目など……。

ここに登場する新郎新婦は、「両親へ感謝の気持ちを伝え、家族になる承認を得る舞台に」ということを、最も大切なポイントにしています。
そこで提案したのが、親にコミットメントするオリジナルの「親前式」。
人生経験豊富なふたりの大先輩でもあり、新郎新婦を最も愛する両親に、感謝と誓いを立てる新しいセレモニーです。
そしてまた、参列者みんなを温かい気持ちにさせるような演出も満載に。



料理や映像演出にも工夫を凝らし、笑顔を引き出して

ゲスト同士の会話が自然と弾み、会場全体が温かい雰囲気に包まれる。
そんなウエディングパーティにするために何をすればいいか。
そのおもてなしのコツも、このプロデュースノートの見どころです。

料理にあらかじめ準備しておくもの、映像演出に仕掛ける思いがけないサプライズなど、
ゲストを大切にする新郎新婦ならではのアイデアに、ハッとさせられます。
想いを届け、想いを受け取る。そんな心の交流が、自然と成り立つウエディング。あなたも目指してみませんか?

”自分らしい結婚式”の
相談をする(完全無料)

「何も決まっていない」という方も、「理想の会場を見つけたい」という方も、まずはご相談から。 プロデュースノートで、ふたりの“こだわり“が叶う会場探しを♪

プランニングから見学手配まで結婚式場探しのトータルサポートはgensen weddingだけ!